転職エージェント「ギークリー」業界専門のスゴい知識量

  • | 公開 2021年07月12日
転職エージェント「ギークリー」業界専門のスゴい知識量

ギークリーは、転職エージェントの中でもITやWeb、ゲーム業界に特化しているため、この業界で転職を考えているあなたにはチェックしてほしいサービス。

しかし、転職エージェントを利用したことがなかったり、そもそも転職が初めての場合、転職支援サービスを使うのすら不安が付きまといますよね…。

今回は、ギークリーについて私と一緒に詳しく見ていただき、あなたの転職活動に少しでも役立ててもらえると嬉しいです。

ギークリーとは?

運営会社株式会社Geekly
対応職種システムエンジニア、プロジェクトマネージャー・システムコンサルタント、ネットワーク・サーバー、社内SE・テクニカルサポート・その他、webディレクター・webデザイナー・webマスター、ゲーム、営業関連、ネットマーケティング、管理・経営企画・新規事業、制御系・組込み・通信系
対応勤務地全国・海外
登録・利用料金無料

IT・Web・ゲームといった、デジタルな業界を専門に転職のサポートをしてくれるギークリーは、様々なデジタル化が進む今の時代、人気も高まってきそう。

幅広い業界を扱う大手の転職エージェントサービスも、IT・Web専門のアドバイザー、金融業界専門のアドバイザーなど、サービス内の担当さんごとに業界を特化させています。

ギークリーはサービス全体が一つの業界に向けて作られているため、ノウハウやサポート力は、やはり違ってくるはずです。

ギークリーはこんな人にオススメ

言わずもがなですが、ギークリーはIT・Web・ゲーム業界の転職が専門なので、これらの業界で転職を考えている、かつ、

「最近よく聞く転職エージェントって、どんなもんなのか気になる…」
「業界専門じゃないエージェントしか使ったことがない…」

このような場合はオススメです。

もっと言うと、実際に利用してみた私としては「せっかくIT・Web・ゲーム業界で転職するなら、ギークリーを使わないともったいない!」…とまで言いたくなってしまうほど、よかったです。

プロにじっくり相談できる

上記で見てもらったこと以外にも、次のような気持ちがあれば、ギークリーさんのサービスはオススメです。

  • 知識をしっかり持っているプロのサポートがほしい
  • アドバイザーさんと顔を合わせてじっくり相談したい

転職エージェントサービスは、転職の相談や、希望に合った求人を紹介してくれる、専属のキャリアアドバイザーさんと面談するところから始まりますが、最近は、電話やオンラインでの面談を取り入れるところが増えており、中には電話のみのエージェントさんも。

しかしギークリーさんでは、あなたをしっかりサポートするためにも、対面での面談か、オンラインの面談を勧めていて、キャリアアドバイザーさんと顔を合わせてお話しすることで、よりあなたに合った提案をしてもらえます。

もちろん遠方で面談に行けない場合や、どうしても対面は抵抗がある場合は、オンラインや電話面談をお願いしても大丈夫ですよ。

様々な面談方法で、転職エージェントサービスの面談を受けてきた私としても、対面での面談が断然オススメです!
著者:fukuyama(@pl_enpreth)

ギークリーの登録方法を確認しよう

転職活動に、ギークリー使ってみたいけど…

初めてだといろいろ不安だと思うので、まずは登録方法を確認していければと思います。

転職エージェントサービスは、登録時に電話が掛かってくることが多いので、もしほかの転職エージェントサービスを利用したことがあれば、いきなり電話が掛かってくるんじゃないかと、怖くなっちゃうかもしれません。

その辺りも、私と一緒にまとめて見ていきましょう。

1.登録画面で情報を入力

まずはギークリーの登録画面で、名前や住所、電話番号、経験職務などを入力していき、送信すると「登録が確認できましたよ」といった内容のメールが届きます。

登録通知参考:ギークリーさんからのメール

しかし、このメールが届いたからといって、ギークリーのサービスが利用できるわけではありません。

最初の登録はあくまでサービス利用の申し込みとなっており、この後もギークリーからの連絡を待つことになります。

私の場合は登録から5分くらいで、面談調整をお願いするメールが届きました。

2.面談の予約

面談の予約参考:ギークリーさんからのメール

転職エージェントのメインサービスは、キャリアアドバイザーさんから転職活動をサポートしてもらえること。

しかしキャリアアドバイザーさんは、あなたの悩みや希望、気持ちなどを知っておかないと、あなたを全力でサポートしてあげたくてもできません。

そのため、まずは面談をする必要があり、希望の日時を決めて予約します。

面談の調整に関するメールで、面談予約専用のURLを送ってもらえるため、そこから予約することができますが、電話やメールでもOKです。

親切!今後の連絡を予告してくれる

転職エージェントサービスでは、面談予約のメールを受け取ったあと、電話やSMSが来る場合があります。

ギークリーさんも例外ではなく、面談予約をしないままでいると連絡が来るのですが、ほかの転職エージェントサービスとは一味違いました。

下の画像は、面談の調整に関するメールの一部分ですが、このように「連絡をしますよ」といったお知らせや、連絡する時間・方法を教えてくれるんです。

今後の連絡を予告してくれる参考:ギークリーさんからのメール

ちなみに私が連絡をもらったのは下記の日時で、ちゃんと予告してもらった時間内にしか連絡が来ません。

日にち連絡が来たタイミング連絡の方法
11月13日(登録日)登録通知の1分後電話
19時前電話
11月16日13時ごろ電話

…とは言え、出来る限り早めに面談予約をしておきましょう。

3.書類提出とカウンセリングシート

面談日時が予約できたら、完了のメールが届きます。

ギークリーのオフィスは渋谷に2ヶ所あるため、間違えないように詳しく案内を記載してくれていました。

また、履歴書・職務経歴書をアップロードするためのURLや、画面に従って入力していくと書類を作成できる「レジュメ自動生成ツール」などを使って、書類を提出。

面談をスムーズに進めるための「カウンセリングシート」への回答もお願いされます。

希望職種や持っているスキルの回答などのほかは、アンケートのような内容で、リモートワークに関する質問もありました。

面談前日に確認の連絡

キャリアアドバイザーさんと面談する前日になると、確認のメールが届きます。

また、私の場合は面談の前々日にもギークリーさんから着信があったので、電話が来るかもしれないことを覚えておくと安心です。

マイページは面談後

転職エージェントサービスによっては、サービスへの登録後や、面談予約への完了後にマイページを作ってもらえます。

しかしギークリーでは、キャリアアドバイザーさんと面談をしないとマイページを開設してもらえません。

マイページについては「ギークリーのマイページと求人ページ」で、もう少し詳しく見ていきましょう。

続けて面談についても、一緒に見てもらえると嬉しいです。
著者:fukuyama(@pl_enpreth)

ギークリーの面談に行ってきました

ギークリーさんに転職サポートをしてもらうべく、東京都渋谷区にあるギークリーオフィスへ面談に行ってきました。

ちなみにギークリーさんのオフィスは渋谷に2ヶ所あるため、もし面談へ行く場合は、面談場所の説明が記載されたメールを事前によく確認しておきましょう。

1.面談会場に到着

ギークリーパッケージのお水面談当日に頂いたお水

私の面談場所となった渋谷パークプラザに到着し、4階のギークリーオフィスへ向かうと、エントランスには大きめのディスプレイに、玉木宏さんが出演するギークリーのCMが流れていました。

事前のメールにあった案内では「エントランスにあるipadから名前を入力してください」とのことですが…入力して1分くらいすると、横のドアから担当のキャリアアドバイザーNさんが出現。

エントランスに設置してある冷蔵ショーケースから、ギークリーパッケージのお水をいただき、面談のお部屋へ案内してもらいました。

他社のエージェントとはちょっと違うキャリアアドバイザーさん

ギークリーさん以外にもいくつか転職エージェントサービスを利用してきましたが、キャリアアドバイザーさんは必ず自分と同性・同世代の方が担当してくれました。

しかし、今回のギークリーさんでは、私より一回り年上で、異性のキャリアアドバイザーさんが担当。

今まで例外なく同性・同世代だったので、ちょっと新鮮でした。

2.面談室へ

面談室に案内してもらうと、机の真ん中にはアクリルパーテーションが設置してあり、すみっこにはアルコール消毒スプレーも置いてくれていました。

ちなみにですが、光の加減によってはアクリルパーテーションに自分の顔が少し写るので、ちょっと髪を整えたりできます…笑

キャリアアドバイザーNさんから名刺を頂いたあと、すぐに面談は始まらず、準備のため一旦退室するとのこと。

「10分くらいで返ってくるので…」と言って、その間にアンケート用紙へ回答をお願いされました。

初めの段階で和やかにお話し

アンケートは、職務経歴書などを事前に提出する時に一緒に回答したカウンセリングシートと、ほとんど同じような内容でしたが、質問の数は少ないわけでもないため、黙々と記入しているとNさんが帰還。

「10分って言ったのに2、3分で帰ってきちゃいました笑」

こんなふうに談笑しつつゆっくり記入させて頂けたり、アンケート用紙を見ながら私の家の最寄り駅について「僕も大学の時、その路線使ってて…」としょっぱなから盛り上がり、おもしろエピソードですっかり緊張もほぐれました。

Nさんは、超・元気!と言うよりも、落ち着いた物腰の柔らかい方で、やさしい話し方だけどお話の内容はちゃんと芯があります。

最初から頼りになりそうな印象で、最後までとても安心して面談ができました。

面談室にはBGMあり

面談室では、インストゥルメンタル(歌のない曲)のBGMが微かにながれていて、なおさら気持ちがほぐれました。

恐らく面談室のフロア全体に流れていたんだと思いますが、曲を流していた転職エージェントサービスは、私の中でギークリーさんが初めてです。

3.面談内容

アンケートの記入が終わり、早速本題へ。

初めに言ってしまうと、面談ではなく、終始雑談している感覚でした笑

もちろん、真面目に取り合ってもらえなかったという意味ではなく、本当にお喋りしながら、流れるように次の質問をしてくれます。

どのような内容だったのか、一緒に見てもらえると嬉しいです。

【1】転職活動の状況確認

エージェントサービスの確認他社の転職エージェントサービスを利用したことがあるかどうか、確認されます。人材紹介サービスの流れを分かっているかどうか確認するための質問ですが、一応確認のために、簡単にサービスの流れや、ギークリーの説明、Nさんの自己紹介をしてくれました。
現在の求人動向今の社会の動きに対して、求人がどう動いているかを、かなり詳しく教えてくれました。「去年の○月に△千件あった求人が、今年の○月に社会がどう動いて▲千件になった」といった、数字も合わせたお話や、リーマンショック時の求人件数の減り方と比較して、今後を予測したりと、参考になることばかり。
履歴書の確認ちょっとの調整部分をアドバイスしてくれて、簡単な調整だったので、Nさんの方で直してくれました(面談の最後にも別の部分を確認してくれました)。

【2】ヒアリング

  • 新卒の会社のことからヒアリング。なぜ辞めたのか。
  • 新卒の会社を辞めた後、今の会社に来た経緯など。
  • 今の会社の業務について。
  • その流れで、今の会社を辞めたい理由について掘り下げ。
  • 転職するとしたら、どういう会社でどういう仕事をやっていきたいか。

最初の、新卒の会社を辞めた理由について聞く時は「本音でいいですよ今日は笑」と一言付けてくれたので、リラックスしてお話しできました。

私はパワハラの影響で新卒の会社を辞めているので正直に話すと、特別なコメントはないものの「うんうん」と返してくれたり「きつかったんですね」と、やさしく相槌。

面談中は終始「うんうん」と、私の言葉を待ちながら話を聞いてくれて、真剣、だけどまったり進めてくれました。

雑談のような面談の様子その1

以前私が携わっていたリフォーム関係の事業について、ターゲットなど結構掘り下げて聞かれたのですが…もう本当に雑談みたいな感じです。

Nさん「へぇ~○○課っていうのがあるんですね…おもしろい。」
私「あるんですよ~笑」
Nさん「へええ~…これって…誰に向けたサービスなんですか?」
私「えーと、一般のエンドユーザーさんというか…」
Nさん「リフォームしたい人…ってことですよね。」
私「あ、そうですそうです。」
Nさん「あ~そうなんですね~。…確かにリフォームって分かんないですもんね。」
「僕の実家もリフォーム経験あるんですけど、親父がとんでもないこと言いだして…」

…こんなふうに、ご実家のリフォームのおもしろエピソードを挟んでくれたり。

ただ興味があって質問しているのか、求人を探すための必要な情報として質問しているのか、分からないレベルでずっと面談が進みました笑

しかし、自分の今の職種について、ほかの職種との関係や仕組み、求人での募集の仕方など「これってこういう感じなんですかね…?」と、ひとたび真面目な質問をすると、真剣に、しかも詳しく回答。

希望職種に向けてキャリアアップする動き方なども教えてもらえて、持っている知識が本当に豊富です。

【3】細かい条件のヒアリング

  • 年収のこだわりはあるか。
  • 取り扱う商材にこだわりはあるか。
  • 勤務地やリモートワークについて。(また路線トークで一盛り上がり)
  • 今受けている会社はあるかどうか。それはどんな事をやっている会社か。
  • 内定が決まったら、今の会社をどのくらいで辞められるか。

内定が決まった時についてのヒアリングでは、今の会社を辞める時のアドバイスもできますと、案内してくれました。

また、ほかの転職エージェントサービスでも、同じような内容のヒアリングはありますが「もし内定が決まった場合、どのくらいで退職できますか?」と簡潔に聞いてきます。

しかし、まるで雑談のようにヒアリングするNさんは、次のような聞き方でした。

雑談のような面談の様子その2

Nさん「転職の時期は、当然「未定」ってことなんですけど…」
私「はい。」
Nさん「ちょっと極端ですけど、例えば、今日、めちゃくちゃいいなって思うところから、内定を頂いたとするじゃないですか。」
私「はい。」
Nさん「年収も希望の○○万以上で。やりたい事にも近い内容で。」
私「ええ、ええ。」
Nさん「それで、会社…辞められます?」
私「え~~……」
Nさん「笑笑」
私「すぐは無理です…」
Nさん「そうですよね笑」
私「はい…」
Nさん「じゃあそこに行こうと思ったら、時間って大体どのくらい掛かりそうですか?」

一言で終わる質問を、形式張らず、分かりやすく、和やかに聞いてくれます。

人によってはもっと手短に進めてほしい場合もあると思いますが、もしかすると、Nさんが私に合わせてやさしく進めてくれたのかもしれません。

【4】今後の動き方のアドバイス

現段階では求人状況がものすごく悪いわけじゃないので、変に不安視する必要はないけど、この先どうなるかは正直僕らにも分からないです。

…このように、今の社会状況から見た求人についてお話ししてくれました。

また、ハローワークが出している「有効求人倍率」といった、細かい数字を交えた話もしてもらえましたが、椅子取りゲームで何人座れる状況と例えたり、絶対に専門用語や難しい言葉は使わずに説明してくれます。

面談の初めにアドバイスしてもらったように、

「先が見えない中、求人がまだある・選べる今のうちに動いておくのがオススメ」

「転職する・しないではなく、まず選択できる状況を作っておくのが大事」

こういったことを改めてお話ししてもらえて、どうなるか分からない状況でも、頼れるアドバイザーさんだなと思いました。

PCなしのヒアリング

大抵の転職エージェントサービスでは、面談する時、キャリアアドバイザーさんが自分の斜め前にノートPCを置いて、PCにメモしながらヒアリングを進めていきます。

しかし、ギークリーのNさんは最初からPCを持っておらず、たまにバインダーの書面へメモを取りながらヒアリング。

この辺りも、面談ではなく雑談をしている感覚で、話しやすい理由になっているのかもしれません。

何より、PC画面ではなくこちらを見て話を聞いてくれる事は、人としてのコミュニケーションで大切だと思うので、Nさんはそういった配慮もできる人なんだなと思いました。

4.サプライズ&求人を探しに一旦退室

一通りヒアリングが終わると、求人を探すためにNさんは一旦退室し、その間に次の書類へ簡単に目を通してもらうようお願いされました。

  • マイページに関する説明
  • 一次面接確約サービスの案内

一次面接確約サービスは、採用企業がギークリーへ求職者の情報を見に来て、面接したいと思った人へオファーしてくれるものです。

またNさんは退室前に「この2つに目を通して頂いたら、もう一個あって、実は…」そう言って、ちょっと多めの書類をおもむろに出してきたかと思うと、

「こういうお仕事とか、こういう方向の事業がやりたいのかなーと思って、事前にピックアップしておいたんです…!」

このようなサプライズが笑 しかも20件!

もちろん、今日ヒアリングした細かい希望条件には合わない求人も含まれていて、広めのピックアップなので、Nさんが戻ってくるまでに、気になる求人があれば選んでおいてほしいとのこと。

求人の数にビックリ

自分で求人検索する一般的な転職サイトをいくつも利用しましたが、正直、私の希望する職種は年間を通しても募集が少ないため、出てくる求人は同じ企業ばかり。

転職エージェントは、転職サイトに掲載されていない求人や、自社のエージェントサービスだけが保有する求人…いわゆる「非公開求人」を持っています。

非公開求人の中にもう少し求人があればと思い、転職エージェントサービスもいくつか利用したものの、初めて見た求人は1件2件程度でした。

しかし、ギークリーさんからの紹介求人には本当にビックリ。

これまでの転職エージェントさんでは、紹介してもらった求人がほぼ同じだったのですが、ギークリーさんでは初めて見る求人をたくさん紹介してもらえて「これが非公開求人ってやつか…!」と、感動です。笑

5.求人について質問

退室から15分くらいして、Nさんが戻ってきましたが、ここで初めてノートPCを持ってきました。

「どうです?興味持てそうなのありました?」と聞いてくれて、気になるけれど事業内容や企業について疑問のある求人があったので「これは何だろうっていうのがいくつか…」と、4件ピックアップ。

それらの求人に対して、一件一件丁寧に説明してくれたのですが、私はここでさらに驚かされます。

キャリアアドバイザーさんの知識量に驚愕

求人一件に対する情報量が、とにかくすごいんです。

企業の名前は○○なんですけど、実はこういう由来があって、社長さんがこういう人なんですね。でも、こういう事業だけじゃなく、実はこんなサービスもやってたりします。

この中の○○については、中国のエンジニアさんが開発していて、こういった背景で○○事業をしているんですけど、こういうのを△△って言ったりして…。

もはや、Nさんの頭の中がデジタル化しているんじゃないかと思うくらい、どんどん情報が出てきます。

事前にピックアップしてもらっていた求人とは言え、20件の中からその場で私が選んだ4件について「この会社の社長さんは小さい頃こういうふうに育って…」こんなレベルの情報を、ペラペラと説明。

なんて頼りになるアドバイザーさんなんだろうと、感動を通り越して驚愕しました笑

6.書類の添削

求人について解説して頂いた後は、マイページの使い方を、一緒にPC画面を見ながら説明してくれます。

また、履歴書・職務経歴書についてもコメントを頂き、職務経歴書の中に入れた「今までやってきた業務」の見せ方について、

「あれ、めっちゃいいですね。」

こんなふうに、すごく褒めてもらえてビックリでした。

実はギークリーさんの前に、ほかの転職エージェントサービスでもキャリアアドバイザーさんと面談したのですが、その際、職務経歴書の見せ方についてアドバイスを頂き、その通りに調整したものを今回ギークリーさんへ提出。

そのこともNさんへ話しましたが「めっちゃくちゃいい」と褒めちぎってもらえたので、違う転職エージェントサービスでも、やはりキャリアアドバイザーとして考える「良い選考書類」の視点は、同じようなところにあるんだなと感じました。

7.帰りも和やか

面談が終わり、頂いた書類を鞄にしまって帰る準備をしている時も、雑談しながら待っていてくれたり、

「寒いからここ(部屋)でコート着てっていいですよー」

このようなお気遣いも。

エレベーターまで見送っていただき、最後まで気持ちのいい対応をしてもらえました。

まだ採用が決まったわけでもないのに、晴れ晴れした気持ちです笑

面談時間はピッタリ90分

ギークリーさんに限らずですが、どの転職エージェントサービスでも、面談時間をしっかり守ってくれます。

対面での面談は90分、電話やオンラインでは30~60分の面談時間を設けているところがほとんど。

とくに対面では90分フルで面談しますが、時間調整で最後に駆け足で話を終わらせたりせず、本当に自然な流れで終わり、時計を見るとキッカリ90分…もちろん今回のギークリーさんもそうでした。

キャリアアドバイザーさんは、面談の質だけでなく進め方も上手です。

企業選考!ギークリーのサポートは?

今回担当して頂いたキャリアアドバイザーのNさんと相談した結果、応募しても書類選考に通過するのは一握りなので、紹介してもらった20の求人へ「ひとまず全て応募してみましょう」ということになりました。

応募した求人の選考結果はマイページでも確認できますし、メールでも教えてくれますが、出来る限り一つのメールにまとめて送ってくれるのは、システムではなくキャリアアドバイザーさんならではの対応ですね。

志望動機のアドバイス

後日、その中の1社から志望動機の提出依頼があると、Nさんからメールで連絡を頂きましたが、一体どのように書けばいいものか分からず…。

そこで、そのままメールでNさんに相談してみたところ、とっても詳しく分かりやすいアドバイスを頂けました。

志望動機の例文をくれるのではなく、

この会社はこういうところで○○なので、こういった内容で考えていただくのが良いのではないでしょうか?

業界では○○で、今回のポジションも○○なため、福山さんの○○を活かして携わることができ、○○も経験できるのが、このポジションの魅力的な部分だと思います。

このように、自分の言葉でも志望動機を考えられるようなヒントを、私の経験や希望に合わせて送ってくれたので、すごく助かりました。

面接のやり取り

20応募したうちの1社から面接をさせてもらえることになり、マイページでも確認できますが、Nさんからメールでもお知らせしてくれました。

メールに貼ってくれている日程調整のURLから入力するか、キャリアアドバイザーさんにメールで候補日時を伝えればOK。

また、次のタイミングでもマイページやメールで教えてくれます。

  • 面接日が決まった時
  • 面接日の前日
  • 面接が終わった後
  • 面接の結果

面接の事前情報を共有してくれる

面接日が決まると、日時や面接の詳細などと一緒に、その企業に関する次のような情報もメールで送ってくれます(マイページからも確認できます)。

  • 転職サイト「Green」に掲載されている求人詳細リンク
  • 転職サイト「Wantedly」に掲載されている求人詳細リンク
  • 転職サイト「Wantedly」に掲載されている企業情報
  • 過去の質問事例
  • その他注意点

その他注意点では「一次面接ではこういう内容の発言はしない方がいい」といったことを、理由を踏まえていくつか教えてくれました。

ちょっとした事かもしれませんが、嬉しいアドバイスですよね。

不採用の時は理由もわかる

今回、私の面接の結果は残念ながら「お見送り」…しかし、結果をお知らせしてくれるギークリーからのメールには、面接して頂いた採用担当者さんからの、お見送りの理由が記載されていました。

お見送りの理由なので、場合によっては結構グサッときますが、理由を教えてもらえるのはすごくありがたいですよね。

また、企業側もキャリアアドバイザーさんを挟むため、理由を正直に書いてくれている印象でした(気を遣わずズバッと書かれました笑)。

随時紹介・サポート

面談時に紹介してもらった求人の選考がすべて終わっても、ほかにオススメの求人が出てきたら、随時マイページで紹介してもらえます。

もし途中で転職活動をお休み・中止する場合も、キャリアアドバイザーさんに一言いえば大丈夫なので、あなたの状況に合わせて利用できますよ。

心配な場合は、面接対策もしてもらうといいですね!
著者:fukuyama(@pl_enpreth)

ギークリーのマイページと求人ページ

面談や選考について見てもらいましたが、あなた専用のマイページや各求人ページの作りについても、私と一緒に確認していきましょう。

ギークリーのマイページ

ギークリーのマイページ出典画像:https://www.geekly.co.jp/

ギークリーでは、登録したり面談予約が完了してもマイページは作ってもらえず、キャリアアドバイザーさんと面談が終わって初めて開設してもらえます。

マイページでは各求人に対する応募・選考状況が分かり、紹介してほしくない企業は「紹介お断り企業」に登録しておくこともできるので便利。

また、キャリアアドバイザーさんからの紹介求人だけでなく、あなた自身で求人検索もできますし、あなたと似た経験を積んできたほかのユーザーさんが応募している求人をチェックすることもできます。

30日以上ログインしないと再開申請が必要

再開申請出典画像:https://www.geekly.co.jp/

ギークリーのマイページに30日以上ログインしない状態が続くと、ログインできなくなってしまいます。

画面に従って申請すればサポートセンターから再開処理をしてもらえるので、再発行してもらったパスワードでログインしたあと、もう一度自分でパスワードを決めればOK。

再開申請は、担当のキャリアアドバイザーさんではなく、サポートセンターやギークリー事務局が対応してくれるので、気まずくなったりはしないと思います笑

ギークリーの求人ページ

ギークリーの求人ページ出典画像:https://www.geekly.co.jp/

ギークリーのマイページでは、キャリアアドバイザーさんが紹介してくれる求人だけでなく、あなた自身で求人検索することもできます。

また、面談でキャリアアドバイザーさんに紹介してもらった求人は、紙でもらうこともできますし、同じ求人をマイページにもアップしてくれているので、WEBでの管理が便利。

各求人ページは写真もなくシンプルですが、求人一件一件に対するキャリアアドバイザーさんの知識がとても豊富なので、もっと詳しく知りたい場合は気軽に質問しましょう。

ギークリーの求人は、次のような項目で作られています。

募集要項
職種職務内容
必要な経験・資格社風その他
雇用形態雇用期間
試用期間試用期間の勤務条件
就業時間休憩時間
フレックス残業
給与形態予定年収
月給残業代
面接回数選考方法
勤務地喫煙対策
最寄り駅休日休暇
諸手当保険
備考
会社情報
求人ID企業名
本社所在地設立
連絡先URL
業種従業員
市場区分資本金
売上高事業内容
会社の特色その他会社情報

喫煙対策の項目は、様々な転職サイト・転職エージェントを利用してきて初めて見ましたが、最近できた項目なのか、空欄になっている求人がほとんどでした。

最新の求人ほど喫煙対策に関する記載があったため、今後増えていきそうですね。

最後に。

ここまで、私と一緒に見ていただきありがとうございます。

もしあなたがITやWeb、ゲームの業界で転職したいと思っているなら、ギークリーさんをぜひ利用してみてほしいです。

もちろん、担当のキャリアアドバイザーさんとの相性も関係してきますが、私は使ってみて、とっても頼りになるなぁとしみじみ感じました。

せっかく転職するんですから、納得できる会社へ行けるように、役立つサービスはフルに使って転職活動を進めるのがオススメです。

気持ちよく働ける会社へ行くためにも、プロのサポートで着実に転職活動を進めましょう!
著者:fukuyama(@pl_enpreth)

運営会社
株式会社ファングリーは「コンテンツプロデュースカンパニー」です。記事制作からオウンドメディアの戦略策定~サイト制作まで、一気通貫でご対応ができます。