もっともシンプルで記事の品質を高めるリライトの3ステップ

  • | 公開 2020.09.01

記事コンテンツの見直し(リライト)を行って、さらに品質を高めてSEOや検索順位を向上させる方法をまとめました。
著者:sugiyama(@osugi_39)

一生懸命に作った記事が、なかなか上位にあがらなかったり、突然検索の順位が落ちたり、心臓に悪い経験をすると不安になりますよね。

せっかく記事を書いたのであれば、みんなにも見てもらいたい…。

何とかして検索順位を高めようと、記事の書き直しや調整などのリライトを行うと思いますが、間違ったリライトをして、無意味に時間を使っている場合も。

普段お仕事で忙しいあなたは、一分一秒も無駄にできないと思うので、下記に書いたシンプルだけど効果のあるリライト方法を身に付けて頂くのがオススメです。

この情報が、あなたのお役に少しでも立てられれば嬉しいです。

記事のリライトとは?

もっともシンプルで記事の品質を高めるリライトの3ステップ

リライトとは、客観的(データ)な情報と、主観的(感情)な情報を元に、今よりもさらにユーザーさんが求めているコンテンツへ近づけていく行為を指します。※ このリライトとは、ブログなどインターネット上の記事に対して調整をかける場合のことを指しています。

× リライト≠文章調整
○ リライト=ユーザーの求めている情報へ近づける行為

もしリライトのことを、単なる文章の書き直し・調整・修正・添削だと思っていたら、まずはここの意識から変えてもらえると、もっとあなたの記事は良くなると思います。

なぜならば、記事の価値は時代の変化で変わっていくから。

あなたの「ブログ」に関する記事
2019年度の評価:90点
2020年度の評価:70点

競合の「ブログ」に関する記事
2019年度の評価:50点
2020年度の評価:90点

このように、時代によってコンテンツ、またはコンテンツに書かれた情報の価値が変わっていく場合もあります。

Googleは、日々生産されている大量のコンテンツの中から、品質のよい記事を常にユーザーさんへ提供しようと、評価指標をどんどん変更しています。

つまり、一度高評価をもらえたからといって、ずっとその評価を得られ続けられるわけではないため、常に変動している意識が必要。

例え今が1位だったとしても、当然他社(他者)の方がよくなることもあるため、常に状況を見ながらリライトを施していかなければいけません。

また、競合他社(他者)も、自分たちの方が上に掲載されたいと思うので、必死になって記事を調整を繰り返してきます。

新しい記事はどんどん出てくるし、競合も力を入れてくる状態であり、自分たちの記事の集客性を担保するならば、リライトは一生やり続ける必要があると言えます。

しかし、作った記事も増えていくと、一つ一つを厳密に管理し続けるのは現実的に難しくなってくるため、リライトをした方がいい記事に絞って、効率的に対策を行っていくことが必要となる。

そのため、まずは最初にリライトをすべき記事を見つけ出す方法から見ていきたいと思います。

ポイント!
記事を公開するために書いていた時も、何度も何度も文章を調整したうえで公開をしていると思うのですが、これ以上どうすれば?どこを直せばいい?となりやすいため、次の見極め方でまずはリライトすべき記事を選んでいきたいと思います。

リライトの効果

実際にリライトを行ったコンテンツの効果として、下記のGoogleアナリティクスの画像を見てほしいです。

2016/11/01~2017/11/30のGoogleアナリティクスのデータ※ 2016/11/01~2017/11/30のGoogleアナリティクスのデータ

この記事は弊社保有のホームページの記事コンテンツで、

  • 住宅関係のキーワード
  • お金に関すること
  • 競合が出しにくい情報

これらに該当しますが、1日数十pvだったものが、リライトの効果によって、1日に600pv前後まで伸びたことで、月間10,000pv以上の主力記事となりました。(検索も1~3位以内)

キーワードの月間検索ボリュームなどにも影響すると思いますが、リライトによって記事コンテンツの品質を高めることは可能です。

【見極め方】リライトした方がいい記事を選定

あなたが書いた、どの記事のどこを直せばいいのか、リライトに慣れていないと見極めもしずらいかもしれませんね。

リライトとは、ユーザーさんが求める情報へ近づけるための行為なので、まずはユーザーさんが求めている情報が何であるかを再確認する必要があります。

しかし何をどう直したらいいのか分からない場合は、

「この記事、全然伸びないから、これ直そうかな。」
「検索ボリュームが高いキーワードの記事だからこれ対応しよっと。」

このように、あなた自身が今持っている情報だけでリライト対象を選んでしまう場合もあるのですが、この方法は結構もったいないんです。

自分自身が思い入れのある記事、または検索ボリュームが高い記事を調整したい気持ちも分かりますが、記事を公開して、ある程度時間が経っているのであれば、もっといい情報が揃っているはず。

その情報とはGoogleアナリティクスやサーチコンソールの情報のこと。※ Googleアナリティクスやサーチコンソールとは、Googleが提供してくれている無料のアクセス解析ツール。

私自身が主にリライトで使っているのは、サーチコンソールなので、この無料ツールを使ってリライトすべき記事を選定していきたいと思います。

知っとく!
記事のリライトのタイミングは3ヶ月を目安にして頂くのがオススメ。
明確なことは言われていないため、私の経験談になりますが、多くの記事が3ヶ月後を目途に上昇することが多かったので3ヶ月をタイミングとしています。

サーチコンソールを使ったリライト記事の選定

サーチコンソールは、Googleアナリティクスでは取得できない、ユーザーさんが検索したキーワード各種、それに対するページurl・表示回数・クリック回数などが時系列でカンタンに確認できるところがすごく優秀。

色々な計測・分析ツールが世に出回っていますが、正直言ってサーチコンソールで多くの情報、改善のキッカケを得られるため、まずは有料サービスよりも、サーチコンソールを使い倒すくらい使ってもらうのがオススメです。

そして、サーチコンソールを使ったリライト記事の選定も比較的簡単で、以下に簡単な表を仮に用意してみました。

サーチコンソールを使ったリライト記事の選定
キーワード クリック回数表示回数CTR掲載順位
① リライト 選び方510000.5%3
② リライト ブログ6023002.6%11
※ この画像と表には仮の数値を入れています。

①と②の2パターンを入れましたが、

① 掲載順位が高くて表示回数も多いのにクリック回数が低い
② 掲載順位は低いが表示回数が多くてクリック回数もある

一番簡単にリライト対象の記事を選ぶ方法が、この分類だと思います。

それぞれの理由をもう少し詳しく見ていきましょう。

最も効果を出せる2つの選定パターン

① 掲載順位が高くて表示回数も多いのにクリック回数が低い

このタイプは、タイトルをリライトすると閲覧回数を増やせる可能性が高いです。

掲載順位   → 記事の内容は評価されており、
表示回数   → 検索ボリュームも高くて需要はあるが、
クリック回数 → クリックされていない。

記事の内容は評価されているのに、クリックがされていないということは、タイトルに魅力が無いと考えることができる。

もし、タイトルをリライトして、もっとユーザーさんがクリックしたくなるような文章にすることで、大幅な改善ができる可能性が高いです。

状況まとめ

  • タイトルに魅力がない
  • 記事内容は十分に応えられている
  • タイトルを変えれば成果が出る
② 掲載順位は低いが表示回数が多くてクリック回数もある 

このタイプは、文章をリライトすると閲覧回数を増やせる可能性が高いです。

掲載順位   → あまり記事の内容は評価されていないが、
表示回数   → 検索ボリュームは高く需要があり、
クリック回数 → 掲載順位が低いのにクリックされている。

これは、検索上位にある記事で満足できない人たちが、さらに検索順位が下位の記事まで見ようとして、クリックしてくれている状況。

そのため、このキーワードでユーザーさんが本当に求めている情報が足りていないことを示しており、リライトすることで検索順位を高められる可能性が高いです。

状況まとめ

  • 現在の上位記事に満足されていない
  • 記事の品質をさらに高めると検索上位を目指せる可能性あり

客観的な情報で現状を確認

他のパターンもありますが、大きくアクセス効果が見込められるのはこの2つのパターンであり、記事を公開してから3ヶ月後のタイミングで確認するといいと思います。

客観的な数値を元に、まずは現状を確認することから始めてみましょう。

いくら「こういった方法がいいですよ!」と言っても、自分の中にその方法論と確かな根拠がなければうまくいきません。

最初はデータを眺めるだけでもよく、だんだんとデータの変化と状況が突然リンクする時がきます。

方法論 ー データ ー 根拠がしっかりと一本の線で結ばれるタイミング。

これが来ると、さらに精度の高いリライトができるようになります。

【具体的な方法】記事をリライトするコツ

リライトすべき記事を選べたら、次は実際にリライトへ入っていきます。

何も特別なことをする必要はなく、あなたが今まで記事を公開するために行った「作成」と「見直し」作業と内容はほぼ同じ。

何が違うかと言えば、ユーザーさんへの意識を改めることです。

今現在、キーワードを選んで狙って記事を作っていると思いますが、それで成果が出せていないのは、以下2つの原因が考えられます。

① 競合のコンテンツが強すぎる
② ユーザーさんが求めている情報からズレている

①に関しては、いずれ追い越せる可能性は十分あるので、そこまで問題はないのですが、問題なのは②であるユーザーさんが求めている情報を、適切に提供できていないこと。

この場合は「記事を書きたい人」に「本の買い方」を教えているような、間違った内容を勧めている状況なので、どんなに良い文章や情報が入っていたとしても、成果はあげられません。

リライトでは改めてユーザーさんのことを考え直す必要があり、それがあって初めて適切なリライトが行えます。

そのため、リライトをするのに、まずは想定ユーザーさんを考え直すことから始めてみましょう。

想定していたユーザー像を改める(ペルソナの更新・調整)

あなたが一生懸命作った記事ですが、最初に想定したユーザー像(ペルソナ)はどうでしたか?※ ペルソナとは、想定した架空の人物

アクセスが増えていない理由としては、キーワードに対して想定しているユーザー像がズレているか、間違えている可能性があります。

その証拠として「アクセスが増えていない」状況が出ているため、ユーザーさんが求めている情報を入れられていないと考えることができる。

もう少し具体的にユーザー像の違いを確認するため、

  • 対策キーワードの検索上位TOP3までの記事構成を確認し、
  • 自身の記事と構成の違いを確認することで、
  • ユーザー像のズレを確認する

検索上位の記事の内容を真似ればいいという話ではなく、あくまでも現状を確認するための作業です。

自分の記事のアクセスが少ないと、検索上位にある記事の真似っこをしてしまいがちですが、それでは情報の新鮮度が薄くて二番手三番手になる可能性を高めます。

もちろん、現在TOPの記事達の内容よりも、詳しくオリジナリティ溢れる内容にできれば構成をかぶせても大丈夫ですが、それが難しいと感じる場合は真似っこしないよう気を付けましょう。

そして、人気記事とあなた自身の記事の違いが確認できたら、改めて最初に想定していたユーザーさんのイメージを更新させます。

本当だったら、もう少し年齢層が高かったかもしれない。
もっと休日は、外出をしてアウトドアはだったかもしれない。
普段から、上司と部下に挟まれプレッシャーを感じているかもしれない。

このように、改めてユーザー像を調整してから、記事の調整に入ります。

ユーザー像のズレを直すのも目的の一つですが、ユーザー像を改めることで、書き手側としてさらにユーザーさんの心情や状況理解に努めることが大事。

日々大量の記事が生まれているなか、他と同じような内容なら見向きもされないため、オリジナリティを強めるためにも、ユーザー像を改めておきましょう。

ポイント
ユーザーへの解像度を高くすること

記事の調整をする

意識を向けるべきユーザーさんの想定が完了したら、実際の記事調整したいと思います。

調整手順は、

  • ① 構成を見直す
  • ② 情報の深度を見直す
  • ③ 文章の書き方を見直す

記事の調整といえば、文章のテクニック的な話になることが多いのですが、記事を書く為のテクニックより、情報そのものの精度の高さ深度の深さがも大事。

表面的なことばかりに目を向けるのではなく、リライトでは記事を形作っている情報そのものに目を向ける必要があります。

それではもう少し細かく、記事の調整の流れを見ていければと思います。

① 構成を見直す(全体)

構成とは、記事の流れ(文脈)を作っている存在です。

結論~根拠~まとめ~など、流れや時系列で構成されていることが多く、各見出しが記事の構成を形作っています。

構成を見直す際は、改めてユーザーさんが求めている情報を入れ込む必要があるので、構成の段階からの調整が必要。

② 情報の深度を見直す(段落ごと)

情報の深度とは、どこまで深くキーワード(テーマ)に対して説明ができているか。

例えば、ポテトチップスを説明する場合は「じゃがいもを油で揚げた食べ物」よりも「薄くスライスしたじゃがいも高温で揚げて軽く塩味を付けた触感がパリッとしている食べ物」と説明した方が、より具体的に意味が分かりますよね。

記事も同じで、それぞれ見出しとして付けた内容に対して、どこまで深い内容まで説明できているかがポイント。

  • それがどんな存在で、
  • 何が行われて、
  • どうなることで、
  • そうなっているのか

記事全体の構成も大事ですが、記事の流れや区切りを作り出している、段落それぞれの深度を見直すことで、さらによい記事に作り替えることができます。

③ 文章の書き方を見直す(詳細)

最後に、文章そのものを見直すことで、リライトの効果をさらに高めていきます。

ここで注意したいのが、文章を単なる情報として扱わないこと。

例えば、新しい冷蔵庫を買いたい時、分厚くて無機質な言葉で書かれたマニュアルを渡されて「勝手に選んでください」とされるより、実際に使い方や性能などを熱意を感じる販売員さんに優しく説明してもらえた方が、買う気が起きませんか?

マニュアルも販売員さんも、同じ情報を提供してくれていることに変わりありませんが、情報に加えられている付加価や温度はまったく違う。

付加価値を付けて、読み手の感情を動かし、ユーザーさんの次の行動が促進できるような書き方ができると、あなたの記事がさらによくなります。※ この件については「コンテンツとは」で詳しく説明しています。

記事の書き方に大きな違いはないので、基本的には読みやすさや分かりやすさを守ることが第一。

その上で、読み手の感情を動かすような書き方をしていきます。

なぜ感情を動かすような書き方が必要なのか

記事を書いているあなたであれば、記事を書く為に自問自答を繰り返しながら、そして心の声と格闘しながら文章を作り出しているかと思います。

これは、記事を書く側だけのことではなく、記事を読む側にも言えること。

そもそも、検索をしてまで調べたいと思い、あなたの記事にユーザーさんはたどり着いている状況であり、気持ち的には不安や悩みの度合は違えども、心がグラグラしている状態です。

そんなユーザーさんに対して、あなたがどう接するか、文章の書き方で相手が感じる印象は大きく変わってくる。

単なる情報として書いてある場合
→ロボットのような冷酷無比な印象を感じる

書き手の心を感じられる場合
→人間味あふれる温かい印象を感じる

文章に対して、印象やら心やら、曖昧に表現するのはあまり好きではないのですが、そうだとしても文章に書き手の心や想いが宿ると、それが言葉となって出てくるため、書き手のことをより身近に感じることができます。

記事の目的は、記事を読んでもらうだけでなく、意図した行動をユーザーさんに起こしてもらいたい為のもののはず。

読んでもらった後、どのくらいユーザーさんの心や行動を変化させることができたのか、その変化量を高めることが記事の品質を良くすることになります。

実際に、どのような書き方をすればいいのか

結論としては特別な書き方は必要ないとは私は思っています。

  • ですます調など口調を整える
  • 体言止めを使う
  • 文章のリズムを作る
  • 箇条書きを使う
  • 感嘆詞を入れる
  • 会話調にする
  • 文字に装飾を使う
  • 引用や出典を使い根拠を示す

などなど、テクニック的なことを言えば、色々でてくるんですが、結局これらの方法はテクニックでもなんでもなくて、記事を書く為の基本なのかなと思います。記事の書き方の記事で、詳しい書き方はそれぞれ解説しています。

それよりも、読み手に対して、どれだけあなたの役に立ちたいと思って書いているのか、この情報をどうやって活用してもらいたいのか。

このように読み手に対して感じている、あなた自身の想いを思いのまま入れて頂くのが、リライトする際に一番効果が高いと思います。

「そうは言っても、何かコツが知りたい…。」と思われるかもしれないので、私が一番のコツだと思ってることをお伝えします。

それは、自分の親兄弟や大切な人がユーザーさんと同じ状況だったら、あなたはどう応えたいと思うのか。

この意識を持つと、本当にこの言い方でいいのか?足りない情報はないか?と自分事として考え、記事が書けるようになります。

だって、自分の身内や大切な人が困っていたら、何かしてあげたくなり……ますよね?たぶん…。

その気持ちを持ちながら書く文章は、自然と相手を思いやった、ユーザーさんが求める記事になっていきます。

【検証】リライトした記事の効果を測る

リライトすべき記事を選び、実際のリライトを行った後は、リライトの効果を確かめる必要があり、もしリライト後に変化がなかったら、そのリライトは失敗であるため、やり直す必要も。

効果を検証するタイミングとしては、リライト記事を選び出すタイミングと一緒で、目安として3ヶ月は検証期間として設けておけるといいかと思います。

中には、リライト後に突然大きく成長してくれる記事もあるので、それはそれで嬉しいことですが、全ての記事が同じように成長してくれるわけではないため、ある程度の検証期間を作っておくと検証しやすいです。

目安を3ヶ月としましたが、リライト後にサーチコンソールでインデックス登録をした段階で、大きく変化する場合もあるため、SEOに強い会社さんなどは、毎日細かい調整を行うことにリソースを当てている場合もあるみたいです。

検証を含めた一連のリライトフローを行い、どんどん記事を良くしていって、ユーザーさんの想いに応えていく。

地道なこの繰り返しが、強い記事、そして強いメディアにするために必須なのです。

ポイント!
少しずつ少しずつ、毎日1mmでも変化を起こしていけば、それが最終的に大きな結果となって返ってきます。リライトは地味で目立たない存在ですが、記事を成長させるために必要なことなので、メディアの運用サイクルにしっかりと取り入れるのがオススメです。

記事のリライトに関するよくある疑問と回答

その他、リライトに関してよくありそうな疑問や質問と、その回答をまとめてみました。

リライトは何回したらいいの?

確実な回数はないですが、ずっと記事を改善し続ける必要はあるので、記事が存在し続けるかぎりリライトはしていくのがオススメです。

リライトしたらすぐに効果が出る?

効果がでるタイミングは、記事それぞれの状況が違うので、確実なことは言えません。

すぐに効果が出てくる記事もあれば、数か月かかることも。

3ヶ月を目安として頂けると分かりやすいかもしれません。

リライトしたのに効果がでない理由は?

リライトしたのに効果が出ていない理由としては、効果が出やすいリライト記事を選べていないか、記事の内容として情報が不足していることが考えられます。

改めて、リライト記事の選定~書き方~検証を繰り返して、細かく調整をかけていくのがオススメです。

リライトは全部同じように行えばいいですか?

記事ごとで設定しているキーワードは違うと思いますが、キーワードが違えば、対象にしているユーザーさんも違うと思います。

方法論としては同じ方法を使ってもいいですが、意識を向けるユーザーさんはそれぞれ異なるので、そこを理解頂いた上でリライトしてもらうのがオススメです。

最後に。

ライターさんの中には、記事を納品することで稼ぐ形と、ブログやメディアなど記事運営を通して稼ぐ形があるので、記事運用系の人の方が、リライトの大切さが身に染みているかもしれませんね。

ニュースなど、その一瞬の事実のみを情報とする記事は別ですが、ノウハウなど知識系の記事であれば、時代によってどんどん最新や解釈が変わっていき、それらも見込んでいく必要があるため、継続的なリライトへの意識が大事になります。

リライトはユーザーさんの想いに応え続けるためには必須なので、ぜひリライトを通して、あなたの記事もユーザーさんに対して最高のものに仕上げていって頂けると嬉しいです。
著者:sugiyama(@osugi_39

最新の記事