業務フローの可視化でチームの生産性を向上できる

業務フローの可視化でチームの生産性を向上できるoctpath

この資料でわかること

  • ・管理者・マネージャーの負担軽減
  • ・作業ミスや漏れの防止
  • ・属人化の防止で生産性も向上

ムダに教え込む必要もなく人的なミスによる対処も不要になるので入社した瞬間から人材が活躍できる

目次

・無料トライアル受付中
・octpathとは
・octpathが解決する課題
・どのような組織・チームで活用できるのか?
・octpathの特徴と強み
・具体的な利用イメージ
・octpathを活用するメリット
…etc

対応事例

・入社対応のプロセスを登録
・普段の業務プロセスを登録
・業務の進行具合をチェック
・進捗状況をリアルタイムで把握
…etc

「誰」が「何」を「どのように」行っているのか、属人化しすぎて誰もが自分なりの方法・流れで対応している場合も。そんな時、引継ぎするのも大変ですし、毎回フローが定まっていない作業はミスも起こりがち。octpathは「業務フロー可視化ツール」であり、方法も流れも、すべてを可視化して仕事を分かりやすくしてくれます。
エンプレス編集部:fukuyama

公開中 / 非公開

よく一緒に見られている資料

カテゴリから探す

課題から探す