ホワイトペーパー IT用語・意味解説

  • | 公開 2023年04月23日
ホワイトペーパー

いつも見て頂きありがとうございます!資料サービス「エンプレス」の編集部:sugiyamaです。ホワイトペーパーの意味や由来など、知っておきたいIT用語を解説しています。

\お役立ち資料/

資料一覧を見る

ホワイトペーパー(whitepaper)とは、直訳すると「白い紙」となりますが、もともとはイギリスにて政府が正式に発行していた文書の表紙が白色だったことから、日本の政府も習って政策の方針、またはレポートを提出するために発行した文書を「白書」と呼ぶようになりました。

政府が発行する白書の例
総務省 :地方財政白書
内閣府 :経済財政白書
消費者庁:消費者白書

しかし、近年ではビジネス・マーケティングの文脈で使われることが多く、見込み顧客と接点を作るために、情報をまとめた資料をホワイトペーパーと呼んでいます。

その内容としては、ノウハウ・市場調査・トレンド・導入事例・料金表など、見込み顧客が抱えている課題を解決するため、あらゆる情報をホワイトペーパー化して、フォームに社名・担当者名・電話番号・メールアドレス・役職などの個人情報を送信頂いた代わりに、ダウンロードできるURLを提供する形でホワイトペーパーが活用されています。

ホワイトペーパーを使った施策は、主にBtoB企業がマーケティング活動を行うために用意され、見込み顧客の情報が獲得できた後は、テレアポ・メルマガ・DMなど、さまざまなアプローチを行い商談機会を作り出し、将来的な売上を作るのに貢献しています。

ホワイトペーパーの基礎
ホワイトペーパーの種類
ホワイトペーパーの作り方
ホワイトペーパーを外注する場合の制作費

ホワイトペーパー作成でお悩みではないですか?

ホワイトペーパーを作るには、ただ資料を作るだけではなく、見込み顧客を獲得する目的に沿って作らないといけないため、スキル・ノウハウが求められます。

自社スタッフだけで、企画構成・ディレクション・デザイン・ライティングを行うのが、難しい場合も。

そんな時は、ホワイトペーパー作成のプロにご相談ください!

資料ダウンロード用ホワイトペーパー作成

どんな小さなことでも大丈夫!お気軽にご相談ください。

著者:エンプレス編集部 sugiyama(運営会社ファングリー
住所:東京都渋谷区南平台町15-13 帝都渋谷ビル5F
2012年よりwebデザイナーとしてデジタルマーケティングの支援を開始。その後はマッチングプラットフォームの立ち上げ、売上ゼロからグロースに携わり黒字化後に事業譲渡。現在は資料サービス「エンプレス」にてプロジェクトマネージャーを務め、コンテンツの制作から運用、100社以上のお客様支援を実施。そこで得たノウハウをコラムとして投稿中。
Twitter

おすすめのDX製品・ノウハウ資料

今日はどの資料を見ますか?ページへの案内画像