難読化によるセキュリティ対策には JavaScript対応の「JSDefender」

難読化によるセキュリティ対策には JavaScript対応の「JSDefender」

この資料でわかること

  • ・PreEmptive Protectionの特徴・仕組み
  • ・JSDefenderによるソースコード難読化の例
  • ・ライセンス・価格

検索キーワード:難読化 / セキュリティ対策 / JavaScript / ソースコード / 開発 / エージーテック

アプリケーションのソースコードを解析不能にして、不正行為を防いでくれるのが、難読化ツールのパッケージ製品「PreEmptive Protection」です。「JSDefender」はJavaScript環境向けのツールであり、難読化によってシステムの安全性を保ってくれます。
エンプレス編集部:fukuyama

\ 情報探しの時間も惜しいあなたへ /

  • STEP1
    受取用メアドを入力
  • STEP2
    送信ボタンを押す
  • STEP3
    メールで資料が届く

▼ 無料配布中 ▼

ご利用が2回目以降の方はここをクリック

このサイト内で必要項目を1度送信頂いた場合、次はメアドのみで資料がもらえます。

※ どの資料も無料なのでご安心ください

よく一緒に見られている資料

他にも役立つIT資産・管理の資料

カテゴリから探す