リード獲得を”飛躍的”に伸ばすサービス・ツールのおすすめ一覧

  • | 公開 2021年03月15日
リード獲得を

「リードを増やしたいのに、思うように獲得できないよ…。」

あなたの会社でリード獲得のノウハウが少なかったり、マーケティングがうまく回っていないと、誰かに頼りたくなるほど心が不安でいっぱいになりますよね。

たくさん施策を入れたのに効果があまり出ていないと、何をしたらいいのか判断できなくなったり、そもそも社内リソースが足りなかったら目的達成も難しいです。

その場合、自分達だけで全てやろうとするのではなく、周りに頼って、そのノウハウを吸収し、さらにリード獲得できる状態にしていくのがオススメ。

リードを増やすためのサービス・ツールに関する情報をまとめたので、導入するしないにしても、参考として見て頂けると嬉しいです。

コンテンツ制作の資料を無料ダウンロード >

リード獲得に活躍してくれるホワイトペーパーの作成を考えてる場合は、まず無料相談がオススメです。

リードが増えていない原因は?

「今月はリードを5倍に増やす!」
「もっとリード獲得できないの?」

と目標を立てたり、上司から激が飛んできても、思ったようにリード獲得できない場合も多いですよね。

もしかしたらあなたは、こんな状況になっていませんか?

  • テレアポばかりでリストも枯れてきた
  • 制作職ばかりなので営業が弱い
  • ライバルが業績を伸ばしてるのに施策が打ててない
  • リード獲得のためにリソースが回せていない
  • リード獲得のための専門スキルが自社にない
  • 意欲や見込みの低いリードばかりが増える

やってはいるのに、それがターゲットユーザーさんに合わない施策だったり、時代の流れについていけていない可能性も。

今の策が限界だと感じているなら、それは新しい思考や行動を取り入れるチャンスなので、リード獲得に貢献してくれるサービス・ツールを知っておくのがオススメです。

マーケティングだけが原因ではない?
リードに関わるのは、マーケティングとセールス両方の組織ですが、両者間の目標や考え方の違いによっても成果を減少させている場合もあります。お互いの認識を合わせるだけで解決することもあるので、一度改めて話し合っていただくのもいいかもしれません。

リード獲得に貢献するサービス・ツール

オンライン(インターネット上)でリードを獲得するためのサービス・ツールには色々種類もあるため、あなたの状況に合ったものを選ぶことが、一番効果を高めてくれます。

タイプ状況
完全に誰かへ任せたい・予算が多く使える
・自社リソースは別に注力したい
・どこを試してもうまくいかなかった
自社組織に取り込みたい・すでに自社内でリード獲得組織がある
インサイドセールスを強くしたい
長期的な目線でリードを増やしたい・広告依存から脱却したい
・他社サービス、ツールに費用を掛け続けたくない

この3つの状況ごと効果が出やすいリード獲得のサービス・ツールは違うので、それぞれの状況で何を選べばいいのか見ていきたいと思います。

完全に誰かへ任せる

フォーム営業代行サービス

フォーム営業代行とは、企業ホームページのお問い合わせフォームに対して、営業メールを送信して反応を待つ営業手法であり、これらを代行するサービスです。

テレアポは相手の都合を考えず電話をかけることから、嫌われる営業手法と言われていますが、フォーム営業になると相手企業が気にならなければ反応(返信やリンクのクリックなど)が無いため、反応があれば「関心がある」と判断でき、効率的な営業ができる。

また、フォーム営業のメリットとしては、自社のお問い合わせに対して社内の決裁者(部課長・社長など)が見ていることも多いため、キーマンに繋がりやすい傾向があります。

見込みの低いリードばかり増えて成果が得られていない場合、フォーム営業はその状況を解決できる可能性が高いです。

フォーム営業代行サービスの参考
名前タイプ費用参考
apoliサービス完全成果報酬
リード獲得 20,000円/件
アポ獲得  50,000円/件
内職市場サービスリストあり        30円/件
サイトURL付のリストあり 50円/件
リストを持っていない   70円/件
WEBAPOサービスサービス利用 1万円/月
フォーム送信 30円/件(リストあり) 50円/件(リスト有り)
文章添削作成 3万円/件

メール営業代行・自動サービス

メール営業代行・自動サービスとは、サービス提供側が事前に用意した企業情報を活用して、指定された条件の企業へメール営業ができるサービスのこと。

リスト作りにかかる手間、配信する手間がかからない分、効率的な営業が可能です。

また、システムを使った配信によって、開封やクリックなども計測できることで、情報を使ってPDCAを回しながら営業できるため、営業が苦手な企業でも取り入れやすいリード獲得の方法だと言えます。

参考:メール配信システムの基礎知識

メール配信システムとの違いは?
メール配信システム   → メールを送るシステムのみ、配信リストは自ら用意
メール営業代行サービス → メールを送るシステムと、配信リストも用意されている

メール営業代行・自動サービスの参考
名前タイプ費用参考
APOLLO SALESサービス月額数万円〜(契約期間等で月額費が変動)

ソーシャルセールス

ソーシャルセールスとは、あなた自身のコミュニティ(知人・知り合いなど)を通じて、企業が求める人材とのアポイントを代わりにセッティングしてあげるサービスのこと。

アポイントがセッティングされると、ビジネスマッチングが成果としてみなされるため、平均20,000円(Saleshubの場合)など協力金がアポセッティング側に入り、企業は商談へ移ることができます。

リードではなくホットリードと呼ばれる、商談可能な企業として価値が高いため、角度の高いリードを求めるならばソーシャルセールスがオススメです。

ソーシャルセールスは、課題を抱えている企業と、自分の知り合いで課題を抱えている人を繋ぎ合わせることで、両者の力になれる画期的なサービス。

ソーシャルセールス会社の参考
名前タイプ費用参考
Saleshubサービス

営業支援プラットフォーム

営業支援プラットフォームとは、フリーランスや法人企業を募り、登録企業が求める案件獲得ができた際に報酬が発生するサービス。

簡単にいえば、プラットフォーム上に登録している人材が代わりに営業を行ってくれるビジネスマッチングなので、予算があれば自社のリソースを使わず営業活動ができます。

事前に営業プランなどをすり合わせて、両者で合意を得て進んでいきますが、リード獲得・アポイント取得・商談・契約など営業支援に関わる様々なお願いが可能。

企業によっては営業が不得意な場合もあるので、営業人材をアウトソーシングできるサービスは助かりますよね。

営業支援プラットフォームの参考
名前タイプ費用参考
kakutoku(カクトク)サービス
Kasooku(カソーク)サービス
Seiyakuサービス

営業代行・支援

営業代行・支援とは、営業範囲を伝えて代わりに営業活動を行ってもらう、または自社の営業組織構築のためノウハウ提供を受けるサービスを指します。

相談内容にもよりますが、営業であればリード獲得から商談、または契約まで獲ってきてくれる。

社内の営業組織への支援を受ける場合は、効果的な営業スクリプトを教わったり、インサイドセールス部隊を作るための環境構築やノウハウの伝授など。

全部お任せもできますが、それだと自社にノウハウが溜まらないため、いずれは自社で動けるよう代行と支援の両方を受けて頂くのがオススメです。

代行・支援とコンサルティングは違う?
コンサルティングは主に、ノウハウを提供するだけの場合が多く、あなたが求めている自社リソースは使わず営業活動をすることはできないため、コンサルティングではなく代行・支援会社を選びましょう。

営業代行・支援サービスの会社参考
名前タイプ費用参考
CEREBRIX(セレブリックス)サービス

チャットボット(自動応答)

チャットボットでは、質問された内容に対して手動、またはシステムによって自動応対できるツールのこと。

リソースをかけずリード獲得するなら、AIによって自動の受け答えをしたり、受け答えのシナリオを作りそれに沿ってユーザーさんに話を進めてもらう形をとります。

活用方法としては、自社のホームページやランディングページにチャットボットを組み込めば、電話やメール対応せずともチャットボット内で質疑応答が繰り返され、ユーザーさんの悩みを解決していく。

その流れの中で、フォーム送信やリード獲得に繋がるCTAを設置しておけば、効率的にリードが獲得できるようになります。

参考:チャットボットの費用相場

AIや完全自動だとしても、初期設定や会話シナリオを入れ込む作業がありますので、初期の作業は発生する可能性は高いです。

チャットボット(自動応答)ツールの参考
名前タイプ費用参考
minarai CS chatツール月額50,000円
スグレスツール月額94,000円
KUZEN(クウゼン)ツール
BEDORE(べドア)ツール
anybot chatbot(エニーボット・チャットボット)ツール

資料ダウンロードサイト

資料ダウンロードサイトとは、自社の製品・サービスなどに関する情報をまとめた資料をポータルサイトに掲載してもらって、ユーザーさんから資料がダウンロードされたら、会社名・担当者名・メールアドレスなどの連絡先情報と引き換えに成果報酬が発生するサービスのこと。

1件分のリードを獲得するのに、平均して9,000円前後のお金がかかる、もしくは月額費用がかかるため、リード獲得としては安くはありません。

しかし、例えば営業マンを雇っても100件のアポイントに対して1件成約、または広告で1コンバージョンとるのに2~4万かかる場合もあり、営業に対して非効率でかかるコストが大きいことも考えると、資料ダウンロードサイトで獲得できるリードは安いと言えます。

サイト自体の集客力やサービス内容によっても金額は変わってきますが、資料を掲載するだけでリードを増やすことができるため、お勧めのリード獲得の方法です。

参考:欲しい資料がすぐ見つかるダウンロードサイトまとめ

資料ダウンロードサイトの参考
名前タイプ費用参考
ITトレンドサービス1件分のリード:10,000円
ボクシルサービス1件分のリード:12,000円
ITreviewサービス1件分のリード:15,000円

経営者へダイレクトアポ

経営者へダイレクトにアポイントがとれるサービスとは、株式会社オンリーストーリーさんが運営している決裁者マッチングの情報を活用したサービス。

一般的なリード獲得は、役職などもバラバラで、見込みが薄いユーザーさんの情報を獲得している割合も多いのですが、経営者へのダイレクトアポが取れるチラCEOを活用すると決裁権や決定権を持った人物と直接繋がることができます。

リードの見込み度が数段上、商談や受注などへ繋がりやすいリードが獲得できるため、お勧めのリード獲得方法です。

自社組織に取り込む

企業情報データベース

企業情報データベースとは、何十何百万の企業に関するデータを、ボタン一つでリスト化できるサービス。

条件を設定してすぐにリスト化ができるため、わざわざ企業情報を調べるのにかかる時間を大幅カットできます。

中にはメール配信機能が入っている場合もあるため、メール営業としても活用可能。

法人営業の効率化によって、リード獲得を増やす状況が作り出せます。

企業情報データベースが使える参考ツール
名前タイプ費用参考
Musubuツール有料プラン 15,000円/月~
FUMA(フーマ)ツール
HRogリスト(フロッグリスト)ツール3万円/月

ABM(アカウント・ベースド・マーケティング)

ABM(アカウント・ベースド・マーケティング)とは、あなたの会社が一番お付き合いしたいと思う特徴を持った企業を判別して、その企業だけに集中して関係性を構築していくためのマーケティング手法。

通常のリード獲得は「企業に属する個人」に対してですが、ABMでは「企業」に対して行うため、点と面の違いがあります。

効率的なことを考えると広い範囲へ大量にアプローチしてリード獲得する方法をみんな好んで使っていますが、実は無駄なマーケティングをひたすら打っている場合も。

本当に価値あるリードがたくさん得られれば、それに越したことはないですが、実際は見込み度が低いリードばかりしか獲得できていない状況かもしれませんね。

例えば個人に対してインサイドセールスやナーチャリングなど、見込み顧客の気持ちを高めて商談に繋げる施策も時間がかかるため、直近の売上には繋がりづらい。

そのため特定の企業ごとに対して面でアプローチし、本当に欲しいと思うリードのみを獲得していくのがABMになります。※ 面のアプローチとは、個人ではなく特定企業に対して最適化した施策を打っていくこと。

ABMが使えるツールの参考
名前タイプ費用参考
FORCAS(フォーカス)ツール
uSonar(ユーソナー)ツール
Spectrumツール

長期的な目線で増やす

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、オンライン・オフライン関係なく、情報(文章・画像・動画など)を活用して、マーケティングを行う方法。

今日やって明日に効果が出るような即効性はありませんが、見てくれたユーザーさんを満足させるコンテンツが用意できると、例えばインターネット上での反響が高まり、SEOやブランディングなどの効果も出てくる。

徐々に成果として出てくるため、最初はヤキモキするかもしれませんが、一度コンテンツが軌道に乗れば、リード獲得が増えていき、費用対効果が高い施策となります。

いつもその日暮らしのような、一瞬のために大きなお金をかけ続ける施策ではなく、長期的な目線で将来的なリード獲得を増やすのがコンテンツマーケティング。

コンテンツマーケティング会社の参考

名前タイプ費用参考
株式会社MOLTSサービス
ナイル株式会社サービス
株式会社ファングリーサービス

リードの獲得しやすさを上げるEFO

EFOとは、エントリーフォーム最適化のことで、ユーザーさんの使いやすさを向上させて、フォームからの離脱を減らす施策のこと。

リード獲得を増やすのは、マーケティングや広告、または営業だけではなく、もっと身近な存在であるフォームの使い勝手が大きく影響しています。

例えば、何を入力すればいいのか分からない、エラーになるが原因が分かりずらい、全角半角を気にしないといけない。

せっかくフォームを入力しようとしてくれているタイミングで、少しでも入力を邪魔したり、入力する気をなくさせる仕様になっているだけで、獲得リードは減ります。

EFOを実践することで、日々のリード獲得が増え、将来的なリード数の違いが生まれてきます。

EFOツールの提供会社の参考
名前タイプ費用参考
formrun(フォームラン)ツールBEGINNER    5,980円/月
STARTER    12,980円/月
PROFESSIONAL 25,800円/月
EFOcatsツール1ドメイン 30,000円/月~
EFO CUBEツール1ドメイン 50,000円/月~

セミナー(オフライン・オンライン)

対面でのセミナーだけでなく、技術の発展と共にオンライン上で行われるウェビナー(インターネット上のセミナー)が増えてきました。

特定の場所に行かないと聞けなかった話が、インターネット環境と視聴できるデバイス(パソコンやスマートフォンなど)があれば、視聴可能に。

また、場所のネックが無くなったことで、人数の制限がはずれて、仮に今までの場所では20人定員だったものが、オンラインにすれば100人1,000人など、多くの人を集めることができます。

ある企業では、オフラインのセミナーからオンラインのセミナーへ切り替えたことで、リード獲得が約10倍にもなったようです。すごいですよね。参考:「オフラインの10倍」リードを獲得するウェビナーの秘訣。企画〜商談化のすべてを公開

オンラインセミナーの注意点?
ウェビナーがどの企業でも取り組みやすくなっているため、内容が被ったり参加時間が被って他社に獲られてしまう場合も出てきます。誰でも出せるような内容ではなく、今だからこそ聞ける内容など、トレンドや希少性を考えた企画が必要になってきます。

ウェビナーが可能なツールの参考
名前タイプ費用参考
ZOOMツール小規模チーム  20,100円/年
中小企業    26,900円/年
UNITEDビジネス 47,040円/年
V-CUBE セミナーツール
Adobe Connect(アドビコネクト)ツール

webマンガ

マンガコンテンツは一度作れば継続的に効果を発揮してくれるキラーコンテンツになりうる存在。

文章では分かりずらい、部分的なイラスト化では足りない、そんな時は一連の流れで情報が分かるマンガコンテンツが、リード獲得を後押ししてくれます。

情報を読み取るには時間がかかり、日々忙しく時間がないユーザーさんにとっては、視覚的に分かりやすくしたコンテンツが効果的です。

制作するのに多少時間と手間はかかりますが、一度公開すれば継続的に活用できるため、長期的な目線でリード獲得を見たときには必要だと言えます。

マンガコンテンツが作れる会社の参考
名前タイプ費用参考
株式会社LIA(ライア)サービス制作内容で変動する
株式会社シンフィールドサービス制作内容で変動する

記事広告

記事広告とは、他社のオウンドメディアに対して、自社の製品・サービス、または取り組みなどを紹介してもらう記事コンテンツを有料で入れてもらうこと。

媒体の価値が高く、アクセスを多く稼いでいれば、その恩恵を受けて記事広告として掲載したコンテンツがずっと活躍し続けてくれます。

例えば自社サイトで多くのアクセスを稼いでいたり、広告をかけてたくさんリードを獲得していたとしても、実際に市場調査をしてみたらブランドとして全然認知されていなかった。こんな事はよくあることです。

自社サイト以外からの流入窓口を作って広げていくことが、後々のリード獲得にも影響してくるため、初期にかかる金額の高さと将来的な影響力を考えても、記事広告は検討する価値がある施策です。

参考:日本のウェブメディア500選!閲覧数100万PV以上も多数あり

記事広告が出せる媒体の参考
名前タイプ費用参考
株式会社LIG(リグ)サービス1本60万円~(サイト内のコンテンツを参照
株式会社クラシコムサービス

掘り起こし

掘り起こしとは、何らかの理由でコミュニケーションが止まっていた見込み顧客に対して、改めて連絡をしてリード化させること。

例えば失注した見込み顧客や、リードとして獲得していたものの何もアクションを起こしていない見込み顧客に対して、改めて連絡をとっていきます。

ただし、みんなに同じような連絡をしても意味はなく、見込み顧客が求める情報を的確に把握し届ける必要がある。

1to1(ワントゥワン)と呼ばれる、一人一人に最適化された情報を送らなければ効果がでないため、MA(マーケティングオートメーション)と呼ばれる、システムを使ってマーケティング活動を管理するツールが必要です。

常に掘り起こしを行うことで、関係性(エンゲージメント)が向上したり、リードではなくそのまま商談や受注に至るケースも。

掘り起こしで活用できるMAツールの参考
名前タイプ費用参考
SATORIツール148,000円/月
List Finderツールライト    39,800円
スタンダード 59,800円
プレミアム  79,800円
Synergy!ツール

リード獲得で不安を感じているあなたへ

ニーズがあるリードだけを増やすのは難しいですよね。

施策を打ったとしても、なかなかリードの品質はコントロールできないので、試行錯誤の連続。

たしかに自分たちだけで何とかするのが一番いいかもしれませんが、リード獲得は売上を高めるために行っているはずです。

リードが獲得できなければ売上は増えないため、一度思考を柔軟にして、様々なサービス・ツールを使ったリードを増やす方法もご検討いただけると、今の苦しい状況が少し変わるかもしれません。

リード獲得は難しいからこそ、誰かに頼ってもいいと思います。
著者:fukuyama(@pl_enpreth)

運営会社
株式会社ファングリーでは、デジタルマーケティングの効果を最大化させるノウハウを活用し、15年以上にわたって様々な企業様をサポートしてきました。リード獲得でお悩みなら、まずは無料相談をご利用いただけると嬉しいです。

営業・広報・マーケターに嬉しい媒体資料の無料掲載サイト >(事前受付中)

fukuyama
@pl_enpreth
リード獲得ができる人とできない人では何が違うのか。たった一つ方法を知ってるだけで、その明暗は分かれたりします。状況に応じて変わるお勧めのリードを増やす方法をまとめました。