チャットボットおすすめ52選を比較!

  • | 公開 2021年06月28日
おすすめチャットボット52選!サポート対応にもアプローチにも

今や、様々なサイトで目にするチャットボット。

ページの端にチャット画面やアイコンが設置されているサイトが、とても増えました。

あなたもお客様の対応を効率化させたり、社内ヘルプデスクとしての活用など、チャットボットの導入を考えているかもしれませんね。

ピッタリなチャットボットを選ぶための材料として、52種類の特徴を書き出してみたので、少しでもあなたの役に立てると嬉しいです。

チャットボット52種類を比較

私がチャットボットについて調べたところ、52種類もの数になりました。

数は沢山ありますが、それぞれ特徴を挙げてみたので、あなたがチャットボットを選ぶ際の参考にしてもらえればと思います。

またチャットボットの「用途」について、

  • カスタマーサポート
  • 社内ヘルプデスク
  • WEB接客・マーケティング

大きくこの3つに分類しましたが、チャットボットごとの細かい機能によっては、表記以外の用途に活用できる場合もあるため、目安として見てもらえると嬉しいです。※五十音順(読み)に並んでいます。※料金は税抜き金額に揃えています。※各ツールの公式サイトに掲載されている情報を元にしています。

AI.BiS(アイビス)

AI.BiS出典画像:https://aibis.info/

  • 営業機能がありBtoB・BtoC両方に対応
  • サイトに訪問した見込み顧客を分析
  • AIチャットボットが顧客データに合わせて話しかける
  • 会員を判別してチャット表示できる
提供会社株式会社ジーニー用途WEB接客・マーケティング
最低料金2ID:月額29,800円~初期費用要相談
無料お試しデモあり最低利用期間

提供会社のジーニーさんでは、もう一つのチャットボット「Chamo」がありますが、BtoC特化のChamoに対して、AI.BiSはBtoBでも活躍。チャットボット機能だけでなく、サイトに訪問した見込み顧客の行動履歴などを分析して、見込み度合いを自動で予測します。さらに分析結果を元にして、AIが搭載されたチャットボットが各見込み顧客へ話しかけることができ、24時間働いてくれるためサイト上での営業機会を逃しません。

AI-FAQボット

AI-FAQボット出典画像:https://faq-bot.ai/ja/

  • オリジナルAIによる学習機能
  • 人のようなフォローや理解力
  • 社内・社外どちらにも活用OK
  • ビジネスチャットやグループウェアと連携できる
提供会社株式会社L is B用途カスタマーサポート、社内ヘルプデスク
最低料金QA100問まで:月額30,000円初期費用0円
無料お試し30日間無料トライアル最低利用期間1ヵ月

AI-FAQボットさんは、会話のような文体でも言葉をきちんと理解して学習していき、知りたい回答が得られなかった場合も、候補の質問ですぐにフォロー。多い質問は、入力しなくても用意されたボタンを押していくだけで聞くことができ、自動学習によって質問候補の精度も上がっていきます。Excelに質問と回答を入力するシンプルな作成方法なので、専門的な知識がなくてもチャットボットを運用しやすい仕組みです。

AI Messenger Chatbot(AIマネージャーチャットボット)

AI Messenger Chatbot出典画像:http://www.ai-messenger.jp/

  • カスタマーサポート向け
  • 100社以上の実績を元に高品質な初期設計
  • 独自技術により回答精度をアップ
  • 有人チャットと連携OK
提供会社株式会社AI Shift用途カスタマーサポート
最低料金初期費用
無料お試しデモあり最低利用期間

独自開発のAIが、回答精度向上の調整をサポートしてくれて、利用状況や正解率はレポートで確認できます。回答はテキストだけでなく画像や動画も表示させることができ、お客様の疑問やお悩みをスピーディーに解決。一問一答のタイプと、シナリオで構成するタイプとを組み合わせることも出来るため、お客様への柔軟な対応でピッタリな解決策をご案内できます。

anybot(エニーボット)

anybot出典画像:https://anybot.me/

  • LINEでお客様対応
  • チャットボットによる自動対応
  • 複数のLINEメニューを用意して使い分け
  • EC、決済機能あり
提供会社エボラニ株式会社用途WEB接客・マーケティング
最低料金初期費用
無料お試し最低利用期間

LINEでチャットボットによる接客ができるanybotさんは、スクロールやスワイプによって、商品・サービスの分かりやすいご案内ができます。お客様の属性に応じてメニューを使い分けたり、イベント管理や予約機能もあり。ECのショッピングカートや決済などお買い物もできるため、お客様はLINE上であなたのお店を利用することもできます。

OKBIZ. for AI Chatbot(オウケイビズ フォー AIチャットボット)

OKBIZ. for AI Chatbot出典画像:https://www.okbiz.jp/solutions/okbiz-ai-chatbot/

  • OKWAVEの膨大なデータを活用
  • 有人チャットへスムーズに切り替え
  • 音声への回答をSMS送信
  • SNS連携できる
提供会社株式会社オウケイウェイヴ用途カスタマーサポート、社内ヘルプデスク
最低料金初期費用
無料お試し最低利用期間

OKBIZ. for AI Chatbotさんは独自AIの技術に併せて、Q&AサイトOKWAVEの膨大なデータを活かし、チャットボットのシナリオ作成や学習に掛かる工数を削減・最適な回答をご案内。有人チャットへの切り替えは、同じページのままスムーズです。また、お客様による音声通話に対して、AIが回答をSMSで送信する機能もあります。

OfficeBot(オフィスボット)

OfficeBot出典画像:https://officebot.jp/

  • シナリオ設計の手間を削減
  • 独自のAIが自動学習・シナリオ生成
  • 少ない質問情報でも聞き返しで回答を探る
提供会社ネオス株式会社用途社内ヘルプデスク
最低料金スタンダードプラン:月額100,000円初期費用50,000円
無料お試し無料トライアルあり最低利用期間1年間

OfficeBotさんは、登録した質問・回答を元にAIがたくさんのQ&Aシナリオを自動で作成、社内でよく使われるQ&Aは事前に搭載されており、すぐにチャットボットをスタートできます。英語、中国語、韓国語にも対応しており、日本語でQ&Aを登録すれば各言語で自動回答できるようになるため、手間を最小限に抑えて導入できるチャットボットです。

CAIWA Service Viii(カイワ サービス ヴィー)

CAIWA Service Viii出典画像:https://www.exiis-lab.com/viii/

  • 質問入力のサジェスト機能あり
  • 独自AIエンジン
  • 難しい知識がなくても運用できる
  • お問い合わせの解析機能あり
提供会社株式会社イクシーズラボ用途カスタマーサポート、社内ヘルプデスク
最低料金初期費用
無料お試し最低利用期間

質問にテキストで答えるだけでなく、画像や動画、詳細が分かるWEBページなどを提示して、分かりやすい回答ができます。質問の情報が少ない場合も、自動で聞き返すことによって解決に導いたり、回答できない場合の文言も自由に設定可能。独自のAI会話エンジンや管理システムで、お客様の言葉をスムーズに理解し、管理の負担も最小限に抑えることができるチャットボットです。

KARAKURI(カラクリ)

KARAKURI出典画像:https://karakuri.ai/

  • チャットボット・FAQで顧客満足度を上げる
  • お客様のデータを蓄積してAIが分析
  • これまで見えなかったお客様を見える化
  • 他ツールと連携できる
提供会社カラクリ株式会社用途カスタマーサポート
最低料金月額250,000円(目安)初期費用1,000,000円(目安)
無料お試しデモあり最低利用期間1年間

カスタマーサポートセンターでとくに活躍するKARAKURIさんは、チャットボットによるお客様の会話や行動データをAIが分析し、お客様を見える化することによってサービス全体の対応力・売上向上を促進。チャットボットとFAQによって、自分でトラブルや悩みを解決できるお客様を増やし、オペレーターさんは接客が必要なお客様へ、しっかりと時間を掛けることができます。

QA ENGINE(QAエンジン)

QA ENGINE出典画像:https://www.qaengine.ai/

  • 国際的に認められた回答精度
  • 質問やFAQを簡単に学習
  • LINEやZendeskと連携OK
提供会社株式会社Studio Ousia用途カスタマーサポート、社内ヘルプデスク
最低料金月額300,000円初期費用0円
無料お試し体験会・オンラインデモ最低利用期間

回答精度の高さという大きな強みを持つQA ENGINEさんは、人工知能の国際的なクイズコンペティションでの優勝や、人間のクイズチャンピオンにも勝利した技術を商用化したシステム。難しい操作がなく誰でも簡単に質問・回答のフローを作成できて、カスタマーサポートはもちろん社内のヘルプデスクにも活用しやすいです。

goo AI x DESIGN(グー AIクロスデザイン)

goo AI x DESIGN出典画像:https://aixdesign.goo.ne.jp/

  • gooのAIを元にオリジナルAIを開発
  • ディープラーニング技術
  • AIからお客様に合った情報をレコメンド
  • マーケティングでの活用もOK
提供会社エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社用途カスタマーサポート、WEB接客・マーケティング
最低料金初期費用
無料お試し最低利用期間

「教えて!goo」の蓄積データを元にQ&Aや各辞書を学習し、精度の高いお客様対応が可能。話し言葉を理解し、人と会話するような受け答えができるため、お客様へより自然でスムーズな対話ができます。FAQとしての導入はもちろん、キャラクターの詳細な設定機能によってブランド・企業のイメージ付けをしたり、お客様ごとにオススメの商品・情報を提案するといった、マーケティング活用もできるサービスです。

qualva(クオルバ)

qualva出典画像:https://qualva.com/

  • 会社やブランドに合ったカラーデザイン
  • お客様との接点(UI・UX)部分を常に改善
  • お客様第一の作りで新規顧客獲得に強い
  • CVやお客様データを見える化
提供会社株式会社PROFESSY用途WEB接客・マーケティング
最低料金初期費用
無料お試し最低利用期間

新規顧客の獲得に特化したチャットボットqualvaさんは、お客様の負担を最小限に抑えた作りで離脱を防ぎ、CV向上に貢献してくれます。途中でブラウザを閉じても入力内容を復元したり、AIによる音声認識など、お客様がお問い合わせしやすい環境づくりを徹底。チャットボットを利用したお客様の詳細な情報やCVデータなど、細かく確認することもでき、PCだけでなくスマートフォンやタブレットでも閲覧OKです。

KUZEN(クウゼン)

KUZEN出典画像:https://www.kuzen.io/

  • 様々な業務・目的に活用できる
  • ビジネスチャットなど様々なツールと連携
  • 自由なデザインカスタマイズ
  • 自然言語処理や学習機能
提供会社株式会社コンシェルジュ用途カスタマーサポート、社内ヘルプデスク、WEB接客・マーケティング
最低料金月額200,000円~初期費用800,000円~
無料お試し無料トライアルあり最低利用期間

KUZENさんはカスタマーサポートだけでなく、マーケティング、社内FAQ、LINEでのマーケティングオートメーションなど、様々なシーンで活躍するチャットボット。AIチャットボットの構築は専門的な知識が必要なく、直感的な操作で作っていくことができるため導入がスムーズになります。難しい知識が不要といっても、もちろん導入後までしっかりサポートがついてくれるのも安心です。

CLOVA Chatbot(クローバチャットボット)

CLOVA Chatbot出典画像:https://clova.line.me/clova-chatbot/

  • LINEサービスを始めとした多くのツールと連携
  • 自然言語処理機能あり
  • 日本語・英語・中国語・韓国語・タイ語・インドネシア語対応
提供会社LINE株式会社・NAVERクラウド株式会社用途カスタマーサポート、社内ヘルプデスク、WEB接客・マーケティング
最低料金Commercialプラン:月額50,000円初期費用
無料お試しTrialプラン(3ヶ月)最低利用期間

LINEサービスやFacebook、ビジネスチャットなど連携できるツールが多く、たとえばチャットボットからLINEpayでの決済といった組み合わせもできます。会話文も理解して回答したり、外国語にも対応できるなど、独自AIによる柔軟なお客様対応ができる作り。シナリオ設計は誰でも簡単にできる仕組みで、チャット内容や利用状況などの分析もスムーズに行えます。

GoQSmile(ごくースマイル)

GoQSmile出典画像:https://goqsmile.com/

  • LINE公式アカウントと連携OK
  • 様々な用途に活用できる
  • スマートフォンやタブレットにも対応
  • CSVによる質問・回答の一括登録ができる
提供会社株式会社GoQSystem用途カスタマーサポート、社内ヘルプデスク
最低料金スタンダードプラン:月額10,000円初期費用30,000円
無料お試し20日間無料トライアル最低利用期間3ヶ月

WEBサイトでのカスタマーサポートや社内マニュアルはもちろん、お客様へのヒアリングで商品を提案するといった、WEB接客としても利用できるチャットボット。お客様からの質問履歴を確認して、答えられなかった質問に対する回答を登録することで、回答できる内容が増えていきます。ポップアップ形式だけでなくページ内に埋め込んだり、入力タイプも自由入力・選択式など選べるのも嬉しいポイントです。

Cogmo Attend(コグモアテンド)

Cogmo Attend出典画像:https://www.iact.co.jp/

  • IBM社システムを活用
  • チャットボットのプロがサポート
  • 様々なツールやサービスと連携
提供会社株式会社アイアクト用途カスタマーサポート、社内ヘルプデスク
最低料金150,000円~初期費用600,000円
無料お試し数問のデモサンプル利用2週間無料(トライアルは有料)最低利用期間1年間

Cogmo Attendさんは、チャットボット構築・運用のプロフェッショナルとして、設計や構築、運用の代行を行なってくれます。IBM社開発のシステム「Watson」を使い、お客様の言葉を理解してスムーズにご案内。聞き返し機能などチャットボットに欲しい機能を搭載でき、様々なシステムとの連携も得意です。

CHORDSHIP(コードシップ)

CHORDSHIP出典画像:https://www.fujitsu.com/jp/services/

  • 富士通独自開発のAI
  • 受付や手続きにも対応
  • 質問入力のサジェスト機能あり
  • ドラッグ&ドロップの簡単操作
提供会社富士通株式会社用途カスタマーサポート、社内ヘルプデスク
最低料金一括費用:3,000,000円~
月額費用:200,000円~(目安)
初期費用
無料お試し最低利用期間

コンタクトセンターや社内ヘルプデスクなどに活用できるCHORDSHIPさん。富士通が独自に開発したビジネスチャットボット用のAIによって、質問への回答精度が高く、管理しやすい作りになっています。一般的なチャットボット機能だけでなく、受付機能やサイネージへの活用も可能です。

COTOHA Chat & FAQ(コトハ チャット&FAQ)

COTOHA Chat & FAQ出典画像:https://www.ntt.com/index.html

  • 25種類の言語に対応
  • お問い合わせフォームや検索ボックス形式もOK
  • 言葉ではなく質問の意味を理解して回答
提供会社エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社用途カスタマーサポート、社内ヘルプデスク
最低料金月額195,000円~初期費用あり(要相談)
無料お試し最低利用期間1年間

チャットボット形式だけでなく、検索ボックスやお問い合わせフォームといった様々な形で導入できるCOTOHA Chat & FAQさん。NTTコミュニケーションズさんによる事前学習されたAIによって、スムーズに導入することができ、学習作業に掛かる負担の削減にも繋がります。もちろん、お客様からの質問履歴や利用状況など、データの管理・分析もできるため、改善を図ってチャットボットの精度をどんどん上げていくことができます。

Collam(コラム)

Collam出典画像:https://www.jsol.co.jp/solution/

  • 有人チャットへ切り替えOK
  • 自然言語処理エンジン
  • 自動で回答候補を複数用意
提供会社株式会社JSOL用途カスタマーサポート
最低料金初期費用
無料お試し最低利用期間

チャットボット機能はもちろん、有人チャットで対応する際の使いやすさも考えられているCollamさんは、過去の質問・回答に関する履歴を見たり検索することができるため、一つの画面で情報確認とお客様対応を同時並行。また、シナリオ登録が必要ない作りになっており、曖昧な質問でも回答候補を複数出して、お客様のお悩みを解決に導きます。様々な言い回しを一つ一つ登録しなくても、独自開発のエンジンによってたくさんの言い方に対応できるのも、登録に掛かる負荷を軽減してくれるポイントです。

sAI Chat(サイチャット)

sAI Chat出典画像:https://saichat.jp/saichat/

  • 回答に画像や動画を挿入できる
  • 入力中のサジェスト機能
  • 色やサイズ、起動ボタンなどカスタマイズできる
提供会社株式会社サイシード用途カスタマーサポート
最低料金Starterプラン:月間80,000円初期費用300,000円
無料お試し最低利用期間

チャットボットは導入時に質問・回答を登録する作業が手間になりがちですが、sAI Chatさんでは導入前の整備によって、回答精度の高い状態で導入することができます。チャット画面では、入力形式だけでなく質問カテゴリのボタンを用意したり、質問の入力途中でサジェストを表示するなど、使いやすさも重視。導入前はじっくりヒアリングを行い、あなたに合った形のチャットボットサービスを提案してくれるのも安心です。

Third AI(サードアイ)

Third AI出典画像:https://ai.jtp.co.jp/

  • 有人チャットへの移行がスムーズ
  • 導入から運用まで充実サポート
  • IBM社の「Watson」エンジン
提供会社JTP株式会社用途カスタマーサポート
最低料金月額200,000円初期費用1,000,000円
無料お試し最低利用期間

IBM社のエンジン「Watson」を活用しており、最新の自然言語処理能力によってお客様と会話するようにチャットボットが対応。有人チャットへの切り替えは、チャット内容を引き継いでスムーズに行うことができるのもポイントです。チャットボットによる回答精度を詳しく分析することができるBIツールも付いているため、改善を図りながらチャットボットの運用ができます。

Support Chatbot(サポートチャットボット)

Support Chatbot出典画像:https://chatbot.userlocal.jp/

  • リアルタイムで分析レポート確認
  • 有人チャットと連携様々なツール・サービスと連携
  • ヒアリングを元にチャットボット構築を代行
提供会社株式会社ユーザーローカル用途カスタマーサポート、社内ヘルプデスク
最低料金月額数万円~初期費用あり(要相談)
無料お試し最低利用期間6ヵ月

お客様からのお問い合わせ対応や社内ヘルプデスクなどに活用できるSupport Chatbotさんは、聞き返しによってお客様の求める回答へ導き、お悩みを出来る限りその場で解決できるようにするチャットボットです。独自AIは、SNS分析による60億ものテキスト解析をもとに開発され、回答精度の高さはもちろん分析レポートをリアルタイムで確認できるのも魅力の一つ。専任の無料サポートによって、導入後も安心して運用することができます。

CScloud(シーエスクラウド)

CScloud出典画像:https://www.cs-cloud.jp/

  • LINE公式アカウントでのオペレーションを自動化
  • CRMやカートシステムとも連携
  • お客様のセグメントに合わせてメッセージ配信
提供会社スタークス株式会社用途カスタマーサポート、WEB接客・マーケティング
最低料金月額30,000円~初期費用あり(要相談)
無料お試し最低利用期間

LINEでのお客様対応に特化したCScloudさんは、チャットボットとオペレーターさんによる有人対応との連携が得意。チャットボットからオペレーターさんへ引き継がれた後も、誰がどこまで対応したのかチーム全体に共有されるため、お客様の状況がすぐに分かり、対応ミスを防ぐこともできます。チケット・ラベルといったステータス付与や予約対応なども自動化され、LINEを使ったオペレーション・アプローチの負担を大きく削減できるチャットボットです。

SYNALIO(シナリオ)

SYNALIO出典画像:https://synal.io/

  • マーケティング向けチャットボット
  • WEB接客機能あり
  • マーケティングツールと連携
提供会社株式会社ギブリー用途WEB接客・マーケティング
最低料金マーケティングプラン:月額150,000円(年間契約)初期費用1,000,000円~
無料お試し7日間無料トライアル最低利用期間

SYNALIOさんはマーケティング向けのチャットボットで、チャットでのお問い合わせ対応はもちろん、お客様に合わせた話しかけや、キャンペーンのポップアップ表示によるWEB接客も自動化。お客様の行動履歴だけでなく、チャットボットでの会話履歴からもお客様の状況や心理を読み取り、分析したデータを最大限に活用したアプローチまで繋げることができます。データや効果を確認できるレポート画面、チャットボットでのCV数など各数値・状況が分かりやすいため、しっかりと施策を実行していくことができるツールです。

Zeals(ジールス)

Zeals出典画像:https://lp.fanp.me/

  • 有人チャットでの対応もOK
  • サービス連携によりチャット上で決済まで完結
  • CV獲得のための独自解析ツール
提供会社株式会社Zeals用途WEB接客・マーケティング
最低料金CV成果報酬初期費用0円
無料お試し最低利用期間

初期費用や基本料金は掛からない成果報酬型のZealsさん。LINEやFacebook Messengerを通してチャットボットと会話をしながら、お買い物ができるといった、EC・マーケティングが得意なツールです。見込み顧客のデータは、チャットボットを利用した時点で取得することができるため、お客様のステータスや行動履歴を元に様々な施策を打ち出すことができます。

sinclo(シンクロ)

sinclo出典画像:https://sinclo.medialink-ml.co.jp/

  • 特許取得済みの完全自社開発ツール
  • 25種類以上のツールと連携
  • 画面同期で本格的なWEB接客も可能
  • 難しい知識が必要ない直感的な操作性
提供会社メディアリンク株式会社用途カスタマーサポート、WEB接客・マーケティング
最低料金月額9,440円~初期費用
無料お試し14日間無料トライアル最低利用期間3ヶ月

sincloさんは、お客様に合わせた話しかけで能動的な対応ができる、チャットボットとWEB接客を兼ね備えたツールで、カスタマーサポートとしても、マーケティングとしても活用できます。オペレーターによる有人対応時は、お客様と画面共有して同じページや資料を見ながらの、本格的な接客もOK。チャットボットの設定画面は、マニュアルなしでも簡単かつ直感的な操作ができる作りになっているのも、導入・定着しやすい実用的なツールと言えますね。

スグレス

スグレス出典画像:https://www.albert2005.co.jp/sugures/

  • 質問入力のサジェスト機能あり
  • LINEやSlack、Microsoft Teamsなどと連携
  • アイコンやアバターの自由な設定
提供会社株式会社ALBERT用途カスタマーサポート、社内ヘルプデスク、WEB接客・マーケティング
最低料金月額94,000円~初期費用500,000円
無料お試し最低利用期間

独自の自然言語処理エンジンとAIにより、お客様からの質問や蓄積されたデータの信頼度から柔軟に判断して回答したり、自動学習によって回答精度を上げていくことができます。ExcelベースのFAQ作成なので誰でも簡単に始めやすく、チャットボットの解決率などレポート画面もグラフで視覚的に確認。また会員ランクなどお客様の属性によって、FAQの内容を変えることができるパーソナライズ機能もあり、お客様一人一人に合った対応の自動化をもっと促進させることができるチャットボットです。

Zendeskメッセージング(ゼンデスクメッセージング)

Zendeskメッセージング出典画像:https://www.zendesk.co.jp/service/messaging/

  • アメリカ生まれのツール
  • チャットシステムへAIボットを組込み
  • 人とボットによる連携オペレーション
提供会社株式会社Zendesk用途カスタマーサポート
最低料金初期費用
無料お試し無料トライアルあり最低利用期間

カスタマーサポートチャットのZendeskメッセージングさんでは、AIボット機能を組み込むことができ、お客様対応の自動化はもちろん、オペレーターさんともスムーズに連携。お客様のお悩み解決に必要な情報はチャットボットで聞き出し、それ以降の対応がボットで難しい場合は、有人チャットへシームレスに切り替えることができます。

チャットディーラー

チャットディーラー出典画像:https://www.chatdealer.jp/

  • 有人チャットへのスムーズな引継ぎ
  • LINE公式アカウントと連携OK
  • チャットボットの利用状況を分析
  • 自由なデザインカスタマイズ
提供会社株式会社ラクス用途カスタマーサポート、社内ヘルプデスク
最低料金要相談(月額制)初期費用あり(要相談)
無料お試し無料トライアルあり最低利用期間

チャットディーラーさんは、作成したシナリオに沿ってお客様と会話をするタイプと、お客様からの質問キーワードから検索して回答に導いていくタイプを兼ね備えているチャットボットです。シナリオに動作しない部分があれば自動でエラー検知。お客様対応のコンタクトセンターとしても、社内ヘルプデスクとしても活用することができ、営業時間によって電話やフォームへの誘導を出し分けることもできます。

ChatBook(チャットブック)

ChatBook出典画像:https://www.chatbook.ai/

  • マーケティング特化のチャットボット
  • Instagramなど各種SNSに対応
  • 画像や動画、複数選択回答など様々な形の会話
  • カレンダーとの紐付けで日程調整
提供会社株式会社チャットブック用途WEB接客・マーケティング
最低料金要相談(月額制)初期費用あり(要相談)
無料お試し30日間無料トライアル最低利用期間

WEBだけでなく、LINEやMessenger、Instagramでもチャットボットを利用することができるChatBookさんは、マーケティング向けに作られており、見込み顧客の獲得・育成をチャットボットによって行います。専門的な知識がなくても扱えて、データ分析はもちろんCRMツール・MAツールとの連携もできるため、お客様一人一人に合った対応でリードナーチャリング。ステータス付けでお客様の状況が分かり、チームの誰が対応したのかも確認でき、間違ったアプローチや混乱を招くこともありません。

チャットプラス

チャットプラス出典画像:https://chatplus.jp/

  • 1IDで複数同時ログインOK
  • アプリでどこからでもお客様対応
  • リード獲得にも活用できる
  • 連携ツール多数あり
提供会社チャットプラス株式会社用途WEB接客・マーケティング
最低料金月額1,500円~初期費用0円
無料お試し10日間無料トライアル最低利用期間

月額1,500円から始められるチャットプラスさん。お客様情報をチケット機能で管理できるため、メール・電話でのフォローもスムーズになります。一般的なチャットボットにあるテキスト・ボタンだけの回答だけでなく、フォームやスタンプ、動画など視覚的に分かりやすく伝えることも得意。また、リード獲得のためのポップアップ表示によって、お客様のメールアドレスを取得することもできるため、マーケティングでも活躍するチャットボットです。

Chat Meet(チャットミート)

Chat Meet出典画像:https://www.chatmeet.jp/chatmeet01/

  • Zoomでのオンライン商談ができる
  • AI・有人チャット・商談の使い分け
  • チャットボットの質問データを蓄積・活用
提供会社木村情報技術株式会社用途WEB接客・マーケティング
最低料金初期費用
無料お試し最低利用期間

AIによるチャットボットだけでなく、有人チャット、さらにオンライン商談機能も兼ね備えているのがChat Meetさん。その場でZoomで商談に移行することができ、カレンダーから別日予約もOKなので、商談の機会を逃しません。AIで回答できる質問についてはチャットボットで対応、有人チャットではこちらからのお声掛けで、対面接客のようなアプローチができます。

チャネルトーク

チャネルトーク出典画像:https://channel.io/ja

  • オプションとしてチャットボット機能あり
  • 担当オペレーターへ自動引継ぎ
  • 各シナリオにカテゴリやタグを自動設定
提供会社株式会社Channel Corporation用途WEB接客・マーケティング
最低料金X-Smallプラン:月額3,000円(年間契約)初期費用
無料お試し無料プラン
有料プラン14日間無料トライアル
最低利用期間

チャネルトークさんは、有人でのチャット対応サービスが基本ですが、オプションとしてチャットボット機能を付けることができます。画像や動画をメッセージ画面に送ったり、ページに合わせてシナリオを出し分けることもできるため、柔軟な対応が可能。レポートはリアルタイムに反映され、チャットボットと有人チャットの改善点を分析できます。

Chamo(チャモ)

Chamo出典画像:https://chamo-chat.com/

  • ドラッグ&ドロップでシナリオ作成
  • 会話形式のフォーム入力
  • 顧客情報へのタグ付け機能あり
提供会社株式会社ジーニー用途カスタマーサポート、WEB接客・マーケティング
最低料金ライトプラン:月額6,500円初期費用
無料お試し最低利用期間

Chamoさんは、チャットボットによるFAQ機能でお問い合わせに自動対応したり、会話形式でのフォーム入力によってCV率の向上にも貢献。自動話しかけ機能や、条件ごとにチャットボットを出し分ける機能など様々な設定ができ、チャットボットだけでなくオペレーターさんによる有人チャットでも対応可能です。サイトに訪問しているお客様の情報は、リアルタイムで確認することもできます。

Desse(デッセ)

Desse出典画像:https://www.scsk.jp/sp/desse/

  • SNSや有人チャットとAPI連携
  • 曖昧な質問には聞き返し
  • 7種類の言語に対応
提供会社SCSK株式会社用途カスタマーサポート、社内ヘルプデスク
最低料金PoC:1,000,000円~
BtoE:6,500,000円~
BtoB・BtoC:9,000,000円~
初期費用
無料お試し最低利用期間

Excelベースで簡単に設定ができるDesseさんは、2013年からの長い経験と蓄積ノウハウを活かした、回答精度の高いチャットボットです。社内ヘルプデスクやコンタクトセンター、WEBサイトでのお客様サポートなど、様々な用途で活用OK。BtoB・BtoCだけでなく、回答精度を検証するためのPoC、社内向けのBtoEというように、用途ごとで価格設定されています。

tripla AIチャットボット(トリプラAIチャットボット)

tripla AIチャットボット出典画像:https://tripla.io/ai-chatbot/

  • 旅行業界発の全業種対応チャットボット
  • 自社開発のAIエンジン
  • 多数の言語に対応できる
提供会社tripla株式会社用途カスタマーサポート、WEB接客・マーケティング
最低料金全業種向け:月額150,000円初期費用全業種向け:300,000円
無料お試し最低利用期間

元々旅行業界で活躍してきたtriplaさんのAIチャットボットは、現在ホテルや旅行業界以外の全業種で利用することができます。対応言語は5種類が標準搭載されており、言語の追加もOK。有人チャットへの切り替えも可能で、AIの機械学習によってお問い合わせから常に学習し、対応できる質問が増えたり回答精度がどんどん上がる仕組みです。

hachidori(ハチドリ)

hachidori出典画像:https://hachidori.io/

  • マーケティングにも問い合わせ対応にも活用できる
  • LINEでステップ配信もできる
  • 様々な機能と高度な設計
提供会社hachidori株式会社用途カスタマーサポート、社内ヘルプデスク、WEB接客・マーケティング
最低料金初期費用hachidori Marketing:100,000円~
無料お試し最低利用期間

誰でも簡単にチャットボットのシナリオ作成ができるhachidoriさんは、Q&Aを登録しておくことによって、シナリオではカバーできないキーワードに対しても回答できる仕組みです。ツールと連携してシナリオをお客様に合わせて柔軟に変更、LINEで友だちになっているユーザーさんへチャットボットからメッセージ配信もOK。ほかにも様々な機能を組み合わせて、高度なチャットボット運用ができます。

HubSpot(ハブスポット)

HubSpot出典画像:https://www.hubspot.jp/products/crm

  • 基本無料で利用できる
  • チャットボット作成に専門知識不要
  • テンプレート作成機能あり
提供会社HubSpot Japan株式会社用途カスタマーサポート、WEB接客・マーケティング
最低料金無料初期費用
無料お試し最低利用期間

HubSpotさんでは、コードなどの難しい知識がなくてもチャットボットを作ることができ、テンプレートを選んでカスタマイズする簡単な方法もあります。設定・作成画面は分かりやすく視覚的な操作。HubSpotさんのCRMを一緒に活用すれば、お客様一人一人の属性や状況に合ったメッセージを送ることができ、チャットボットを含め基本無料で利用できるのも嬉しいポイントです。

hitobo(ヒトボ)

hitobo出典画像:https://hitobo.io/

  • シナリオ設計不要
  • 同じ意味の言葉を自動認識
  • 有人チャットへの切り替え
提供会社アディッシュ株式会社用途カスタマーサポート、社内ヘルプデスク
最低料金月額60,000円~初期費用
無料お試し30日間無料トライアル最低利用期間6ヵ月

hitoboさんはシナリオ設計の必要がなく、質問・回答を入力するか、CSVデータのアップロードでチャットボットを作ることができ、設定画面が分かりやすいのも魅力の一つです。基本的なお問い合わせ対応はチャットボットに任せて、難しい内容だけ有人チャットで対応もOK。辞書登録作業をしなくても、似た意味の言葉を理解して回答へ導くこともできます。

Bebot(ビーボット)

Bebot出典画像:https://www.be-spoke.io/jp/index.html

  • 独自開発AIのチャットボット
  • 外国人のお客様対応にも便利
  • ホテルや関連施設へのご案内
提供会社株式会社ビースポーク用途カスタマーサポート
最低料金初期費用
無料お試し最低利用期間

ホテルや空港、自治体などの業界で活躍するBebotさん。飲食店の予約代行やルート案内ができたり、チャットボットでFAQに自動対応することで、人が行う業務を軽減します。外国人のお客様対応が必要な場面ではとくに便利で、アプリをダウンロードせずブラウザでチャット利用できる、お客様に負担を掛けない作りです。

hitTO(ヒット)

hitTO出典画像:https://hitto.jp/

  • 社内向けチャットボット
  • 質問サジェスト機能あり
  • 導入から定着まで安心のサポート体制
提供会社HiTTO株式会社用途社内ヘルプデスク
最低料金初期費用
無料お試し最低利用期間

自動学習機能のある独自開発AIによって、評価を元にどんどん回答精度が上がるhitTOさんは、ビジネスチャットと連携して利用することができ、誰でも管理しやすい作りです。社内向けのチャットボットとしてナレッジを蓄積し、業務を効率化。導入後は運用状況に合わせて定期的にミーティングを開いたり、サポート専用チャットボットも用意してくれるため、安心して運用することができます。

FirstContact(ファーストコンタクト)

FirstContact出典画像:https://first-contact.jp/

  • IBM社Watsonによる自然言語処理能力
  • プランによってAI検索システムや音声認識とも連携
  • 対応言語は13種類と豊富
提供会社株式会社バイタリフィ用途カスタマーサポート、社内ヘルプデスク、WEB接客・マーケティング
最低料金プレミアムプラン:月額12,000円初期費用0円
無料お試し無料トライアルあり最低利用期間1年間

社内ヘルプデスク、ECサイト、カスタマーサポート、キャラクターを活用したエンターテインメントなど、様々な場面で活用できるFirstContactさん。テキストだけでなく画像や動画、リンクバナー、チャット内でのURLページ表示、ほかにもチャット画面で様々な形でのやり取りができます。日本語だけでなく、英語や中国語を始めとした13種類の言語に対応しているのも魅力の一つです。

BEDORE(べドア)

BEDORE出典画像:https://www.bedore.jp/

  • お客様対応向け・社内向け
  • 柔軟な対話ができるチャットボット
  • データを元にFAQの改善提案
  • 様々なツールと連携
提供会社株式会社BEDORE用途カスタマーサポート、社内ヘルプデスク
最低料金要相談(月額制)初期費用あり(要相談)
無料お試し最低利用期間

BEDOREさんのチャットボットは、お客様対応向けと社内向けの2つがあります。カスタマーサポートで活躍する「BEDORE Conversation」は、お客様からの回答を元に柔軟な対話ができ、どんどん学習してお客様対応の品質を向上。社内向けの「BEDORE for Microsoft Teams」は、社内ヘルプデスクやナレッジ活用を、Microsoft Teamsと連携して行えるチャットボットです。またチャット以外にも、定型的なお問い合わせに対して自動音声対応する「BEDORE Voice Conversation」も提供しています。

Benefitter(ベネフィッター)

Benefitter出典画像:https://benefitter.ai/

  • 辞書登録機能あり
  • チャットボットで利用する画像を管理
  • 一人一人に合った会話ができる
  • プッシュ通知機能あり
提供会社伊藤忠テクノソリューションズ株式会社用途カスタマーサポート、社内ヘルプデスク、WEB接客・マーケティング
最低料金400,000円~初期費用1,000,000円~
無料お試し無料トライアルあり最低利用期間基本1年間(要相談)

社内チャットボットとしてオススメのBenefitterさんは、ヘルプデスクとしてはもちろん、会議調整や社内申請、各種業務支援など、様々なツール・システムとの連携によって活用方法がたくさん。WEBブラウザやLINE、ビジネスチャット、一部SMSといったマルチチャネルでチャットボットを利用でき、直感的な操作でシナリオを作成できるのも嬉しいですね。有人チャットへの切り替えやABテスト機能もあるため、営業やマーケティングのシーンでも使うことができます。

PEP(ペップ)

PEP出典画像:https://pep.work/

  • 社内アシスタント業務を自動化
  • 設定や学習メンテナンスが簡単
  • 丁寧なサポート体制
提供会社株式会社ギブリー用途社内ヘルプデスク
最低料金要相談(月額・段階式従量課金制)初期費用あり(要相談)
無料お試し最低利用期間

社内業務のアシスタントとして活躍するPEPさんは、社内Q&Aやナレッジ共有、資料探しなど、業務を効率的に進めるお手伝いをしてくれます。チャットボットはドラッグ&ドロップで簡単に作成できて、独自のAIエンジンによる自然言語処理が精度の高い会話を実現。今使っているビジネスチャットや社内ポータルなどに、そのままチャットボットを設置できるため、スムーズな業務改善が可能です。

BOTCHAN(ボッチャン)

BOTCHAN出典画像:https://botchan.chat/

  • フォームや提案など様々なチャットボットがある
  • より効果が出やすいシナリオを作れる
  • 連携できるツール多数
提供会社株式会社wevnal用途WEB接客・マーケティング
最低料金BOTCHAN EFO
Minimum PLAN:月額10,000円
初期費用BOTCHAN EFO:0円
無料お試しBOTCHAN EFO:30日間無料トライアル最低利用期間

BOTCHANは4種類のチャットボットサービスがあり、チャットでのスムーズな入力でフォーム離脱を改善する「BOTCHAN EFO」、チャット決済に特化した「BOTCHAN PAYMENT」。一人一人に合ったWEB接客ができる「BOTCHAN ENGAGEMENT」、サイト内のコンテンツからお客様に合ったものをオススメできる「BOTCHAN AI」。用途に合わせてチャットボットを選ぶことができ、組み合わせるとさらに運用しやすくなります。

My-ope office(マイオペオフィス)

My-ope office出典画像:https://www.my-ope.net/

  • 大企業での社内ヘルプデスクにオススメ
  • 総務や人事、労務、情シス担当さんたちの業務を削減
  • ビジネスチャットと連携
  • 安心のサポートとセキュリティ
提供会社株式会社mofmof用途社内ヘルプデスク
最低料金初期費用あり(要相談)
無料お試し無料トライアルあり最低利用期間

社内向けチャットボットのMy-ope officeさんは、AIが社内問い合わせを自動対応。質問に時間を掛けないサジェスト機能や分かりやすい管理画面など、質問したい社員さんにとっても総務・人事にとっても嬉しい作りです。チャットボットの履歴を確認することもできるため、回答精度を上げるのはもちろん、社内の課題や改善点の発見にも繋がります。

minarai CS chat(ミナライCSチャット)

minarai CS chat出典画像:https://www.cschat.io/

  • Excel・スプレッドシートによる簡単シナリオ作成
  • 対話エンジンは自社開発
  • 辞書登録機能あり
提供会社株式会社Nextremer用途カスタマーサポート、社内ヘルプデスク
最低料金BASICプラン:月額50,000円初期費用
無料お試しFREEプラン
有料プラン2週間無料トライアル
最低利用期間

カスタマーサポートでのお客様対応や社内ヘルプデスクなど、マルチに活用できるminarai CS chatさん。プランによっては有人チャットへ切り替えもでき、効率的にお問い合わせ対応ができるのはもちろん、お客様の情報やお問い合わせ内容を分析して、CV改善にも役立てることができます。

RICOH Chatbot Service(リコーチャットボットサービス)

RICOH Chatbot Service出典画像:https://promo.digital.ricoh.com/chatbot/

  • 様々な部署や業種で活用できる
  • オプションでLINEやTeams、kintoneなど連携OK
  • QRコードでお問い合わせの入り口を作成
  • 安心のサポート体制
提供会社リコージャパン株式会社用途カスタマーサポート、社内ヘルプデスク
最低料金STARTERプラン:月額18,000円初期費用5,000円
無料お試し30日間無料トライアル最低利用期間6ヵ月

質問・回答はExcelベースで管理できるため誰もが扱いやすく、業種別のテンプレートでチャットボットの利用開始がさらにスムーズ。同義語や類義語なども独自AIによって理解し、回答精度の高いご案内でお客様のお悩みを解決に導きます。管理画面は、お客様からの質問やチャットボットの回答状況が確認でき、分かりやすく表示されるため分析・改善に活用しやすいです。

Revive(リバイブ)

Revive出典画像:https://revive-chat.io/

  • 完全成果報酬型
  • プッシュ通知でさらにCV獲得
  • LP上でチャットコミュニケーション
  • LINEによるCVとアプローチ
提供会社株式会社Canvas用途WEB接客・マーケティング
最低料金完全成果報酬型初期費用0円
無料お試し最低利用期間Chat Retargeting:6ヵ月

Reviveさんは、LINEを利用してCV獲得に繋げる「Chat Retargeting」や、チャット型のLPでCVを向上する「Chat LP」など、お客様の離脱を防いで自動的にCVを獲得するチャットボット。シナリオを組んでお客様のお悩みに沿ったコミュニケーションができ、初期費用が掛からず完全成果報酬型なので、導入しやすいところも嬉しいですね。

LINC Biz bot(リンクビズボット)

LINC Biz bot出典画像:https://lincbizbot.jp/

  • 社外・社内のお問い合わせ対応を自動化
  • Excelで簡単にQ&Aデータ登録
  • 自動分析して改善点をアドバイス
提供会社株式会社AIoTクラウド用途カスタマーサポート、社内ヘルプデスク
最低料金ライトプラン:月額50,000円初期費用50,000円~
無料お試しライトプラン30日間無料トライアル最低利用期間

テレワークによって難しくなったお客様対応を、チャットボットでサポートできるLINC Biz botさん。大規模なコールセンターのデータを元にした言語理解と、独自の自然言語処理技術によって、賢いチャットボットの状態からスタートできるのも魅力の一つです。さらに、Q&Aや会話の履歴を自動分析して改善点をアドバイスしてくれる機能もあり、どんどん精度を高めて有人対応を削減します。

Robee(ロビー)

Robee出典画像:https://www.robee.tech/

  • 解約を活かしてCV・LTV向上
  • 新規顧客獲得・既存顧客の継続
  • 情報を活用するための様々な分析機能
提供会社株式会社Macbee Planet用途WEB接客・マーケティング
最低料金WEB接客:月額50,000円~初期費用
無料お試し最低利用期間

Robeeさんは、解約理由を分析して上手に活用することで、CVやリピーターを増やすサービスです。新規顧客獲得には、一人一人のニーズを可視化してポップアップ表示やチャットボットでのWEB接客。解約へ進む既存顧客にはチャットボットでヒアリングを行い解約防止、解約に至った場合もその情報を活かして、ほかの既存顧客に長く利用してもらうための改善策を導きだします。

WhatYa(ワチャ)

WhatYa出典画像:https://www.ok-sky.jp/chatbot/

  • とくにECサイトで活躍
  • 丁寧なヒアリングで最適な構築
  • セールスに強いチャットボット
  • 人とチャットボットの接客を連動
提供会社株式会社空色用途WEB接客・マーケティング
最低料金初期費用
無料お試し最低利用期間

WhatYaさんは、チャットボットとオペレーターさんによるハイブリッドなWEB接客で、お客様の満足度を上げて商品購入に繋げることができます。しっかりと接客を考えられた設計で、セールスに強いチャットボットを運用。また、きちんとチャットボットを導入・運用して効果の発揮や目的達成ができるよう、じっくりヒアリングしながらの構築、サポートがあり、ブランドのコンセプトを大事にしてくれるところもポイントです。

チャットボットの種類

チャットボットはお客様向けの設置だけでなく、社内ヘルプデスクなど用途が様々です。

LINEなどのSNSを活用したタイプが増えているのも、チャットボットが50種類以上ある要因かもしれませんね。

また、チャットボット上で行われる会話の構築方法もそれぞれ変わってくるため、チャットボットを選ぶ上で大切な「種類」について、私と一緒に見てもらえると嬉しいです。

「目的」によって変わるチャットボットの種類

あなたがチャットボットの導入を考えている理由は何ですか?

もちろん、業務を効率化したいのが一番だと思いますが、ここではまず用途としての目的を考えてみてほしいです。

52種類のチャットボットをざっと見て頂いてもわかりますが、それぞれ特化している業務や部署があるため大きく3つに分けて見ていきましょう。

社内ヘルプデスク

社内マニュアルを見ても分からないことが起きた時、総務や人事、情シス、または該当部署の、担当社員さんへ聞く必要が出てきます。

総務や人事はとくに社内の問い合わせ対応を受けることになりますが、マニュアルにある内容を聞かれたり、同じ質問を様々な社員さんから受けたりと、メイン業務の妨げになりやすいですよね。

チャットボットを社内ヘルプデスクとして導入すれば、このような社内問い合わせの対応業務を大きく削減。

企業規模が大きい会社ほど、社内ヘルプデスクのチャットボットを導入するのがオススメです。

カスタマーサポート

お客様からのお問い合わせ対応としてチャットボットを導入すると、次のような効果があります。

FAQページとしての役割一般的なFAQページのように、知りたい情報をお客様が探す必要がなく、チャットで聞くだけで欲しい情報を受け取ることができる。
オペレーターさんのお客様対応を自動化人が対応していた定型的なお問い合わせ対応をチャットボットによって自動化し、人にしかできない業務に時間を費やすことができる。お客様にとっては、電話やメールに比べて気軽に問合せしやすく、問題解決に繋がりやすい。

コンタクトセンターのリモートワーク推進としても役立ち、チャットボットによって人の業務をグッと削減することができます。

WEB接客・マーケティング

ただ質問やお問い合わせに答えるのではなく能動的にアプローチをして、サービス登録や商品の購入を促したい時にも、チャットボットが活用できます。

現在、テキストやリンクだけでなく、画像や動画などをチャットで見せることができるチャットボットも増えている状態。

顧客分析機能やCRMツールと連携して、お客様一人一人に合った商品・サービスをチャットボットでオススメしたり、チャット上でフォーム送信や決済まで完結できるものもあるため、営業やマーケティングツールとしても活躍してくれるんです。

LINEなどSNSと連携

メッセージアプリ「LINE」や各種SNSを利用する人が増えたことにより、SNSと連携させることができるチャットボットも増えています。

そのため、WEB接客としてチャットボットを導入し、商品やサービスの情報をあなたからお客様へ発信したい場合は、LINE連携の有無や詳しい機能も確認しておきましょう。

FAQのような受動的なものとは逆に、能動的なチャットボットとなるため、営業やマーケティングの自動化に大きく貢献してくれます。

チャットボットの作成方法

チャットボットで、システムが自動的にお客様と対話するためには、対話の内容を作っていく必要があります。

作成方法は大きく2種類に分けることができるので、詳しく見ていきましょう。

定型的なQ&Aにオススメの「シナリオ型」

ルールベース型とも呼ばれ、形としてはお客様が受け身の体制になります。

チャットボットが提示した選択肢の中から、質問したい内容やカテゴリを選んでもらったり、質問を入力してもらって、質問内容によって回答を表示。

そのため、定型的なお問い合わせの対応に向いているタイプです。

項目が多く複雑な場合は「AI型」がオススメ

一問一答型とも呼ばれ、お客様が会話を先導していくタイプ。

つまり、人の様々な話し方や言葉に対して、当てはまる回答を自動で分析して答えることができ、より自然な会話に近くなります。

機械学習によって、利用するほど回答精度が上がるのも特徴の一つで、お問い合わせの項目が多く複雑な場合はAI型がオススメです。

最後に。

ここまで私と一緒に見て頂きありがとうございます。

チャットボットは、今後少ない人数で効率よく業務を進めるために必要な、自動化ツールの一つ。

人が行う業務を削減するのはもちろんですが、電話やメール、対面にはない気軽さがチャットにはあるため、売上やリードの獲得に直結する攻めのチャットボットも多いです。

目的をしっかり見極めて、あなたの会社やサービスにチャットボットを上手く取り入れてくださいね。

あなたにピッタリのチャットボットが見つかりますように!
著者:fukuyama(@pl_enpreth)

運営会社
株式会社ファングリーは「コンテンツプロデュースカンパニー」です。記事制作からオウンドメディアの戦略策定~サイト制作まで、一気通貫でご対応ができます。