社内情報をコラボレーション!おすすめグループウェア18選

  • | 公開 2021年12月21日
SaaS
社内情報をコラボレーション!おすすめグループウェア18選

グループウェアは、社員さんの名簿やスケジュール管理から、文書、ワークフローなど、社内の様々な情報を一ヵ所で整理・活用できる、便利なシステムです。

しかし、様々なグループウェアがあって選ぶのは大変だと思うので、私が調査をさせて頂き、オススメをピックアップしてみました。

あなたの会社に合ったグループウェアを選べば、これまで不便だった情報のやり取りが快適になり、みんなが働きやすくなるので、私と一緒に18種類のおすすめグループウェアを見てもらえると嬉しいです。

エンプレスに掲載されている資料を無料で見る

おすすめグループウェア18選

グループウェアを調べた中で、私がオススメしたい18種類のグループウェアについて特徴をまとめました。

あなたにピッタリなグループウェアが選べるよう、一緒に一つずつ見ていきましょう。※五十音順(読み)に並んでいます。※料金は税抜き金額に揃えています。※各ツールの公式サイトに掲載されている情報を元にしています。

iQube(アイキューブ)

iQube出典画像:https://www.iqube.net/

  • 無料で始められる
  • スマホでもブラウザから利用OK
  • 社内wiki標準搭載
提供会社株式会社ガイアックス提供形態クラウド
初期費用0円最低料金テレワークプラン:5ID月額1,250円(年払い)
無料お試し無料プラン(10IDまで)最低契約期間

iQubeさんは、10IDまでなら無料で利用できるグループウェア。有料プランでは、テレワーク・スタンダード・プレミアムの3つに分かれており、あなたの利用したい形で導入できます。社員さんの情報を管理するメンバー機能や、社内wiki、ニュース機能などはどのプランも標準で備わっており、無料プラン・プレミアムプランでは、アンケート機能も使える仕様です。

Aipo(アイポ)

Aipo出典画像:https://aipo.com/

  • 1機能から購入OK
  • 日程調整機能
  • チャットはスマホアプリあり
提供会社TOWN株式会社提供形態クラウド
初期費用最低料金ミニマム:1ユーザー月額200円
各機能ひとつ:1ユーザー月額100円
無料お試し全機能14日間無料トライアル最低契約期間

スケジュール管理機能を中心に作られているアイポさんなら、日程調整や設備予約をスムーズに行なえて、チャットや掲示板、ワークフロー機能などを一緒に利用できるプランもあります。また、社内wikiやプロジェクト管理など、グループウェアとして欲しい様々な機能も、1機能から導入OK。そのため、あなたの必要なものから始めてみて、必要に応じて拡張できるのも使いやすいポイントです。

ArielAirOne Portal(アリエル エアワン ポータル)

ArielAirOne Portal出典画像:https://www.worksap.co.jp/

  • オールインワン
  • 大企業向け
  • 高機能な検索機能
提供会社株式会社ワークスアプリケーションズ提供形態
初期費用最低料金
無料お試し最低契約期間

ArielAirOne Portalは、アドレス帳やポータル、ファイル管理など、グループウェアに必要な機能が揃うオールインワンパッケージ。機能ごとにシステム構築などを行なわず済むため、設定だけで機能を選択・追加できます。機能を横断してキーワード検索できる統合全文検索機能も備わっており、検索結果にはきちんと閲覧権限が適用されるのも安心です。

R-GROUP

R-GROUP出典画像:https://jp.r-group.com/

  • 無料で始められる
  • 既読ボタン機能
  • 名刺管理機能
提供会社Rグループ株式会社提供形態クラウド
初期費用0円最低料金
無料お試し最低契約期間

R-GROUPさんは、利用者数の制限なく無料で始められるグループウェアです。スマートフォンでも利用でき、外国語にも対応。タイムラインやシフト表、掲示板、また名刺管理機能や、グループウェアで管理するメンバーと無料通話するなど、営業活動をサポートできる機能も備わっています。

ecat CLOUD(イーキャット クラウド)

ecat CLOUD出典画像:https://www.ecat-cloud.com/cloud/index.html

  • 各種書類が一目でわかる
  • 顧客管理機能もあり
  • 売上集計はグラフで分かりやすい
提供会社株式会社Fabric Arts提供形態クラウド
初期費用最低料金ブロンズプラン:月額5,000円
無料お試しスタートアッププラン:20アカウントまで無料最低契約期間

社内のあらゆるデータがまとまるecat CLOUDさんは、書類や報告書から稟議、顧客、売上など一ヵ所で管理。スケジュールやプロジェクト管理といった、みんなの状況を把握できる機能も備わっています。ちょっとした不便が重なることで、トータルで多くの時間を費やしてしまっているなら、とても頼りになるグループウェアです。

eValue V Air(イーバリューブイエアー)

eValue V Air出典画像:https://www.otsuka-shokai.co.jp/erpnavi/

  • 3種類から選べる
  • アンケート機能あり
  • オンプレミス版もあり
提供会社株式会社大塚商会提供形態クラウド
初期費用最低料金
無料お試し30日間無料トライアル最低契約期間

eValue V Airさんは、オンプレミスで提供されているeValue Vのクラウド版。オンプレミス版に比べて、全文検索機能など利用できる機能が減る部分もありますが、サーバ管理の手間なくスムーズに導入でき、VPNなどを使わなくても社外から利用できます。ワークフロー特化やドキュメント管理特化、この2つに加えスケジュールやコミュニケーション機能の4つが備わった総合版、3種類のラインナップです。

NI Collabo 360(エヌアイ コラボ 360)

NI Collabo 360出典画像:https://www.ni-ware.com/

  • グループ企業に便利な機能
  • 言語の切り替えやタイムゾーン設定あり
  • モバイルデバイスでも快適
提供会社株式会社NIコンサルティング提供形態クラウド・パッケージ
初期費用0円最低料金クラウド版:5ユーザー月額1,640円
パッケージ版:10ユーザー58,000円
無料お試し30日間無料トライアル最低契約期間6ヵ月

36種類の機能が使えて、クラウド・パッケージともにリーズナブルな価格で導入できるNI Collabo 360さん。スマホやタブレットのブラウザでも見やすく、カレンダーや通知機能をはじめとした無料のスマホアプリもあるため、いつでもどこでも情報にアクセスできます。ポータル画面では様々な情報を一目で把握できるだけでなく、自由にカスタマイズできるので、あなたの会社独自の社内情報サイトを簡単に作れるのも嬉しいですね。

Garoon(ガルーン)

Garoon出典画像:https://garoon.cybozu.co.jp/

  • 多くの機能をオールインワンで提供
  • 安心・充実のサポート体制
  • 国産グループウェア
提供会社サイボウズ株式会社提供形態クラウド・パッケージ・LGWAN
初期費用クラウド版:0円最低料金【クラウド版】~300ユーザー:1ユーザー月額845円
【パッケージ版】~50ユーザー:600,000円(ライセンス1年分)
無料お試し【クラウド版】30日間無料トライアル
【パッケージ版】60日間無料トライアル・オンラインデモ
最低契約期間クラウド版:1ヶ月
パッケージ版:1年

サイボウズさんのグループウェアは、サイボウズOfficeも提供されていますが、Garoonは100名以上の大規模で利用するのにオススメ。日本語・英語・中国語に対応し、タイムゾーン設定もできます。クラウド型・パッケージ型を選べたり、Microsoft 365やkintoneをはじめとした様々なシステムと連携して、より使いやすくカスタマイズできるところもポイントです。

Google Workspace(グーグル ワークスペース)

Google Workspace出典画像:https://workspace.google.co.jp/intl/ja/

  • Googleの様々なツールが使える
  • 規模によって選べるプラン
  • 旧 G Suite
提供会社Google提供形態クラウド
初期費用最低料金Business Starter:月額680円
無料お試し14日間無料トライアル最低契約期間

Google Workspaceでは、GmailやGoogleカレンダーをはじめ、Meetやチャット、ドライブ、スプレッドシートなどなど、Googleさんの様々なツールを利用できます。各機能が一ヵ所で管理でき、連携によってデータをもっと活用。本格的な導入の前に無料でお試しができるのも安心です。

GRIDYグループウェア(グリッディ グループウェア)

GRIDYグループウェア出典画像:https://ksj.co.jp/knowledgesuite/

  • 選べる無料版・有料版
  • SFA・CRMプランあり
  • ユーザー数無制限
提供会社ナレッジスイート株式会社提供形態クラウド
初期費用0円最低料金有料版:月額6,000円
無料お試しGRIDYグループウェア無料版
有料版無料トライアル
最低契約期間1年間

ナレッジスイートさんのGRIDYグループウェアには、無料版と有料版があります。無料版でも23種類の豊富な機能があるため、小規模な場合や試しに使ってみたい場合もオススメ。有料版はスマホアプリでの利用やSSO機能、プランによってSFA・CRMも使えたり、電話やメール、フォームからサポートも受けられるので、本格的に導入したい場合や、営業・マーケティングなどに活用したい場合は有料版が安心です。

GroupSession(グループセッション)

GroupSession出典画像:https://groupsession.jp/index.html

  • 無料で始められる
  • 選べる有料プラン
  • 国産グループウェア
提供会社日本トータルシステム株式会社提供形態クラウド・ソフトウェア・エンタープライズ
初期費用最低料金【GroupSession byCloud】スマートプラン:5ユーザー月額1,500円
【GroupSession ZION】一般:100ユーザー400,000円(初期費用等込み)、次年度以降サポート150,000円
無料お試しGroupSession無料版
GroupSession byCloudスマートプラン30日間無料トライアル
最低契約期間GroupSession byCloud・GroupSession ZION:1年間

GroupSessionさんは無料版のほか、クラウド型で導入しやすいGroupSession byCloud、大規模向けのエンタープライズ型GroupSession ZION、3種類から選べます。クラウド型はさらに2種類の月額プランと、専用サーバの定額制プランがあり、エンタープライズ型もユーザー数によって金額が変わるため、あなたの環境にピッタリな形で導入できる料金体系。無料版はダウンロード形式の提供で、ユーザー数に制限がなく機能も21種類と豊富にあり、オプションによる機能の拡張もできます。

サイボウズOffice(サイボウズ オフィス)

サイボウズOffice出典画像:https://office.cybozu.co.jp/

  • 中小企業向け
  • 安心のポータルサイト
  • スマホからも利用OK
提供会社サイボウズ株式会社提供形態クラウド
初期費用0円最低料金スタンダードコース:5ユーザー月額2,500円
無料お試し30日間無料トライアル最低契約期間1ヶ月

同じサイボウズさんの提供する大規模向けグループウェアGaroonに対して、こちらのサイボウズOfficeは中小企業向けに作られています。スマホのブラウザからも利用できるだけでなく、スマホアプリでの操作やプッシュ通知の受け取りもOK。セミナーやユーザーポータルサイトなど、初めての導入でも安心のサポート体制です。

ジョブマネ

ジョブマネ出典画像:https://jobma.jp/

  • 分かりやすい料金体系
  • 安心サポート
  • 使いやすく高い定着率
提供会社ジョブマネ株式会社提供形態クラウド
初期費用0円最低料金1~100人:月額1,000円
無料お試し30日間無料トライアル最低契約期間なし

1ユーザーから契約できるジョブマネさんは、スケジュールやワークフロー、経費、利用管理などグループウェアが基本となっており、オプションで顧客や商談管理機能なども付け加えられます。100人ごとに1,000円のシンプルな月額料金で、開発は日本人のエンジニアさん。スマートフォンのブラウザで利用できる機能もあり、チャットやWEB会議など充実のサポート体制も安心です。

desknet’s NEO(デスクネッツ ネオ)

desknet's NEO出典画像:https://www.desknets.com/

  • 選べる導入形態
  • 充実のオプションラインナップ
  • こだわりの使いやすい画面
提供会社株式会社ネオジャパン提供形態クラウド・パッケージ
初期費用0円最低料金クラウド版:5ユーザー月額2,000円
小規模パッケージ版:5ユーザー39,800円
大規模パッケージ版:100ユーザー410,000円
無料お試し30日間無料トライアル最低契約期間1ヶ月

クラウド版・パッケージ版が選べるdesknet’s NEOさんは、パッケージ版も300人までの小規模向け、300人以上の大規模向けに分けられているため、環境に合わせて導入できるグループウェアです。業務アプリを簡単に作れる「AppSuite」や、ビジネスチャット「ChatLuck」など、オプションで付けられるツールの種類も豊富。ユーザーさんたちの声を反映して作られた使いやすい画面や、27種類もの機能で、あなたのお仕事をスムーズにしてくれます。

HotBiz8(ホットビズ8)

HotBiz8出典画像:https://www.hotbiz.jp/

  • 200名まで定額
  • テレワーク推進機能
  • セキュリティ対策
提供会社株式会社 ASJ提供形態クラウド
初期費用10,000円最低料金HotBiz8(200MB):200ユーザー月額9,000円
HotBiz8 プライベート(300MB):100ユーザー月額27,500円
HotBiz8 プライベートPro(1TB):1,000ユーザー月額68,750円
無料お試し60日間無料トライアル最低契約期間HotBiz8・HotBiz8 プライベート:6ヵ月
HotBiz8 プライベートPro:2年間

HotBiz8さんは、何人で利用しても200名までなら定額なので導入しやすく、大容量のプライベートプランも2種類用意されています。契約後の1ヶ月は無料なので、トライアルと合わせて最大3ヶ月無料で利用できるのも嬉しいポイント。テレワークを支える便利な機能も追加されるなど、随時アップデートが行われており、便利なアンケート機能、二段階認証によるセキュリティ対策もできて安心です。オプションで年末調整管理や勤怠機能強化などもできます。

Microsoft 365(マイクロソフト365)

Microsoft 365出典画像:https://www.microsoft.com/ja-jp/

  • 豊富な料金プラン
  • Microsoftツールをよく使う環境にオススメ
  • 大企業や教育機関向けもあり
提供会社Microsoft提供形態クラウド・ソフトウェア
初期費用最低料金Microsoft 365 Business Basic:1ユーザー月額540円
無料お試し1ヶ月無料トライアル最低契約期間

Microsoft 365では、WordやExcel、PowerPointといったツールをはじめ、OutlookやTeams、OneDriveなど、マイクロソフトさんが提供する様々な機能を利用でき、情報の連携もスムーズになります。一般法人向けのプランは4種類あり、1ユーザー1TBのストレージも安心。Officeツールなどを使い慣れていたり、頻繁に使う場合はとくにオススメです。

mitoco(ミトコ)

mitoco出典画像:https://www.mitoco.net/

  • Salesforceを利用しているならとくにオススメ
  • 様々なスマホアプリ
  • クラウドサインと連携
提供会社株式会社テラスカイ提供形態クラウド
初期費用0円最低料金基本機能300ユーザーまで:5ユーザー月額4,000円
無料お試しかんたんトライアル・しっかりトライアル:30日間無料トライアル最低契約期間1年間

mitocoさんは、まとまった情報から社員さん同士でしっかりコミュニケーションが取れるグループウェア。Salesforce上で動く設計になっており、顧客情報管理機能も備わっているため、営業さんにも使いやすい作りです。また、クラウドサインさんと連携することで、社内だけでなく社外契約部分でもペーパーレス化が進みます。

WaWa Office(ワワオフィス)

WaWa Office出典画像:https://www.wawaoffice.jp/

  • 安心のセキュリティ体制
  • オプションツールの連携でさらに快適
  • 社員さんの居場所を把握
提供会社株式会社アイアットOEC提供形態クラウド
初期費用0円最低料金基本料金:1契約月額2,500円
WaWa Office:1ID月額400円
無料お試し14日間無料トライアル最低契約期間1ヶ月

簡単操作のWaWa Officeさんは、シンプルな作りで直感的に操作できるため、デジタルツールが苦手な社員さんも使いやすくなっています。また、SFAやワークフローなど、ほかのWaWa Officeシリーズと連携すればもっと便利に。人による24時間365日のサーバ監視体制で、セキュリティ対策もしっかり行われていて安心です。

グループウェアとは?

グループウェアは簡単に言うと、情報共有をスムーズに行うためのツール・システム。

どんなお仕事でも、スケジュールや社員さんの情報、連絡など、たくさんの情報を扱うと思いますが、それらがバラバラになっているよりも、一ヵ所でまとまり共有し合えれば、みんなが快適にお仕事できますよね。

グループウェアと似ているツール

グループウェアと似ている、もしくはほとんど同じ機能のツール・システムもあります。

  • 業務管理ツール
  • ERP・基幹システム
  • 社内SNS
  • 業務アプリ作成ツール
  • ナレッジマネジメントツール
  • 社内wikiツール

上記のようなツールやシステムは、グループウェアとしての面もあるものが多いため、混同しやすいかもしれません。

しかし、無理に垣根を作って考えるとツール選びも大変になってしまうので、ツールを導入して何がしたいのかハッキリさせておくのがオススメ。

目的の軸をしっかり持っておけば、それに合わせて何に重きをおいたツールを選べばいいのか、指標が見えてきやすいです。

グループウェアの機能

グループウェアは、様々な機能が一ヵ所にまとまっているため、各機能の間で情報をスムーズに共有・活用できます。

次のような機能は、多くのグループウェアに基本機能として備わっており、部署や役職問わずみんなが使うものばかりです。

  • トップ・ホーム・ポータル
  • スケジュール
  • 社員名簿
  • アドレス帳
  • メール
  • 掲示板
  • メッセージ
  • 社内SNS
  • 回覧板
  • ワークフロー
  • ToDoリスト
  • 文書・ファイル管理
  • 勤怠管理
  • 交通費・経費精算
  • 備品・設備予約
  • プロジェクト管理
  • アンケート
  • 検索機能

グループウェアによって機能の有無は変わりますが、社内のあらゆる情報をみんながすぐに把握・活用できるため、企業全体の働きやすさに繋がります。

最後に。

ここまで、私と一緒に見て頂きありがとうございます。

グループウェアを導入して社内の情報がスッキリまとまると、それぞれの情報をみんながもっと上手く活用できるようになり、業務効率化や生産性アップにもつながるはず。

一部の部署だけでなく社内全体にメリットが生まれるので、あなたの会社にピッタリなグループウェアを試してみてくださいね。

グループウェアによって機能が違うので、あなたの会社に必要な機能も把握しておくと安心です。
著者:fukuyama(@pl_enpreth)

運営会社
株式会社ファングリーが運営しているエンプレスは資料ダウンロードプラットフォーム(β版)です。IT製品・サービスに対する認知拡大からリード獲得のご支援を通じて、BtoBをサポートしています。資料掲載は0円から始められるので、まずはお試しでも参加頂けるとうれしいです。

\βテスト利用開始/
IT製品・サービス資料の閲覧サイト
β版のテスト運用を開始しました