ひとり情シスを解決!IT資産管理ツールのおすすめ23選

  • | 公開 2021年10月13日
SaaS
ひとり情シスを解決!IT資産管理ツールのおすすめ23選

PC、スマホ、ソフトウェア、アカウント…現代企業にとってIT資産は必要不可欠とも言えるもので、IT資産がなければ多くの人たちがお仕事できなくなってしまいます。

そんな社内のIT資産を守る情シスさんは、みんなのお仕事を陰で支える頑張り屋さんですが、ひとり情シス問題など業務負荷も大きいため、IT資産管理ツールの活用がオススメ。

様々なツールがあるため、私が厳選した23種類を一緒に見て頂き、IT資産管理ツールを選ぶ時の参考にしてもらえると嬉しいです。

エンプレスへの資料掲載フォームIT製品・サービスの資料掲載をする(無料)>

IT資産管理ツールおすすめ23選

IT資産管理ツールを調べて厳選した、23個のツールについて特徴をまとめたので、私と一緒に見ていきましょう。※五十音順(読み)に並んでいます。※料金は税抜き金額に揃えています。※各ツールの公式サイトに掲載されている情報を元にしています。

ISM CloudOne(アイエスエム クラウドワン)

ISM CloudOne出典画像:https://ismcloudone.com/

  • 脆弱性を自動で診断
  • 労働時間の管理もOK
  • 日本語だけでなく英語・中国語にも対応
提供会社クオリティソフト株式会社提供形態クラウド
初期費用最低料金
無料お試し1週間ダッシュボード疑似体験
30日間無料トライアル
最低契約期間

ISM CloudOneさんは、社内だけでなく在宅ワークのPCなどもきちんと管理できるため、目に見えない範囲のIT資産に関するセキュリティリスクも把握して安全性を保ちます。これまでの形式的な方法では難しくなっているウィルス検知を、プログラムの特徴や経緯から判断する「ふるまい検知」機能によって強固なセキュリティに。URLのフィルタリングやハードディスクの暗号化、外部デバイスの制御など、IT資産管理で頼れる機能が満載のツールです。

IT Policy N@vi(アイティー ポリシー ナビ)

IT Policy N@vi出典画像:https://www.fujitsu.com/jp/services/

  • 棚卸はオンラインでスムーズ
  • 社内機器情報を収集
  • 利用者のリテラシーアップ
提供会社富士通株式会社提供形態クラウド
初期費用最低料金
無料お試し1ヶ月トライアル版最低契約期間

社内のハード・ソフト情報を収集・確認していつでも把握できるのはもちろん、操作制限や遠隔ロックなど、情報漏洩や紛失対策もバッチリ。情報セキュリティポリシーの策定はもちろん、ポリシーがきちんと守られているか端末ごとにチェックするため、安全なIT資産管理ができる仕組みです。端末へソフトなどを配布したり、遠隔モニタリングといったオプション機能もあわせると、情シス業務がより効率化されます。

iNetSec SF(アイネットセック エスエフ)

iNetSec SF出典画像:https://www.pfu.fujitsu.com/inetsec/

  • 選べる提供形態
  • 機器の識別や不正接続の防止
  • 状況把握しやすいダッシュボード
提供会社株式会社PFU提供形態クラウド・オンプレミス
初期費用最低料金【クラウド版】マネージャー(ソフト):1ヶ月20,000円
センサー(機器):1ヶ月8,700円
無料お試し評価版センサー機器2週間貸出最低契約期間1年間

センサーとなるハードウェアと、専用ソフトウェアの2種類で構成されるiNetSec SFさんは、規模によってセンサーの台数が変わり、クラウドとオンプレミスから選ぶこともできます。クラウド型なら、管理者さんがテレワークでも社内の機器やネットワークを管理でき、コストも抑えられるためひとり情シスさんにオススメ。オンプレミス型はサイバー攻撃対策や、脆弱性のある端末を自動で検知する機能など、それぞれにメリットがあるため、あなたの会社に合った形で導入できるのは嬉しいですね。

Assetment Neo(アセットメント ネオ)

Assetment Neo出典画像:https://www.assetment.net/

  • ハードウェア管理にオススメ
  • 貸出管理でテレワーク対策も安心
  • 棚卸は様々な読み取り機器から選択OK
提供会社株式会社アセットメント提供形態クラウド
初期費用最低料金Light Edition:月額40,000~60,000円
無料お試しデモ最低契約期間

Assetment Neoさんは、PCや物理サーバなどの機器、什器や備品といったハードウェア管理が得意で、社内での利用状況だけでなく、社外への持ち出しやデモ機の貸し出しなども管理。ソフトウェアのライセンスも、ハードウェアなどの情報と紐付けて管理OK。ハードウェアの棚卸は、バーコードやQRコード、RFIDからリーダーを選べて、紙や図面からも棚卸ができるため、環境に合わせた方法を導入できます。

AssetView(アセットビュー)

AssetView出典画像:https://www.hammock.jp/assetview/

  • 必要な機能を導入できるオンプレミス型
  • リモートワークが進むクラウド型
  • ウィルスも内部不正もしっかり対策
提供会社株式会社ハンモック提供形態クラウド・オンプレミス
初期費用最低料金
無料お試し最低契約期間

社内での不正や情報漏洩対策、PCの運用・更新管理、ウィルス対策など、IT資産をトータル管理し、安全性も確保するAssetViewさん。リモートワークでも端末やネットワーク、セキュリティ管理ができるクラウド型、オンプレミスもお得なパッケージや必要な分だけ選んで導入できる機能など、導入しやすい仕組みです。PC操作の録画やメール監視など、厳重なセキュリティ対策が豊富にあるため、安心してIT資産管理ができます。

ESS SmartIT Operation(イーエスエス スマートIT オペレーション)

ESS SmartIT Operation出典画像:https://www.et-x.jp/

  • ツールごとに特化したセキュリティ
  • テレワーク向けのモニタリングツールあり
  • ID管理や操作ログもチェック
提供会社エンカレッジ・テクノロジ株式会社提供形態
初期費用最低料金
無料お試し最低契約期間

ESS SmartIT Operationさんでは、認証やID管理、モニタリングなどセキュリティ対策ができる様々なツールを提供しています。ID・パスワード、不正アクセスなどの管理でシステムを守る「ESS AdminONE」、PCの操作を録画やテキストログで把握できる「ESS REC」、さらにテレワークやRPA向けの「ESS REC NEAO」。ほかにもアカウント保護や本人確認ツールなど、社内システムを安心して運用し、守るための様々なツールがあるので、必要に応じて導入しやすいサービスです。

e-Survey+(イーサーベイ)

e-Survey+出典画像:https://www.nds-tyo.co.jp/e-survey/

  • 非常駐型でほかのソフトを邪魔せず簡単導入
  • 使いやすい直感操作
  • リースや保守など契約管理もOK
提供会社株式会社ニッポンダイナミックシステムズ提供形態ソフトウェア
初期費用最低料金320,000円~(参考価格)
無料お試し1ヶ月体験版最低契約期間

PCなどのハードウェアや、ソフトウェア・各種ライセンスといった情報はもちろん、リースや保守の契約情報もしっかりと管理。ほかのソフトが動作していても使える非常駐型のため、管理用のPC1台にインストールするだけでOKです。操作がシンプルで使いやすく、スケジュール設定機能で各PCの情報を自動収集したり、契約書のデータ管理やコストシミュレーション機能もあります。

IT’s Cloud(イッツ クラウド)

IT's Cloud出典画像:https://www.sakura-is.co.jp/

  • System Support best1(SS1)のクラウド版
  • ログをレポート出力
  • 違反行為をアラート通知
提供会社さくら情報システム株式会社提供形態クラウド
初期費用45,000円最低料金50ライセンス月額34,000円
無料お試し1ヶ月トライアル最低契約期間3ヶ月

ディー・オー・エスさんから提供されているIT資産管理ツール「System Support best1(SS1)」を、クラウド型で提供しているのがIT’s Cloudです。社内のIT資産情報や契約情報を自動収集し、違反行為があった時のアラートも設定できます。端末操作やWeb上の閲覧、メールの送受信などログも管理し、レポートとして出力OK。クラウド型なので導入しやすいのも嬉しいですね。

MCore(エムコア)

出典画像:https://www.sei-info.co.jp/mcore/

  • ユーザー目線開発で使いやすい
  • 把握・配布・検出・対処など安心の機能ラインナップ
  • 中小から大企業まで対応
提供会社住友電工情報システム株式会社提供形態ソフトウェア
初期費用最低料金
無料お試し無料体験セミナー最低契約期間

IT資産の情報を把握してアップデート作業もスムーズに行い、内部・外部の不正を防止・対策できるMCoreさん。IT資産に対する管理・対策だけでなく、社員さん一人一人へのコンプライアンス推進によって安心できる管理環境を作ります。不正接続の対処やソフトウェア辞書、配信・配布など、情シスさんを支える機能がとても豊富。使う人の目線で開発されているため、使いやすさも大きな魅力の一つです。

L2Blocker(エルツーブロッカー)

出典画像:https://www.l2blocker.com/

  • セキュリティ対策を追求した防御構成
  • 接続する端末を管理してIPアドレス枯渇対策
  • マネージャーとセンサーで構成
提供会社株式会社ソフトクリエイト提供形態クラウド・オンプレミス
初期費用20,000円最低料金【クラウド版】マネージャー:月額20,000円
センサー(スタンダード):月額3,000円
無料お試し最低契約期間

クラウドとオンプレミスで選べる料金体系L2Blockerさんは、マネージャー(ソフトウェア)・センサー機器で構成され、社内の端末はスッキリ台帳管理、外部からのアクセス対策や、持ち込まれた私物の端末接続を遮断することもOKです。入口・内部・出口での対策、運用や事故対応といった視点で、万全のセキュリティが考えられているため安心。管理画面はシンプルな作りで、今のネットワーク構成を変えずに導入ができるため、情シスさんの負担を抑えてIT資産管理を行ないます。

KAITOシリーズ

KAITOシリーズ出典画像:https://www.jmas.co.jp/kaito/index.html

  • モバイル端末のセキュリティ対策
  • 端末にデータを残さない
  • ブラウザ・カメラ・レコーダーのデータ漏洩を防止
提供会社株式会社ジェーエムエーシステムズ提供形態ツール・プランで異なる
初期費用ツール・プランで異なる最低料金【KAITOセキュアブラウザ】E1プラン:5ID月額1,650円
【KAITOセキュアカメラ】スタンダードプラン:10ID月額5,000円
【KAITOセキュアレコーダ】スタンダードプラン:10ID月額5,000円
無料お試し1ヶ月無料トライアル最低契約期間KAITOセキュアブラウザ:1ヶ月
KAITOセキュアカメラ・KAITOセキュアレコーダ:6ヵ月

KAITOシリーズさんはモバイル端末の管理したサービスで、ブラウザ、カメラ、レコーダーの3つが展開されています。どれも端末にデータを残さず利用できる仕組みになっており、「KAITOセキュアカメラ」や「KAITOセキュアレコーダ」は画像や動画、音声データをサーバに転送すると自動で削除。撮影や録音が必要ない場合も「KAITOセキュアブラウザ」で簡単に情報漏洩を防ぎ、導入しやすいところもポイントです。

シスクル

シスクル出典画像:https://syskul.com/

  • 2021年11月中旬β版提供開始予定
  • 入退社時のタスクを管理
  • 各SaaSへの自動連携
提供会社DXER株式会社提供形態クラウド
初期費用最低料金
無料お試し最低契約期間

シスクルさんは、社員さんの入社時・退社時に発生する情シスさんのタスクを分かりやすく管理できるため、社員さんが利用するIT資産の情報も把握、情報を一元管理します。それぞれのSaaSと自動連携するので、組織変更の時も権限設定の手間がなくなり、情シスさんの業務を削減。ほかにもタスクの予約やフォーム作成、セキュリティなどの様々な機能があります。

System Support best1(SS1)

System Support best1出典画像:https://www.dos-osaka.co.jp/ss1/

  • 基本機能をベースにして必要な機能をカスタマイズ
  • Officeソフトに近い馴染みのある操作感
  • テレワーク対策機能あり
提供会社株式会社ディー・オー・エス提供形態ソフトウェア
初期費用最低料金1ライセンス:5,000円
無料お試し無料トライアル版最低契約期間

SS1さんはIT資産管理機能がベースに備わっており、デバイスの制限やネットワーク遮断といったセキュリティ管理機能、Web閲覧・メール・PC操作などのログ管理機能、遠隔操作などの運用支援機能は、オプションとして必要なものだけを組み合わせて導入OK。契約やリスクの管理も行なえて、IT資産の管理画面は直感的な操作ができるため、使いやすさも安心のポイントです。勤務時間の管理やPC稼働時間の把握、メッセージ配信など、テレワークをサポートする機能もあり、時代に合わせて常にバージョンアップされています。

ジョーシス

ジョーシス出典画像:https://josys.it/

  • 複数のSaaSアカウントをまとめて発行・削除
  • デバイス購入や保管もできる
  • 利用状況の見える化で無駄を削減
提供会社ラクスル株式会社提供形態クラウド
初期費用最低料金従業員数50人以下の企業は、一部機能を除き2023年8月31日まで無料
無料お試し最低契約期間

社員さんのIT資産情報を台帳管理し、社内の端末を一元管理、SaaSの契約・利用状況も可視化するため、使われていないものを整理して無駄をなくしたり、アラートを設定すれば対応もれも防ぎます。様々なSaaSのアカウントを、まとめて発行・一時停止・削除できるのも大きな強み。デバイス購入できるオンラインストアやキッティング、ジョーシスさんの倉庫でデバイスの保管もでき、IT資産管理をトータルで支えてくれるサービスです。

SKYSEA Client View(スカイシー クライアントビュー)

SKYSEA Client View出典画像:https://www.skyseaclientview.net/

  • 様々な機能でテレワーク支援
  • 誰もが使いやすい管理画面
  • 多くの他社ツール・製品と連携
提供会社Sky株式会社提供形態ソフトウェア・クラウド
初期費用最低料金
無料お試し3ヶ月間評価版貸出最低契約期間クラウド版:1年間

分かりやすい・使いやすい管理画面のSKYSEA Client Viewさんなら、デバイス制御はアイコンをクリックするだけなど簡単操作で、初めてのIT資産管理でも安心。アプリケーションの更新やマルウェア対策はもちろん、Web会議時間の可視化や、社内と社外どちらで働いていたかをログで確認できるなど、テレワークをサポートする機能もあります。ユーザーさんたちの声を元に毎年バージョンアップを行なっており、2021年9月にはクラウド版の提供もスタートしているため、さらに導入しやすいですね。

タグ衛門

タグ衛門出典画像:https://www.hek.co.jp/product/01_rfid/detail

  • スキャンで瞬時に備品を把握
  • 持ち出された履歴を確認
  • 台帳作成・出力も簡単
提供会社株式会社ハイエレコン提供形態ソフトウェア
初期費用最低料金
無料お試し最低契約期間

ハードウェア、周辺機器など備品管理がスムーズにできるタグ衛門さんは、ユニクロさんのレジで採用されたことでも有名なRFID技術を活用し、各備品にタグを貼っておくだけで、瞬時にスキャン・管理します。出入り口に設置するタグ衛門 Gate、タグをスキャンするタグ衛門 Handy、さらに履歴・台帳出力など2つに共通した機能を持つタグ衛門Coreで構成。備品が持ち出されたログの確認や、棚卸などがスムーズにできるため、情シスさんが行うハードウェア管理の負担を大きく削減してくれるサービスです。

PalletControl(パレットコントロール)

PalletControl出典画像:https://www.jalinfotec.co.jp/product/pallet/

  • 配布管理機能も充実
  • 柔軟なセキュリティ設定
  • リモート操作中のチャット機能
提供会社株式会社 JAL インフォテック提供形態クラウド・ソフトウェア・サブスクリプション
初期費用最低料金
無料お試し30日間無料体験版最低契約期間クラウド・サブスクリプション:1年間

ハードウェア・ソフトウェア・ライセンスなどのIT資産を管理するのはもちろん、ソフトウェアやパッチ、プリンターのインストールといった配布管理もスムーズです。各PCの状況把握やリモート操作、またリモート操作中は、PCを利用している社員さんにメッセージが表示される機能もあるため安心。制御・記録・検知などセキュリティ対策機能も豊富にあり、ワンタイムパスワードでの制御解除による臨機応変な対応もできます。

Freshservice(フレッシュサービス)

Freshservice出典画像:https://freshservice.com/jp/

  • 自動検知で在庫を管理
  • 社内の問い合わせ窓口管理
  • チケット管理で状況把握しやすい
提供会社Freshworks提供形態クラウド
初期費用最低料金STARTERプラン:19ドル(約2,155円)年間契約
無料お試し21日間無料トライアル最低契約期間

FreshserviceさんはIT資産の管理だけでなく、社内から情シスさんへの問い合わせ、各タスク管理も得意です。たくさんの問題に対して進捗をすぐに確認でき、スムーズな解決をサポート。また、プロジェクトの管理と、問い合わせ窓口やIT資産などの情報を連携することもでき、様々な情報を柔軟に紐付けられます。

マネーフォワード IT管理クラウド

マネーフォワード IT管理クラウド出典画像:https://i.moneyforward.com/

  • 各SaaS、各社員さんの利用状況を把握
  • リスクありのアカウントはアラート
  • シャドーITを検知
  • 2021年秋正式版リリース
提供会社マネーフォワードi 株式会社提供形態クラウド
初期費用最低料金
無料お試し最低契約期間

マネーフォワードiさんが提供するIT管理クラウドは、SaaSが増えるこれからの時代にピッタリのツール。SaaSごとの利用状況や、社員さんごとのSaaS利用状況、使われていないSaaSなど、見えにくい状況をクリアにします。社員さんや部署で導入され、情シスさんが把握できていないSaaS「シャドーIT」も、しっかり検知してくれるので、社内のSaaSやアカウントを隅々まで見渡し管理できるサービスです。

MaLion(マリオン)

MaLion出典画像:https://www.intercom.co.jp/malion/

  • 情シスさんに寄り添う使いやすさ
  • WindowsとMacを一元管理
  • AIによる労働状況分析
提供会社株式会社インターコム提供形態クラウド・オンプレミス
初期費用最低料金
無料お試し30日間無料評価版最低契約期間

各種台帳の連携でIT資産をスッキリ管理し、PCログの徹底管理で情報漏洩も対策できるMaLionシリーズ。テレワークの社員さんが使うPCも稼働情報を把握、AIレポートによる残業管理もできるので、これからの働き方に寄り添うツールです。また、WindowsとMac、2種類の端末が社内で入り混じっていても、まとめて管理できるのも嬉しいポイント。あなたの会社に合わせて、オンプレミス版とクラウド版から選べます。

LANSCOPE(ランスコープ)

LANSCOPE出典画像:https://www.lanscope.jp/an/

  • PCもスマホもまとめて管理
  • 位置情報による紛失対策
  • トリガーによる自動配信
  • クラウド版・オンプレミス版あり
提供会社エムオーテックス株式会社提供形態クラウド・オンプレミス
初期費用最低料金【クラウド版】ライトA:1台3,600円(年間)
無料お試しクラウド版:60日間無料体験版
オンプレミス版:31日間無料体験版
最低契約期間
※イニシャル費用を抑えるプラン、ランニング費用を抑えるプランで料金が変わります。

iOSやAndroidに対応するモバイル端末管理と、PC管理もバッチリこなすLANSCOPEさんは、各PCの利用状況を把握し、位置情報の自動取得によるモバイル紛失管理、Windowsアップデートなど、IT資産管理に必要な機能がたくさん。特徴からウィルスを検知するAIアンチウィルス、アラートやUSBメモリなどの制御といったセキュリティ対策も万全です。また、条件を設定しておけば、アプリやアンケート、メッセージを自動配信することができるため、情シスさんの業務負荷をもっと軽くしてくれます。

LOCKED(ロックド)

LOCKED出典画像:https://locked.jp/

  • 簡単にアクセス管理のルールを作成
  • SSOや多要素認証あり
  • ヒートマップでアクセス状況を瞬時に把握
提供会社株式会社onetap提供形態クラウド
初期費用要相談最低料金
無料お試しなし最低契約期間1年間

SaaSなどクラウドサービスで使われていないもの、上手に使えている人を把握し、デバイスのアクセス記録やセキュリティもしっかり管理できるLOCKEDさん。SSO(シングルサインオン)機能によるスムーズなアクセスができ、同時に多要素認証や二段階認証によって安全性も確保。アクセス管理は対象の社員さん・条件・アクションで簡単にルール作りができます。ダッシュボードでは社員さんのアクセスログを様々な角度から可視化でき、見やすいヒートマップでの表示も嬉しいですね。

yamory(ヤモリー)

yamory出典画像:https://yamory.io/

  • オープンソースの脆弱性を管理
  • エンジニアさんの業務効率化にもオススメ
  • 脆弱性を自動検知・チームへ通知
提供会社ビジョナル株式会社提供形態クラウド
初期費用最低料金
無料お試し無料トライアル最低契約期間

ライブラリ、フレームワーク、ミドルウェア、OSといったITシステムのソフトウェアに対して、脆弱性を自動的に検知、チームへ通知されるため迅速に対応できます。チームやプロジェクトなどを横断してリスクを確認でき、脆弱性対応の優先度を自動で判断できる「オートトリアージ機能」は特許を取得済み。オープンソースのソフトウェアをしっかりと管理したい場合にオススメのツールです。

IT資産管理ツールとは?

情シスさんはPCやマウス、キーボードを始めとした様々な機器、それらを通して使うソフトやアプリケーション、SaaS、それぞれのアカウント情報など、社内で利用される多くのものを管理します。

しかし「ひとり情シス」「ワンオペ情シス」このような言葉も見られるように、人手が不足しがちな情シスさん…膨大なものを管理するお仕事なのに、人が足りないとなると負担も大きいですよね。

そんなひとり情シスさんにも寄り添うのが、IT資産管理ツールです。

ツールの力で効率化、業務負荷を減らす

様々な分野でSaaSが増える今、ツールやアプリによって業務効率を上げられますが、情シスさんのお仕事も例外ではなく、そこで活躍するのがIT資産管理ツールです。

IT資産管理ツールは、主に次の二段構えで成り立っているものが多く、あなたの会社や社員さんたちのお仕事を守り、支えています。

  • IT資産管理
  • セキュリティ対策

それぞれ詳しく確認していきましょう。

IT資産管理

そもそもIT資産とは、次のようなものを指します。

ハードウェア機器・デバイス。手で触れる物体。
PC・マウス・キーボード・スマホ・モニター・ケーブル・プリンター・サーバ、その他周辺機器など。
ソフトウェアプログラム。物体ではなく、ハードウェアの中で動く仕組みなので手で触れない。
アプリケーション・ツール・システムなど。
ライセンスソフトウェアを使う権限、アカウントなど。

こうして見ると、現代の企業はIT資産が欠かせないもので、とくにIT企業は、IT資産がなければ仕事もままならず途方に暮れてしまうかもしれませんね。

上記の管理をはじめ、機器のリースや契約情報などの管理も行うのが情シスさんであり、IT資産管理ツールはこういったあらゆるIT資産・情報の管理をお手伝いしてくれます。

どの社員さんが何のPCをどのくらいの期間使っているのか、入っているソフトウェアのアップデート管理など、ハードウェアごと、ソフトウェアごと、社員さんごとに台帳管理でき、社内の各利用状況を把握したり、アラートで更新通知ができるツールも多いです。

セキュリティ対策

IT資産管理ツールは名前の通り、一つ前に見て頂いたIT資産管理機能がメインではありますが、セキュリティ対策機能も大切なIT資産管理の一つです。

IT資産はインターネットに接続して使われるものが多いため、ネット経由での不正アクセスや、ハードウェアの持ち出しによる情報漏洩も考えられます。

つまり、セキュリティ対策ありきのIT資産なんですね。

社内不正社員さんによるIT資産への不正行為(意図しないものも含め)
社外不正不正アクセス、攻撃、ウィルス
情報漏洩ネットからの漏洩、ハードウェアの持ち出し・紛失
トラブル時の対処アクセス制御、データ削除、バックアップ
 

IT資産管理ツールでは、このように様々な角度からセキュリティ対策を行なえる機能が備わっているため、社員さんたちは安心してお仕事ができ、情シスさんもセキュリティ管理を一つのツールでまとめて行えるんです。

今は在宅勤務も増えているため、誰が、いつ、どこで、何時間、どのような操作をしたのかをしっかり把握するなど、テレワーク向けの機能を強化するIT資産管理ツールも増えています。

最後に。

ここまで、私と一緒に見て頂きありがとうございます。

情シスさんは管理するものの数がとても多く大変なお仕事ですが、あなたに合ったIT資産管理ツールを使えば、今よりもっと効率化できるはず。

無料トライアルできるツールが多いので、まずは試しに使ってみるのもオススメです。

ツールの力を借りて、安全・快適なIT資産管理を行いましょう!
著者:fukuyama(@pl_enpreth)

運営会社
株式会社ファングリーが運営しているエンプレスは資料ダウンロードプラットフォーム(β版)です。IT製品・サービスに対する認知拡大からリード獲得のご支援を通じて、BtoBをサポートしています。資料掲載は0円から始められるので、まずはお試しでも参加頂けるとうれしいです。

\βテスト利用開始/
IT製品・サービス資料の閲覧サイト
β版のテスト運用を開始しました