WEB会議も録音データも!文字起こしツールおすすめ22選

  • | 公開 2021年12月17日
SaaS
WEB会議も録音データも!文字起こしツールおすすめ22選

取材やインタビュー、動画や音声データなど、会話の内容を文字起こしする作業は、大変だし面倒ですよね。

また、お客様の電話応対で交わされた通話内容をテキストに残せたら、サービス改善や事業戦略など、もっと活用できるかもしれません。

今回、私が文字起こしツールを調べて厳選した、計22個のツールについて情報をまとめたので、一緒に見ていきましょう。

議事録や様々な用途に使えるタイプ18個と、電話応対に特化したタイプ4個で分けているので、あなたの目的に合わせて見てもらえると嬉しいです。

スケジュール管理に困っていませんか?往復したやりとりを無くし1発で日程調整が完結できるツール3選

オススメ文字起こしツール18選

文字起こしツールについて調査した中から、電話応対に特化したもの以外のオススメツールを18個ピックアップしたので、それぞれの特徴を私と一緒に見ていきましょう。※五十音順(読み)に並んでいます。※料金は税抜き金額に揃えています。※各ツールの公式サイトに掲載されている情報を元にしています。

Amazon Transcribe(アマゾン トランスクライブ)

Amazon Transcribe出典画像:https://aws.amazon.com/jp/transcribe/

  • 使った時間に応じて料金が発生
  • 文字起こしは日本語対応
  • ツール自体は英語
提供会社Amazon.com, Inc.提供形態クラウド
主な用途多用途対応音声リアルタイム・録音データ
スマホ対応無料お試し利用開始から1年の間は、毎月最大60分の無料利用枠が提供
初期費用最低料金15秒:0.69円(1秒あたり0.046円)

Amazonさんが提供する文字起こしツールで、音声データやリアルタイムでの文字起こしもできます。文字起こしに掛ける時間を基準とした従量課金制となっており、1時間の利用で約166円と嬉しい価格なだけでなく、最初の1年間は毎月60分無料で使えるのも魅力的。日本語の文字起こしにも対応していますが、ツール全体に使われているテキストは英語で、AWSアカウントの作成や、S3というAmazonのストレージサービスを使った管理など、Amazonさんのサービスに慣れていないと少し大変かもしれません。

Amivoice(アミボイス)

Amivoice出典画像:https://www.advanced-media.co.jp/products

  • 業界・目的に応じた豊富なラインナップ
  • クラウド型からネットワーク不要タイプまで
  • 音声認識市場トップの安心感
提供会社株式会社アドバンスト・メディア提供形態クラウド・オンプレミス・ソフトウェア
主な用途ツールによって多用途対応音声リアルタイム・録音データ
スマホ対応無料お試しAmiVoice ScribeAssist:14日間無料トライアル
AmiVoice 音声認識API:毎月60分無料
初期費用最低料金

音声認識サービスを提供するアドバンスト・メディアさんのAmivoiceシリーズは、音声データの文字起こし特化型だけでなく、リアルタイム型を兼ね備えたタイプ、ネットワーク不要タイプなどバリエーションが豊富。さらに、議事録やコンタクトセンター、医療、物流、開発など様々な用途・業界向けに製品を展開しているため、あなたの目的に合ったサービスがきっと見つかるはず。また、音声データの文字起こしに特化したProVoXT(プロボクスト)をはじめ、クラウド型の文字起こしツールも提供しています。

AI GIJIROKU(AI議事録)

AI GIJIROKU出典画像:https://gijiroku.ai/

  • ZoomなどWEB会議ツールと連携
  • スマートフォンブラウザにも対応
  • 30ヶ国語にリアルタイムで対応
提供会社株式会社オルツ提供形態クラウド
主な用途議事録対応音声リアルタイム・録音データ
スマホ対応ブラウザ無料お試しフリープラン
初期費用最低料金スタンダードプラン:月額1,500円

議事録の文字起こしが得意なAI GIJIROKUさんは、ZoomやSkype、Microsoft Teamsなど様々なビデオ通話ツールと連携し、WEB会議はもちろんウェビナーなどの文字起こしにも使えます。スマホのブラウザにも対応し、AIによって話す人も特定するため議事録を自動化、通話が終了すれば自動保存。また、あらゆる業界の専門用語に対応しており、現在も強化中のため、シーンを選ばず利用しやすいです。

Otter

Otter出典画像:https://otter.ai/jp

  • 英語の文字起こしツール
  • 毎月600分無料
  • 話す人を判別
提供会社Otter.ai提供形態クラウド
主な用途英語音声の文字起こし対応音声リアルタイム・録音データ
スマホ対応アプリ無料お試しBasic:毎月600分利用無料
初期費用最低料金Pro:月額8.33ドル(約947円)(年払い)

Otterさんを使えば英語を文字起こしできるので、言語の壁を超えてお仕事の幅も広がります。ツールで音声を録音して文字起こししたり、リアルタイムでも文字起こしでき、Zoomにも対応。どの人が話しているか判別するのもありがたいですね。録音データの文字起こしでは、再生中の音声がどの部分なのかハイライトで確認もできるため、英語の文字起こしに慣れていなくても使いやすい仕組みです。

CasualTranscriber

CasualTranscriber出典画像:https://sites.google.com/site/casualconcj/

  • MacOSのみ対応
  • 便利なショートカットのカスタマイズ
  • 無料で使える
提供大阪大学 今尾康裕さん提供形態ソフトウェア
主な用途Macでの文字起こし対応音声録音データ
スマホ対応無料お試し
初期費用最低料金無料

CasualTranscriberはMacのみ対応している文字起こしツールで、Windowsでは使えないため注意してほしいですが、ダウンロードも利用も無料なので気軽に始められます。ショートカットのカスタマイズやテキストデータベース機能など、文字起こしを頻繁に行う場合はとくに使いやすい作り。マニュアルはGoogleDriveですぐに確認できるのも安心です。

Google ドキュメント

Google ドキュメント出典画像:https://www.google.com/

  • 無料で使える
  • 固有名詞を判別
  • スマホにも対応
提供会社Google提供形態クラウド
主な用途多用途対応音声リアルタイム・録音データ
スマホ対応アプリ無料お試し
初期費用最低料金無料

Googleさんが提供する文書作成ツール「Googleドキュメント」には、文字起こし機能が備わっています。話者の判別はできませんが、固有名詞を判断して変換し、スマートフォンにも対応。Googleアカウントがあれば誰でもすぐに使えるので、文字起こしツールの経験がない場合は試しに使いやすいです。

COTOHA Meeting Assist(コトハ ミーティングアシスト)

COTOHA Meeting Assist出典画像:https://www.ntt.com/index.html

  • タスクなど自動でラベル付け
  • 自動翻訳機能あり
  • ZoomなどWEB会議システムにも対応
提供会社エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社提供形態クラウド
主な用途議事録対応音声リアルタイム・録音データ
スマホ対応無料お試し
初期費用0円最低料金月額50,000円

NTTコミュニケーションズさんが提供するコミュニケーションAIサービス「COTOHA」の一つで、議事録をリアルタイムで文字起こししてくれます。発言内容をAIが判断して自動でタスクなどのラベル付けをしたり、リアルタイムでテキスト編集もOK。自動翻訳や音声の聞き直しなど、便利な機能であなたの議事録作成をサポートしてくれるツールです。

CyberScribe(サイバースクライブ)

CyberScribe出典画像:https://cyberscribe.ai/

  • 複数人でリアルタイム編集
  • 日本語・英語・中国語をリアルタイム翻訳
  • 発言内容を検索
提供会社株式会社アドバンスト・メディア提供形態クラウド
主な用途議事録対応音声リアルタイム
スマホ対応無料お試し1ヶ月無料トライアル
初期費用最低料金

Amivoiceを提供するアドバンスト・メディアさんの、議事録作成に特化したクラウド型ツールです。文字起こしだけでなく、複数人による編集もリアルタイムで行なえたり、お互いの発言までリアルタイム翻訳。ほかにも発言の文字検索や単語登録、タグ付けなど、現場に寄り添った機能が豊富にあります。

スマート書記

スマート書記出典画像:https://www.smartshoki.com/

  • 録音して文字起こし
  • 使いやすいエディタ
  • マルチデバイス
提供会社エピックベース株式会社提供形態クラウド
主な用途議事録対応音声録音データ
スマホ対応アプリ無料お試し14日間無料トライアル
初期費用最低料金

スマート書記さんは、マルチデバイスによる録音後、文字起こしができる仕組みです。編集画面では、録音・テキストメモ・文字起こしの情報が分かりやすく確認できるため、議事録作成も簡単。直感的な操作で使いやすい作りになっており、作った議事録はWordファイルでダウンロードすることもできます。

TRASC(トラスク)

TRASC出典画像:https://www.trasc.jp/

  • 収録済みの音声・動画を文字起こし
  • 従量課金制
  • 7種類の言語に対応
提供会社株式会社フォトロン提供形態クラウド
主な用途多用途対応音声録音データ
スマホ対応無料お試し1週間無料トライアル(テキスト変換2時間分)
初期費用0円最低料金テキスト変換3分:100円
翻訳3分:60円(クレジットカード決済の場合)

TRASCさんは、音声や動画ファイルをアップロードして解析し、文字起こしされたテキストファイルをダウンロード・編集できる仕組みです。月額制ではなく、解析するファイルの時間に応じて料金が発生し、日本語だけでなく計7種類の言語に対応。収録済みの音声を文字起こししたい場合に活躍するツールで、辞書機能も備わっているため専門用語にも対応できます。

toruno(トルノ)

toruno出典画像:https://toruno.biz/index.html

  • 音声・文字起こしテキスト・画面を記録
  • 記録内容はURLで簡単共有
  • 現在β版提供中
提供会社株式会社リコー提供形態ソフトウェア
主な用途議事録対応音声リアルタイム・録音データ
スマホ対応無料お試しtoruno β版:はじめの3時間は無料
toruno ビジネス β版:無料(今後有料化予定)
初期費用最低料金toruno β版:10時間まで月額1,500円
10時間以上の利用:1分2.2円

WEB会議の音声・画面、自動で文字起こしされたテキストなど、会議をまるごと記録できるTORUNOさん。音声はリアルタイムで文字起こしされ、音声や動画ファイルの文字起こしにも対応しています。テキストや録音データだけでなく、会議に使った画面まで残せるため、分かりやすい議事録を簡単に作れるツールです。

Notta(ノッタ)

Notta出典画像:https://www.notta.ai/

  • 104言語の音声認識と42言語のテキスト翻訳
  • Chrome拡張機能やZoom会議の代理出席
  • 簡単にデータ共有
提供会社MIND CRUISER LIMITED提供形態クラウド
主な用途多用途対応音声リアルタイム・録音データ
スマホ対応アプリ無料お試し無料プラン
プレミアムプラン3日間無料トライアル
初期費用最低料金プレミアム:8.25ドル(約883円)(年払い)

AI自動文字起こしのNottaさんは、なんと104もの言語に対応。録音データも、会議中のリアルタイムな文字起こしもOKで、無料で始められます。後から聞き直したい部分をマーキングしたり、音声の再生中はどこを読み上げているのかテキストがハイライトされるなど、あると嬉しい機能がたくさん。Chrome拡張機能や、Zoom会議を自動で録音・文字起こしできる「Notta Bot」など、様々な形で文字起こしサービスを展開しています。

Vrew(ブリュー)

Vrew出典画像:https://vrew.voyagerx.com/ja/

  • 動画の字幕を自動で作成
  • 使いやすい編集画面
  • 文字起こし以外にも動画編集機能あり
提供会社VoyagerX, Inc.提供形態ソフトウェア
主な用途動画編集対応音声録音データ
スマホ対応アプリ無料お試し
初期費用最低料金無料

Vrewさんは、動画編集で字幕を付けたい時にピッタリなツールです。動画を読み込むと、音声認識によって文字起こしされたテキストが動画のコマごとに表示され、字幕のカットや編集が簡単。テキストの書式や効果設定、画像の挿入など、文字起こし以外の様々な動画編集機能も備わっていて便利です。PCソフトウェアやスマホアプリで提供されていますが、ウェブ版で気軽に体験もできます。

Microsoft Word(マイクロソフト ワード)

Microsoft Word出典画像:https://www.microsoft.com/ja-jp/

  • 気軽に始められる
  • 句読点を自動挿入
  • 用途によって料金が変わる
提供会社Microsoft提供形態クラウド・ソフトウェア
主な用途多用途対応音声リアルタイム・録音データ
スマホ対応アプリ無料お試しリアルタイム(マイク)の文字起こし:無料
初期費用最低料金音声データの文字起こし:月額1,284円(Microsoft 365 Personal)
※ビジネス版の場合は料金が変わります。

Microsoftさんが提供している文書作成ツール「Word」にも、文字起こし機能が付いています。句読点を自動で挿入してくれるので、手直しも削減。インタビューやWEB会議などリアルタイムでの文字起こしは、web版やスマホアプリ版から無料で利用できますが、録音した音声データの文字起こしは有料プランへの移行が必要です。

ユーザーローカル 音声議事録システム

ユーザーローカル 音声議事録システム出典画像:https://voice-dashboard.userlocal.jp/

  • 単語の出現頻度を可視化
  • 感情を分析
  • GoogleChromeブラウザに対応
提供会社株式会社ユーザーローカル提供形態クラウド
主な用途議事録対応音声リアルタイム・録音データ
スマホ対応無料お試し
初期費用最低料金無料

ユーザーローカルさんが提供している音声議事録システムは、GoogleChromeブラウザから気軽に使えます。発言内容が画面に文字起こしされていくだけでなく、言葉や感情についても自動で集計・分析。ポジティブ・ネガティブな内容、喜び・好き・悲しみ・恐れ・怒りといった感情をグラフで表したり、登場した言葉を表示させるワードクラウド機能、各単語の出現頻度など、様々な角度から会議内容をリアルタイムで見える化します。

RIMO Voice(リモボイス)

RIMO Voice出典画像:https://rimo.app/about/voice

  • 録音データを文字起こし
  • 便利な聞き直し機能
  • 選べる料金体系
提供会社Rimo合同会社提供形態クラウド
主な用途多用途対応音声録音データ
スマホ対応ブラウザ無料お試しスポット利用:音声60分無料トライアル
動画は1.5倍の時間分消費
初期費用最低料金【スポット利用】音声:30秒20円
動画:30秒30円
【定額制】音声40時間まで:100,000円
動画の場合1.5倍の時間分を消費

動画や録音データを文字起こししてくれるRIMO Voiceさんは、日本語特化のAIを搭載しており、マイク機能を使えばその場で録音もできます。文字起こし後も、音声とテキスト箇所を確認しやすいスライダー機能や、検索機能など、内容の振り返りまで簡単。時間に応じた利用と定額制から選べるため、あなたの文字起こしする頻度に合わせて導入できる料金プランです。

電話に特化したオススメ文字起こしツール4選

電話応対の現場で活躍する文字起こしツールで、オススメの4つをピックアップしたので、私と一緒に見てもらえると嬉しいです。※五十音順(読み)に並んでいます。※料金は税抜き金額に揃えています。※各ツールの公式サイトに掲載されている情報を元にしています。

カイクラ

カイクラ出典画像:https://kaiwa.cloud/

  • 通話内容から価値ある情報を分析
  • 文字起こししたテキストを活用
  • 電話対応業務の効率化
提供会社株式会社シンカ提供形態クラウド
主な用途通話対応音声録音データ
スマホ対応無料お試し
初期費用200,000円最低料金利用料:月額25,000円
機器設置費用:50,000円(送料別途)
※回線工事費用などが発生する場合があります。

顧客情報管理やコミュニケーションの一元管理ができるカイクラさんには、通話音声の記録を活用した機能がたくさん。その中に、録音した通話内容を文字起こしできる機能もあり、登録したキーワードに応じてアラートを出したり、頻出するキーワードの分析、テキスト要約など、お客様との会話から様々な情報を見える化できます。

pickupon(ピクポン)

pickupon出典画像:https://service.pickupon.io/

  • 通話内容を音声・テキスト化
  • SFA・CRMとの連携で情報共有がスムーズ
  • 通話内容の重要な箇所を自動でピックアップ
提供会社pickupon株式会社提供形態クラウド
主な用途通話対応音声リアルタイム
スマホ対応無料お試しデモあり
初期費用0円最低料金1ID:月額6,000円

PCとヘッドセットだけ用意すればすぐに始められるpickuponさん。通話内容を音声データとテキストに自動で起こし、連携させたSFAやCRMツールへ自動で反映できるため、作業を大幅に削減します。pickuponからだけでなくSFA・CRMからもワンクリックで架電でき、電話をかけない閲覧だけのアカウントは無料で利用できるのも嬉しいですね。

MiiTel(ミーテル)

MiiTel出典画像:https://miitel.revcomm.co.jp/

  • SFAなど他ツールと連携
  • 会話をスコアリング
  • 文字起こしされた内容を要約
提供会社株式会社RevComm提供形態クラウド
主な用途通話対応音声リアルタイム
スマホ対応無料お試し
初期費用0円最低料金1ID月額5,980円(年払い)

営業さんの現場でもコールセンターでも活躍するMiiTelさんは、通話内容を自動で録音し、速度や会話のタイミングが被る確率など、AIが話し方をスコアリングできます。文字起こしは自動で行なわれ、文字起こし後は内容を自動で要約する機能もあるため、長い会話でも要点をすぐに把握。ほかにも、モニタリングやワンクリック発信、キーワード検出など、機能がとても豊富なので、電話応対がグッと効率化されるはず。

YouWire(ユーワイヤー)

YouWire出典画像:https://www.youwire.jp/

  • 通話や会話の録音データを文字起こし
  • 会話内容をキーワード検索
  • キーワード分析にも活用OK
提供会社株式会社ギークフィード提供形態録音サービスによって異なる
主な用途通話・議事録対応音声音声データ
スマホ対応録音サービスによって異なる無料お試し
初期費用最低料金

様々な通話録音サービスを展開するYouWireさん。そのうち、オフィス内通話録音「YouWire Office」、携帯電話版「YouWire Mobile」、スマホアプリによる会話録音「YouWire Meeting」を利用して録音した音声を、音声認識サービスによってテキスト化できる仕組みです。議事録作成としても使えるだけでなく、お問い合わせや商談などの通話内容から、トレンドとなるキーワード分析にも活用できます。

最後に。

ここまで、私と一緒に見て頂きありがとうございます。

文字起こしツールは、あなたがどのような目的で使いたいのかによって、選び方も変わってきますよね。

ピッタリな文字起こしツールを選んで、あなたのお仕事を効率化できるよう、少しでも役立つ情報になれれば嬉しいです。

まずは無料の文字起こしツールから始めてみるのがオススメです。
著者:fukuyama(@pl_enpreth)

運営会社
株式会社ファングリーが運営しているエンプレスは資料ダウンロードプラットフォームです。IT製品・サービスに対する認知拡大からリード獲得のご支援を通じて、BtoBをサポートしています。資料掲載は0円から始められるので、まずはお試しでも参加頂けるとうれしいです。

\上場企業・ベンチャー・スタートアップご利用中/
BtoBリード獲得の支援プラットフォーム