グングン伸びるwebコンテンツの制作代行会社の選び方

  • | 公開 2021年05月22日
グングン伸びるwebコンテンツの制作代行会社の選び方

「どうやって進めて、何を基準に選べばいいのか分からない…」

記事や動画など、オウンドメディアに必要なwebコンテンツを作りたいけど、自分達では作れない場合、制作代行をしてくれる会社を選ぶ機会も多いかと思います。

しかし、何百何千社もある中から、あなたが求める条件にピッタリの制作会社を選ぶことは、例えるなら砂漠で砂金を一粒見つけるくらい実は難しいもの

少しでも選び方が楽になるよう、手順から各種気を付けたいポイントなどもまとめたので、お役に立てられれば嬉しいです。

事前準備についても触れていますが、すぐに選び方を見たい場合は「⑤ 制作会社を探す」からご確認ください。

こんな方にお勧め!
・コンテンツ作りを外注するのが初めてで不安
・記事や動画の制作ノウハウがなくて作れない
・広告に頼らない資産として残り続ける施策がしたい

コンテンツ制作の資料を無料ダウンロード >

① 目的を定める

当たり前のことかもしれませんが、なぜwebコンテンツを必要としているのか、活用して何を達成したいのか、その目的をハッキリさせておきます。

「これがしたい!」と衝動的に制作会社を探して、話を聞いたり見積を取るのもいいですが、依頼側の目的が定まっていないと、右往左往してゴールまでの道のりが遠くなってしまう場合も。

中には、制作会社と話しながら具体的なイメージを固めていきたい場合もあるかもしれませんが、軸が定まっていないことで見積を何度もやり直したり、見込みが甘くて目的が結果的に達せられないこともあるかもしれません。

難しく考えることはなく、まずは5W1Hを使ってwebコンテンツが必要な理由を考えたり、頭だけでなく「書き出す」ことによって整理をして、理由を明確にしていくことが大切です。

ポイント!
webコンテンツは、あくまでも目的達成の一つの手段でしかないため、「作る」のが目的とならないよう、気を付けましょう。

② ターゲットを明確にする

あなたや会社がノウハウ・情報をwebコンテンツに変換させて、届けたい人は誰なのか。

ターゲット(向き合いたい相手)が誰なのかを明確にするのも大事で、間違ったターゲット設定は、その後のwebコンテンツ依頼において曖昧さを残し、品質に影響を与えます。

ターゲットの例
× 都内に住む30代女性
〇 都内に住む30~35歳で美容雑誌をよく購入している関心の高い女性

簡単に×と〇で例を出してみましたが、×の場合は範囲が広すぎて誰にどんな価値を提供していいのか迷ってしまいます。

〇の例だと、もっと絞り込まれて誰に対するwebコンテンツを制作すればいいか分かりますが、ターゲットを絞ることが怖いと感じる場合もありますよね。

しかし、ライバルが多くいる状況で広範囲を狙うと、一つ一つのコンテンツの力が弱く負けてしまうこともあり、一つ作れば解決できる問題ではないため、まずは特定の誰かに満足してもらえる考え方が必要になります。

ポイント!
webコンテンツは広範囲ではなく、狭い範囲で勝負する手段なので、1つに対して1テーマ(1ターゲット)で作り、確実に価値を届けたい人へwebコンテンツが届けられる状態を作ることが大事です。

③ 計画する

制作会社選びの前に、webコンテンツ制作に関わる計画を立てておきます。

  • 納期(いつまでに)
  • 種類(情報記事、取材記事、動画など)
  • 件数(量)
  • 品質(例:記事の場合は6000文字以上など)
  • 予測(いつまでに、どのくらいの成果がほしいのか)

あとで費用にも大きく影響する計画ですが、曖昧なまま進めると制作代行の会社選びがさらに難しくなる場合も。

見積もりの時は特に、この計画と予算を考慮して見積が作られますので、社内の意識統一はもちろんのこと、計画への納得性を作っておきましょう。

ポイント!
伴走型の制作代行会社であれば、計画を一緒に作ってくれる場合もあるため、一度相談してみるのがオススメです。

④ 予算を確保する

実はwebコンテンツの費用対効果が見えにくい、または効果が出てくるのが遅いので、予算確保は難しい場合が多いです。

例えば記事コンテンツを作り投稿したら、翌日には数百数千アクセスを稼げるわけではなく、様々な戦いが繰り広げられているため、すぐ検索上位になることはありません。

  • ライバルコンテンツとの闘い
  • ライバルメディアとの闘い
  • SEOに関するアルゴリズムとの闘い

また、品質が良ければ公開してから徐々に検索上位へ上っていきますが、最低3ヶ月ほどは上がりきるまで時間がかかり、成果を感じるのが遅いため、なかなか価値を感じない時期が続きます。

「制作できた!」「成果でた!」と簡単な話にはならず、社内のwebコンテンツに対する風当たりが強い場合もあるため、予算確保が難しい状況は多いですが、制作会社から事前に費用対効果が分かる情報を受け取ったりすると、進めやすくなります。

参考:コンテンツマーケティングの価値を社内に理解してもらう

注意事項!
やりたい事と、確保できた予算が釣り合わない場合もあります。本当はもっと費用が必要なのに、確保できた予算の中でしかwebコンテンツが作れないと、計画変更もありうるので、正式な見積を受け取るまでは金額に対する考えを固定しないのがオススメです。

⑤ 制作会社を探す

制作代行の会社を選ぶのは大変ですが、実はその前の制作会社探しも大変ですよね。

大小合わせて何百何千といったwebコンテンツの制作会社が存在しているため、その中でも計画・予算・相性など、求めていることに対してピッタリ合う会社を選ぼうと思ったら、まず簡単に見つかりません。

そのため、ある程度当たりを付けながら探しますが、その当たりの付け方をご紹介したいと思います。

1. 既存パートナーから探す
2. 知り合いから紹介してもらう
3. マッチングサービスを利用する
4. 実際の制作コンテンツを見ながら探す
5. 制作代行ではなくコンサルティング会社を探す

この5つの方法から見てみます。

注意事項!
インターネットで「webコンテンツ 制作会社」と、こんな調べ方もいいと思いますが、この方法だと一部の会社としか巡り合えません。規模の大小問わず合う会社を選びたいと考えている場合は、検索順位から探さない方がいいと思います。

1. 既存パートナーから探す

すでに、一度制作を頼んだりお付き合いがある会社もたくさんいらっしゃると思うので、その中から今回の計画に合いそうな会社さんを選ぶのが一番早いかもしれません。

既存パートナーが無理だとしても、組織として部署が複数に分かれている場合は、それぞれの部署で優良パートナーがいる場合もありますよね。

社内から情報を掘り出すと、意外と見落としがちなパートナー情報が拾えるので、あなたや自部署だけでなく、社内全体を見渡してパートナーを探すのも一つの手です。

2. 知り合いから紹介してもらう

知り合いから「この会社よかったよ」と聞いたのであれば、紹介してもらう。

あなたとその方で状況が違うため、同じような満足を得られるわけではないですが、信頼を感じているなら一度はお見積もりをして頂き、自社にも合うのか確かめるのもオススメです。

3. マッチングサービスを利用する

webコンテンツの制作会社と提携して、複数社を一気に紹介してくれるマッチングサービスもあります。

わざわざ探す必要もなく、探す側としては楽ですが、マッチングサービスの特性上あなたと合わない場合も。

懸念事項
・サービス運営側の仕組みによって登録金額の高いプランがオススメされる
・サービス運営側の管理体制の甘さにより品質が悪い会社を紹介されることもある
・マッチングの対価としての成果報酬分が見積に上乗せされることもある

他にもマッチングサービスの一番の懸念は、紹介された会社の中で安さ競争が発生しやすく、無理した値下げで品質が下がることもある。

探すのは楽ですが、その後の選定は注意しましょう。

4. 実際の制作コンテンツを見ながら探す

少し時間はかかりますが、webコンテンツの制作会社自身が運営しているオウンドメディアを探して、その中から探す方法。

一番手間がかかる分、気に入った会社の中から選びやすいのと、実力や文章のテイストを事前に把握できるため、webコンテンツの制作依頼後のイメージが付きやすくなります。

オウンドメディアが強い会社は、必然的にSEOやコンテンツ品質にも強いため、目的達成の力強い味方になってくれる可能性は高い。

5. 制作代行ではなくコンサルティング会社を探す

制作の依頼をしようとは思っていても、戦略が変わって内製でwebコンテンツを作る場合もあるかもしれません。

その場合は、ノウハウが無い中進めるのは難しいため、コンサルティング会社やコンテンツ制作・運用を支援してくれる会社を探しましょう。

オウンドメディアで言えば、継続的に自社で本気で取り組む施策となるため、ずっと外注するのは費用対効果が悪い場合もある。

だからこそ、自社でwebコンテンツのノウハウを作り、長期的な目線で成長させていくことを考えると、コンサルティングや支援会社を探すのがオススメです。

⑥ 相見積もりをする

webコンテンツの制作代行をお願いするなら、相見積もりは必須です。

制作会社もそれぞれ特徴があり、SEOに強い会社もあれば、ユーザーファーストなコンテンツ作りに強い会社もあり千差万別。

それなのに値段の安さだけ、または選ぶのがメンドクサイからと1社のみにしか見積をしないのは、将来のチャンスを逃していることにも。

相見積もりしない
A社:40万円 SEO△ 品質△ 相性△

相見積もりした
A社:40万円 SEO△ 品質△ 相性△
B社:50万円 SEO〇 品質△ 相性〇
C社:60万円 SEO〇 品質〇 相性〇

予算との関係で金額も大事ですが、制作代行をお願いする目的は求めるゴールを達成するため。

金額が安いからと選んだ会社で、結果が出せなかったら達成までのスケジュールが遅れて、あなたの社内評価が悪くなってしまう場合もあります。

それぞれ会社ごとで特徴は違うので、しっかりと比較した上で選定に移れるようにするのがオススメです。

⑦ 制作会社を選ぶ

制作会社を比較する中で、見逃していた要件を追加して詰めていったり、相手の組織体制(チーム)や、営業・製作者、または会社同士の考え方の相性なども確かめていきます。

選定基準をまとめたので、下記も参考にして頂けると嬉しいです。

基本チェック
料金・文字単価

求めているコンテンツ・テーマに強いか
営業の知識
提案時の様子
コンテンツの作り方
プロジェクトの管理方法
ライティング力の確認(テストライティング)

基本チェック

まずは基本のチェックとして、ホームページやインターネット上で調べられる情報で確認をしておきます。

項目詳細
創業・設立年数どのくらい継続的にwebコンテンツを提供してきたのか
代表者代表者の氏名・経歴など
スタッフスタッフの存在。(実際に存在している人か見積時に確認できると尚良し)
会社概要基本的な「会社」としての情報の記載があるか
情報更新ずっと止まっていないか

これらは誰でもチェックする内容だと思いますが、やはり会社としての実体感がない、何か基本的な情報すら掲載されていない場合は信用性に欠けますよね。

webコンテンツを扱っている会社であれば、自社が保有するホームページの効果を嫌と言うほど知っているため、どう信頼性を出そうか日々改善を繰り返している。

代表者の写真や現場スタッフの存在、または事例などの実績紹介も更新されているかを確認しておきましょう。

料金・文字単価

webコンテンツの種類は色々ありますが、記事・動画・資料の3つの観点から確認しておきます。

記事(文字単価)
2円以下  格安(品質に不安あり)
2~5円   通常(一般的)
5~10円  高い(品質安全ライン)
10円以上~ 高い(専門性あり)
※ 文字単価とは1文字に対しての単価
※ 専門性の参考単価として弁護士の場合は15円前後(弊社実績の場合)

動画
30万円以上〜
参考:動画制作はどうやって作られる?制作の流れを徹底解説
ホワイトペーパー
10万円~ 参考:ホワイトペーパーの費用はいくら?相場と値付けの理由

高い安いを考える前に、その金額がどのように出されているか確認が必要です。

特に記事の場合は、ライティングのみなのか、構成+ライティングなど、要件が増えればそれだけ金額は高くなる。

制作会社が何を基準に金額を出しているのか、もう少し詳しく見ておきましょう。

記事に相場はない?価格の考え方

記事コンテンツを色々な会社へ何度も依頼したことが無い限り、出された金額に対する内訳は分からないことが多いですよね。

文字単価だけで見れば、高い・安いと分かりやすいのですが、その高さと安さには何が含まれているか認識しておかなければ、品質維持や目的達成が難しくなる場合も。

価格に影響する要素をまとめてみました。

項目詳細
キーワード調査どんなキーワードを元にコンテンツを作ればいいのか調査・分析を行う
構成作りどのような流れで記事を作ればいいのか構成を作る
ライティング構成に沿ってSEOを意識しつつユーザーさんに満足してもらえる記事を書く
写真選定記事に必要な写真を選ぶ
画像制作記事に必要な画像を制作する(図解・イラストなど)
取材インタビューが必要な場合は取材を行う
取材の取り付け特定テーマに対する人を取材してほしい場合は、コネクションを使って人選を行う
カメラ撮影撮影が必要な場合はカメラで撮影
専門性法律など難しいことだけでなく、その領域に特化した知識がなければ書けない場合は専門性の高い人へ依頼する
内製か外部かライティングは内製か、外部パートナーに任せるかによって価格が変わる
継続性長期的な依頼となれば値下げを行える場合もある
納品時期納期が短すぎる場合はそれなりに現場が動くことになるため価格も上がりやすい
ディレクション記事を作るだけでなく顧客とのやり取りなどの工数分も価格に含める

細かく分ければもっとありますが、実はこれだけの要素が単価の中に含まれています。

単価シミュレーション例
5円 ライティングのみ + ディレクション
7円 調査 + ライティング + ディレクション
10円 調査 + ライティング + 取材 + ディレクション
15円 ライティング + 専門性 + ディレクション

記事においては専門性が検索上位への影響力が大きいため、単価が一気に上がる。

さらに、どの会社も組織体制、付き合いのある外部パートナーは異なるため、複数社に相見積もりを行ったとしても金額がまったく同じになることはありません。

必ずどの会社も状況が違うので、単価の設定も変わってくるため、どんな要素が含まれて単価が出されているのか確認頂くのがオススメです。

安さには代償がある?

記事を作りたいと思うと「大量に!」と数にこだわる意識になりやすく、数が多い分、安い方がいいと考える方も多いです。

しかし、実際に記事を作ろうと思ったら、キーワード調査・構成・写真選定・ライティング・チェック・公開作業など全て含めて、例え4,000文字程度だったとしても全部やれば1日がかりの仕事。

単価が安い場合、案件をたくさん受けないと制作会社側は経営ができないため、一つの記事コンテンツにあまり時間をかけられず、結果的に品質が伴わない記事になることにも。

単価が低いと量をこなすようになるため、競合他社が掲載している上位コンテンツには勝てない記事が作られやすく、単純に単価の安さだけで考えるのは危険なことを覚えて頂きたいです。

数とは、会社としての実績・ノウハウ・事例数など、今までwebコンテンツの制作会社として培ってきたもの全てのこと。

例えば10,000事例超のコンテンツ制作を行ってきた会社と、100件程度の会社であれば、全然その信頼感は違いますよね。

単純に事例の数だけで判断できませんが、数をこなせる「対応力」や、選ばれ続けてきた「信頼力」には依頼する価値はあります。

相見積もりをした際には、事例の数も判断基準の一つに入れて頂くのがオススメです。

求めているコンテンツ・テーマに強いか

webコンテンツとして作りたいテーマに対して、ノウハウ・知識を持っているのか。

いくら制作力があったとしても、求めているwebコンテンツに対する専門的な情報を持っていなければ、コンテンツとしては品質が高められず、ユーザーさんの満足が得られない可能性もあります。

例えば、記事作れます!動画作れます!ホワイトペーパー作れます!と何でもできる会社は、対応力も高くて頼みやすい反面、webコンテンツには専門性が特に重要視されるため、あなたが求めたいテーマに対する知識不足があると、満足のいかないコンテンツになるかもしれません。

作りたいwebコンテンツに対する内容・テーマに対して、どこまで専門性を持っているのか確認するのがオススメです。

営業の知識

見積もりをお願いする際、営業または制作者に対して要件を伝える場があると思いますが、その時に相手の知識レベルを確認しておきましょう。

例えば、webコンテンツや求めたいテーマに対して質問をした際に、的確な回答が得られる場合はいいですが、要領を得ない回答が返ってきたり質問への回答がないと、今後のやり取りにもトラブルを抱えることもある。

また、トークや知識は問題ないけど、社内調整ができない方も中に入るため、耳障りのイイ言葉に騙されないよう、慎重に進めるのがオススメです。

提案時の様子

制作会社から提案を受ける際に、以下のポイントを気にしながら聞いておきましょう。

社内連携がとれているか

打ち合わせや提案を受けている際に、営業はこういうが、製作者はああ言っている、このように社内連携が取れていない場合もあります。

実際の制作へ移った場合もこのトラブルは毎回起きるため、高い確率で品質低下に繋がってくる。

特に営業と制作者で知識量が大きく離れている場合、または社内関係が悪い場合に発生するため、体制を確認する意味でも連携度合いの確認はしておくのがオススメです。

安請け合いしないか

あなたが「これできますか」と質問した場合に「もちろん大丈夫です」と回答もらえた方が安心しますが、安易に「できる」と回答しない方がいい場合もあります。

営業トークであったり、何とか受注がしたくて無理して獲りに来ている場合、結果的に納品品質に大きな影響が入ってしまう。

その場でパッと答えられるのも強みだが、きちんと考え現実性がある回答をしてもらうことも大事なので、安請け合いや調子がよさそうな提案には注意をしてください。

返答に納得感があるか

制作会社と依頼側のあなたには、知識量に大きな差がある状態で商談に入るため、当然分からないことだらけになる。

質問や聞きたいことが都度発生したり、分からないことが多いからこそ、求めていることが本当にできるか確認を行いますよね。

その際、要領を得ない回答をされたり、曖昧な返答ばかりを繰り返すようなら、後で制作を進める時になってコミュニケーショントラブルが発生する確率が高いため、選ばないのがオススメです。

事前準備がされているか

商談するため、事前に資料や情報を渡したり、感じている課題などを共有していることもありますよね。

あなたが渡した情報が、しっかりと制作会社の商談メンバーに伝わっているか、または渡した情報に対する的確なアドバイスや解決方法の提示があるかによって、制作会社のレベルも分かります。

事前準備がされている制作会社ほど、本気で考え伴走者として優良パートナーになってくれる可能性が高いので、見極めるポイントにもなっています。

値引きに簡単に応じないか

安い方がいいのは当然なので、値引きをお願いしたい場合も多いと思います。

しかし、求めている品質を担保するための費用から値下げをすると、品質維持が難しくなるため、制作会社としても簡単に値引きへ応じることは難しいのが本音。

  • 制作会社側の利益を減らす
  • 制作会社で安い外注パートナーを使う
  • テンプレートを使う

など、安くする方法は色々ですが、安さと品質は連動するため、現状の依頼内容のまま大幅値引きをするような会社があれば、品質低下を招く恐れがあるため、注意しましょう。

毎回、大幅値引きで受注をしているような制作会社の場合、現場への利益が還元されておらず逼迫している可能性も。そのような環境化では良いwebコンテンツは生まれないため、大幅値引きを簡単にする制作会社はオススメできません。

「言った」「言わない」問題を未然に防いでいるか

あなたも経験があるかもしれませんが、「言った」「言わない」は、どんなに良い関係を作れていても、発生するときは発生します。

認識・前提の違い、色々問題はありますが「~のつもりだった」が原因なので、必ずお互いの認識を合わせておくため、商談などが進んだら議事録を共有してもらいましょう。

相互認識が合っているだけで、トラブルの多くは防げますので、情報共有が丁寧な制作会社がオススメです。

コンテンツの作り方

コンテンツをどのような流れで作っているのか、予め確認頂くのがオススメ。

作り方によって、値段も品質も変わってくるのと、他社と比較した際の比べるポイントにもなります。

対応者の違い

  • パターン①:全て自社で制作している
  • パターン②:編集は自社、ライティングは自社か部パートナー
  • パターン③:完全に制作は外注している

制作会社の多くは、パターン②の内製・外部の両方を使ってコンテンツを作っています。

特定テーマに特化した制作会社でない限り、特定テーマに対する専門性は外部パートナーに依頼して制作することが多いので、外部パートナーを使うことは問題ありません。※ 特定テーマでしかwebコンテンツが作れないとリスクでしかないので、専門性は外部で調達していることも多い。

しかし、パートナーが管理できていないと、品質を保つことは難しいので、管理体制などにも踏み込んで聞いておきましょう。

作る手順の違い

  • パターン①:自社のノウハウを体系化させた方法で制作している
  • パターン②:ツールを使って調査・分析をしつつ構成案を出している
  • パターン③:外部パートナーに全て任せている

など、記事作りに関して、記事の元になるキーワード調査・分析・記事構成を、どのように作っているかを確認しておきましょう。

今はwebコンテンツ作りをサポートしてくれる便利なツールがたくさんあるため、これらを使っている会社も多いです。

しかし、ツールに頼りっきりだと、他の会社も同じようなロジックでコンテンツを仕上げてくるため、内容が似てきてコンテンツ品質で負けてしまう場合も。

ツールを使ってもいいですが、パターン①の独自ノウハウによる思考力がコンテンツを強くしてくれるため、作り方を確認しておくことも大事です。

プロジェクトの管理方法

プロジェクトが始まった場合のことも考え、どのように進捗管理をしているのか確認しておきましょう。

「納品さえしてくれれば、それでよくない?」と思うかもしれませんが、何がどのくらい進んでいるのか確認できないと、依頼側としては不安ばかりが増えていきます。

そのため、プロジェクト管理ツールなどを使って、全体の進捗を見える化してくれるのか、予め聞いておくのがオススメです。

ライティング力の確認(テストライティング)

webコンテンツの業界では、正式発注を決める前に、テストライティングをするのが基本です。

色々選ぶための基準はありますが、それは表面上のことであり、もっとも大事なのはあなたが欲しいwebコンテンツの品質が出せるのかどうか。

例えば輝かしい実績を持つ会社があったとしても、あなたが求める品質が出せるわけではりません。

相見積もりをした各社でテストライティングを行い、どこが求める品質に一番近いのかを確認して選ぶのがオススメです。

テストとは言っても、無料ではなく費用が掛かることが多いです。しかし、何十万円・何百万円・何千万円と一気にかけた後に「この制作会社じゃなかった…。」を防ぐために、テストライティングは必須。

制作会社選びで不安を感じているあなたへ

webコンテンツの制作代行会社を選ぶため指標をまとめてみましたが、全ての条件を満たす会社が存在することはないと思います。

各社、ビジョンが違い、スタッフも違い、スキルも違うため、求めるゴールに向かって、最適な制作会社はどこか、吟味しながら決めていく。

選ぶ際のチェックポイントとして、

  • 専門性
  • 柔軟性
  • 伴走性
  • スキル
  • コンテンツの考え方

これらに意識を向けて決めて頂くのがオススメです。

webコンテンツの制作代行会社、たくさん存在しますが、最良のパートナーが見つけられると、あなたの事業はもっと拡大できますよね。
著者:sugiyama

運営会社
enpreth(エンプレス)はコンテンツ制作を15年以上続けてきた株式会社ファングリーが運営しています。記事・取材・動画・ホワイトペーパーなど、様々なwebコンテンツを扱っているため、まずは無料相談をご利用頂けると嬉しいです。

営業・広報・マーケターに嬉しい媒体資料の無料掲載サイト >(事前受付中)

sugiyama
@pl_enpreth
webコンテンツの制作代行会社、選び方を知るだけで優良パートナーを見つけられる確率が高まります。