• | 公開 2022年07月11日

対話管理で、マイクロマネジメントをやめませんか?

部下が何をしているのか不安に思っている管理者へここが凄いYORIAI!企業間の対話をもっとスムーズに

ここが凄いYORIAI!企業間の対話をもっとスムーズに

何でも細かく報告させるのではなく、まずは自分から情報を取りに行き部下を楽させるのがオススメです。
内容 :対話管理クラウド
形式 :PDF
容量 :2MB

お客様や顧客企業さんとのやり取りは、相手のためにもチームのためにも滞りなく行ないたいですよね。

メールやビジネスチャットでのコミュニケーションが多い今、会社やチーム、事業など自分たちに合わないものを使っていると、情報共有もうまくいかず、お客様も不安になってしまいます。

企業間対話ポータルのYORIAI(ヨリアイ)は、組織と組織の対話・情報共有を円滑にしてくれるので、どのような魅力があるのか、私と一緒に見てもらえると嬉しいです。

YORIAIとは?

サービス名YORIAI(ヨリアイ)
サービス概要企業間対話ポータル
提供会社株式会社ホロックス

YORIAIは、お客様・取引先・社内チームなど、組織を横断してコミュニケーション管理できるサービスです。

チャット機能を軸に、フォルダやタスク管理で企業さんとの対話をスムーズにし、さらに対話の分析でアプローチ改善も行なえます。

参考:複数の組織との対話管理ができるYORIAIの資料を見る(無料)

YORIAIで解決できる課題

対話管理クラウドのYORIAIを使うと、お仕事でどのような課題が解決できるのか、一緒に見ていきましょう。

課題1.顧客企業ごとにやり取りの場所がバラバラ…

普段から案件をたくさん持つお仕事の場合はとくに、様々なお客様と同時並行でやり取りしますよね。

お客様とのやり取りはメールをはじめ、ビジネスチャットで行うことも多いと思いますが、ビジネスチャットもいろいろな種類があります。

A社とはメールで、B社とはビジネスチャットで、C社とはまた別のビジネスチャットで…

お客様によってやり取りの場がバラバラだと、チーム内でも情報の把握・共有・管理が大変です。

解決:顧客企業との対話を一元管理

複数のお客様とのやり取りを、YORIAIでまとめて管理することで、チームが連携を取りやすくなり、お客様へのレスポンスもスムーズ。

また、フォルダやタスク機能によって、お客様も情報を一ヵ所で確認しやすくなります。

課題2.適切な担当者へすぐに繋げない

自社の営業さんとお客様がやり取りする中で、制作さんなど、同じ案件に関わる別の担当者へお客様を繋ぎたいシーンが、事業によっては発生しがちかもしれません。

コミュニケーションツールが違えば時間も掛かり、今まで共有し合っていたファイルなども、担当者が変わって場所も変われば確認が大変ですよね。

解決:チーム内の最適な担当者がすぐに反応

たとえば一つの案件に対して、自社のチーム全員とお客様、関係者すべてが一つの対話スペースに集まってチャットなどを行うことができます。

基本的には営業さんがやり取りし、対話の中で開発に関する質問を頂いた時は、開発担当さんがすぐに反応する…など、営業さんがパイプ役になる必要もなし。

お客様とのやり取りをチームみんなが確認できるため、各担当者は自分の案件へすぐに対応できるんです。

課題3.ファイル管理をあちこちで行なっている

事業や取引の内容によっては、お客様とファイルデータのやり取りを頻繁に行う場合もあると思います。

とくに制作物のやり取りなら、確認・修正が繰り返し行われて「あの時のデータはどれだっけ?」このように見たいファイルが分かりづらくなってしまうことも。

解決:対話スペースごとに整理して管理できる

YORIAIは、作成した対話スペースそれぞれに、チャットルーム・タイムライン・フォルダ機能が付いています。

タイムラインでは、ファイルデータや写真・動画データなど、コンテンツを投稿して共有でき、フォルダ機能でそれらのコンテンツ整理もOK。

たくさんのファイルを共有し合っても、時系列で追えたり、自由に分類したフォルダで確認できるので、見たいコンテンツへすぐにたどり着きやすくなるんです。

また、スペースに参加しているメンバーみんなで共有できるため、誰かから送り直してもらわなくても、各自で確認できるメリットもあります。

課題4.会話ベースでしかタスク管理できていない

チャットなどのコミュニケーションだけで、各自のタスク共有を済ませてしまうこともあるかもしれませんが、

そういえばこの前言ってたアレはどうなったんだろう…

このようにタスクが置き去りにされて、本人が忘れてしまったり、お客様も状況が分からず不安になったり…大きな問題に発展する可能性も。

解決:タスクマネジメントで現状をみんなが把握

YORIAIのマネジメント機能では、お客様とのコミュニケーションタスクを一覧にできるため、みんなが進捗状況を確認できます。

メンバーごとのタスク量や、タスクの実行履歴も分かる仕組み。

漏れを防いだり、現状把握で先の動き方も考えやすくなりますね。

参考:様々な案件のやり取りもスッキリ管理できるYORIAIの資料を見る(無料)

YORIAIの魅力

ここまで、YORIAIで解決できる課題を見て頂きましたが、もちろんほかにもYORIAIの魅力はあります。

一部ではありますが、もう少し一緒に見ていきましょう。

細かい入れ子構造でコミュニケーションの場を管理

YORIAIの特徴の一つと言えるのが、コミュニケーションの場所が細かく入れ子状になっていること。

現時点では、下記のような構造になっています。

ユニットスペース(チャット・タイムライン・フォルダ)チャットルーム・ファイル
チャットルーム・ファイル
スペース(チャット・タイムライン・フォルダ)チャットルーム・ファイル
スペース(チャット・タイムライン・フォルダ)チャットルーム・ファイル
チャットルーム・ファイル
チャットルーム・ファイル

上記はひとつの例ですが、大枠となるユニットを増やしたり、もちろんその中に入るスペースやチャットルームも自由に追加してカスタマイズできます。

それぞれの使い方の例も見て見ましょう。

構造用途例具体例
ユニット事業・サービスなどコーヒー豆の通販サイト運営
スペース
(チャット・タイムライン・フォルダ)
各種担当・チームなどサイトデザイン制作スペース・サイト開発スペース・コンテンツ管理スペース・事業計画スペース…
チャットルーム・ファイル議事録チャット・デザイン確認チャット・更新お知らせチャット…

一つのユニットに対して情報共有の場が小分けされているため、社内チームもお客様も、見たい情報へすぐに辿り着きやすいんです。

たとえばスペースごとにFAQを設置したり、契約関連のチャットルームを作成したりと、常に整理された状態でコミュニケーションが取れます。

また、ファイルや写真・動画などのコンテンツ投稿では、タイトル・テキストも添えられるため、さらに分かりやすいですよね。

カスタマーサクセスとしての活用

YORIAIは、様々な組織間でのコミュニケーション・情報共有をスムーズに行えるため、カスタマーサクセスとしての活用も推奨されています。

ユニット・スペース・チャットルーム・フォルダなど、対話やファイルを整理・分類できる機能によって、お客様ごとに情報を出し分け。

それぞれのお客様に合わせてポータルをカスタマイズし、必要な情報をすぐに共有できる環境が簡単に作れます。

企業間の対話をスムーズにしたいあなたへ

YORIAIは社内の様々なチームが、複数の顧客企業さんとコミュニケーションを取りやすくしてくれます。

状況に会わせてスペースやチャットルームなどを作れるため、顧客企業さんとのやり取りを頻繁に行う場合は、YORIAIがあなたの力になってくれるかも。

社内の各チームで様々な顧客企業さんとのやり取りが多いなら、一度試してみてほしいです。
エンプレス編集部:fukuyama

提供終了したタイミングで資料が見れなくなるので、

エンプレス編集部から

企業間でのコミュニケーションを取りやすくしてくれる「YORIAI」についてご紹介しています。
エンプレス編集部:fukuyama

資料の特徴

  • 特徴1企業を跨いだコミュニケーション
  • 特徴2社内でもスムーズな情報共有・連携
  • 特徴3会話とデータを整理して管理

資料の目次

・YORIAIのフレームワーク

提供終了したタイミングで資料が見れなくなるので、

株式会社ホロックスの資料・記事

共同・連携の関連資料・情報

資料提供

株式会社ホロックス株式会社ホロックス
住所 :〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル3号館531号
設立 :令和1年11月11日
資本金:47,342,400円
代表者:鷲尾 圭登
業界 :ソフトウェア
リード獲得するなら「内製派」「外注派」あなたはどっち?
リスティング広告のやってはいけない23
中小企業ブランディングで現場がつまづく10の課題と対策

せっかく作った資料が「その場限り」の利用になっていませんか?
資料の再活用ができるエンプレス。
資料を無料で掲載する >

エンプレス運営事務局